水上機母艦 日進(3代)

Seaplane Tender "Nissin(3)"


日進
水上機母艦「日進」(1942年)
スペックデータ
排水量:(公)12,500t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 1200t
全長:174.0m
全幅:19.7m 主機:艦本式13号10型ディーゼル機関×4基、
    艦本式13号2型ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:7.00m
出力:47,000hp
武装:
50口径14cm連装砲3基、25mm3連装機銃8基、
水偵12機搭載(射出機2基)、甲標的12隻搭載
最大速力:28.0kt
航続距離:16ktで8,000浬
乗員定数:約750名

同型艦名(1隻)
日進(3代)"Nissin(3)"

水上機母艦 日進(3代)について
 昭和12年度の第三次補充計画において第五号艦として建造された水上機母艦。ちなみにこの計画で建造された第一号、二号艦が戦艦「大和」「武蔵」、第三号、四号が航空母艦「翔鶴」「瑞鶴」となっており、どれもが大戦中日本海軍を代表する軍艦として君臨した。
 もともと計画段階では大型敷設艦としていたが、「千歳」型「瑞穂」と同様に他艦種への改造が容易なように設計されており、無条約時代に突入した昭和13年に大型敷設艦として起工され、建造途中に水上機母艦兼特殊潜航艇母艦へ変更して竣工している。
 艦型は「瑞穂」とほぼ同様だが、機関は再設計されたディーゼルを搭載したため「瑞穂」よりも優速であった。このディーゼル機関は戦艦「大和」型に搭載する計画だったディーゼル機関の試作型で、「瑞穂」に搭載されたものに比べ出力も信頼性も上であった。また当初は敷設艦として設計されたので、敵前での強行敷設任務のために艦前部に14cm連装砲塔を三基搭載するなど強力なものとなっている。また特殊潜航艇母艦として機能できるように、前檣上部に対勢観測所、艦橋上部に指揮所も設けられている。
 竣工後は潜水部隊司令部の旗艦として南方方面へ出撃インド洋の通商破壊作戦などに従事し、その後はガダルカナルやソロモンなどへの輸送任務にも従事して高速輸送艦としても優秀である事を示したが、漸減作戦による艦隊決戦は行われなかったため特殊潜航艇母艦としての本領を発揮することはできなかった。

水上機母艦 日進(3代)の歴史
「日進」(3代)「日進」=間断ない進歩発達を意味する漢成語
1938年11月 2日呉工廠にて敷設艦甲型として起工
1939年10月31日艦種を水上機母艦に変更
      11月30日進水
1942年 2月27日竣工
       4月特殊潜航艇(甲標的)輸送のためペナンへ進出
       5月〜6月ミッドウェー作戦に参加
       9月〜南方方面への輸送任務に従事
1943年 5月末〜北方武隊に転属。幌筵へ進出
       6月末〜機動部隊に転属。横須賀へ帰還
       7月22日ブインへの輸送任務中、ショートランド北水道にて敵機の爆撃を受け沈没
       9月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,11(First Up 1999,08,10)