夏島(2代)型 敷設艇

Minelayer "Natusima(2)" Class


夏島
敷設艇「夏島(2代)」(1933年)
スペックデータ(【 】内は「猿島」の数値)
排水量:(基)476t【566t】 ボイラー:ロ号艦本式・石炭重油混焼×2基【−−−−−】 燃料搭載量:重油 19t
        石炭 44t
        【重油 46t】
全長:73.0m
全幅:7.5m【7.2m】 主機:直立往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
    【MAN式2号ディーゼル機関×2基、2軸推進】
吃水:2.0m【2.1m】
出力:2,300hp【2,100hp】
武装:
40口径8cm単装高角砲2基、13mm単装機銃1基、
爆雷18発搭載(投射機2)
最大速力:19.0kt【18.0kt】
航続距離:14ktで2500浬
     【14ktで4640浬】
乗員定数:94名

同型艦名(2隻)+準同型艦(1隻)
夏島(2代)"Natusima(2)"猿島"Sarusima"那沙美"Nasami"

夏島(2代)型 敷設艇について
 「燕(2代)」型に続いて建造された敷設艇。「燕」型と異なりこちらは機雷敷設用であったが船体設計は「燕」型のものを元にしており、火砲を増強した以外の装備配置はほぼ同じであるため、「燕」型が機雷敷設も可能なのと同様に当クラスも防潜網などの敷設が可能となっている。明治末期から大正にかけて十数隻が建造された防備隊用の敷設艇(これらは雑役船であるため当サイトでは紹介していない)の代替として建造された。
 第一次補充計画(マル1計画)により昭和6年(1931年)から建造が行われたが、「猿島」は機関をマン式のディーゼル機関とされている。そのため当サイトでは「猿島」は「夏島」型の準同型としたが、海軍の公式資料では「夏島」型の二番艇として同型に扱われている。ちなみに「猿島」はディーゼル機関を搭載した初の小型戦闘艦艇でもある。
 「燕」型と同様、日華事変(日中戦争)や太平洋戦争緒戦には防備のための行動を行っていたが、太平洋戦争中盤以降は船団護衛などに回されており、全艇とも戦没している。

夏島(2代)型 敷設艇の歴史
「夏島」(2代)「夏島」=神奈川県横須賀港内にある夏島から取った名称
現在は埋め立てられ陸続きになっている
1931年12月24日石川島造船所にて起工
1933年 3月24日進水
       7月31日竣工
1935年頃友鶴事件の発生をうけ復原性改善工事を実施
1938年日華事変に参加
       6月26日長江沿岸の中国軍を砲撃する
1941年12月〜太平洋戦争開戦時、佐伯防備隊に所属し港湾警備などに従事
1942年〜東南アジア、中国沿岸などで船団護衛に従事
1944年 2月22日ビスマルク諸島西方にて米駆逐隊と交戦し沈没
       4月30日除籍
「猿島」「猿島」=神奈川県横須賀港内にある猿島から取った名称
記念艦として展示されている「三笠」の東方沖合に位置する
1933年 3月28日横浜船渠にて起工
      12月16日進水
1934年 7月20日竣工
1935年頃友鶴事件の発生をうけ復原性改善工事を実施
1938年日華事変に参加
1941年12月〜太平洋戦争開戦時、横須賀防備隊に所属し港湾警備などに従事
1943年〜本土周辺や東南アジア方面などで船団護衛に従事
1944年 7月 4日弟島西方沖にて米艦載機の攻撃を受け沈没
       9月10日除籍
「那沙美」「那沙美」=広島湾北部の大那沙美島・小那沙美島から取った名称
現在の地図では大奈佐美島および絵の島(小奈佐美島)と表記されている
1933年 1月19日播磨造船にて起工
1934年 3月26日進水
 友鶴事件を受けて建造中に復原性能改善改修を実施
       9月20日竣工
1938年日華事変に参加
       6月26日長江沿岸の中国軍を砲撃する
1941年12月〜太平洋戦争開戦時、佐伯防備隊に所属し港湾警備などに従事
1943年11月〜第8艦隊第8根拠地隊に転属。中国沿岸、東南アジアなどで船団護衛に従事
1944年 2月22日ラバウルにて米艦載機の攻撃を受け損傷を負う(小破)
       3月30日ラバウルにて米軍機の攻撃を受け損傷(大破)、浸水
       4月 1日ラバウルにて米軍機の攻撃を受け大破擱座。後に沈没
       4月30日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,31