敷設艦 箕面

Minelayer "Minoo"


箕面(復員船時代)
敷設艦「箕面」(復員船時代:1946年頃)
スペックデータ
排水量:(公)5,000t ボイラー:円罐・石炭専焼×1基 燃料搭載量:石炭 搭載量不明
全長:85.0m
全幅:13.42m 主機:甲12型オールギヤードタービン×1基、1軸推進
吃水:5.85m
出力:1,200hp
武装:
45口径12cm単装高角砲1基、25mm単装機銃14基、
6号機雷380個搭載、爆雷24個搭載可能
最大速力:11.0kt
航続距離:不明
乗員定数:110名

同型艦名(1隻+未竣工1隻)
箕面"Minoo"1822号艦[No.1822]

敷設艦 箕面について
 太平洋戦争末期、戦局の悪化により本土決戦を意識した日本軍はその一環として本土周辺への機雷敷設を予定した。しかし開戦時には九隻あった敷設艦も激戦の結果、老齢艦の「常盤」と比較的小型な「初鷹」「若鷹」の三隻を残すのみとなっていた。
 そこで急遽敷設艦の増強を図ったのであるが、時間と資材に余裕が無かったため多数建造されていた戦時標準船2DT型輸送船を二隻買収し正規の軍艦として編入、敷設艦へ改造することになった。船舶不足が深刻だったため改造も徹底的には行われず、貨物船としての能力も残した形での改造であった。
 仮称名称を「1821号艦」および「1822号艦」と呼称された二艦に敷設艦としての装備を付加して建造が行われ、「1821号艦」は昭和20年(1945年)5月に進水、「箕面」と命名され終戦直前の8月5日に竣工した。「箕面」は日本海軍軍艦として最後に竣工した艦となった。しかし「箕面」は竣工後10日で終戦を迎えたため何ら戦果もあげず(その代わり損傷も被らず)、終戦後に復員船として使用されただけであった。復員の任務が終了したあと貨物船として存続させる案もあったが、他用途に転用された小型艦艇(海防艦や輸送艦など)と異なり、敷設艦は(狭義の)軍艦であったため転用は許可されず解体処分となり、その生涯を閉じた。
 軍艦として竣工しなかった「1822号艦」は戦後民間商船として竣工したが、就役直後に荒天のため喪われてしまっている。

敷設艦 箕面の歴史
「箕面」「箕面」=大阪府北西部の箕面公園から取った名称
紅葉と滝の名所として古くから有名である
1944年11月29日浪速船渠にて起工。直後に海軍に接収、仮称「1821号艦」となる
1945年 5月13日進水。軍艦「箕面」と命名
       8月 5日竣工
       8月15日呉にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1946年12月25日復員作業終了。特別輸送艦の指定を解除される
1947年 1月解体処分される
「第1822号艦」 
1945年 2月 1日海軍に接収され仮称「1822号艦」として浪速船渠にて起工
       4月資材不足から工事中止となる
       8月15日船台上で終戦を迎える。その後、商船として工事を再開
1948年初頭進水
1948年 6月 7日乾汽船所属の商船「乾進丸」"Kensinmaru"として竣工
      10月 4日北海道沖にて荒天のため遭難沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,20(First Up 1999,09,04)