御蔵型 海防艦

"Mikura" Class Escort Vessels


淡路

屋代
(上段)海防艦「淡路」(1944年)/(下段)海防艦「屋代」(1944年)
スペックデータ
排水量:(公)1,020t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 120t
全長:72.50m
全幅:9.10m 主機:艦本式22号10型ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:3.05m
出力:4,200hp
武装:
45口径12cm連装高角砲1基、45口径12cm単装高角砲1基、
25mm連装機銃2基、爆雷120個搭載(投射機2、投下軌条2)
最大速力:19.5kt
航続距離:16ktで5000浬
乗員定数:150名

同型艦名(8隻)
御蔵"Mikura"三宅"Miyake"淡路"Awazi"
能美"Noumi"[Nômi]倉橋"Kurahasi"屋代"Yasiro"
千振"Tiburi"草垣"Kusagaki" 

御蔵型海防艦について
 昭和16年の戦時建造計画で「択捉」型と同時に計画された海防艦。当初は「択捉」型の甲型に対し乙型と呼称されたが、後に島嶼名のついた海防艦は総て甲型と総称されるようになっている。
 「択捉」型と異なりまったくの新規設計で建造される予定であったが、検討の結果「択捉」型の船体設計を流用しても兵装の強化などの要求を盛り込むことが可能であるとして、船体を1メートルほど延長しただけに留まっている。上部構造物は省力化のため全通スタイルを改められ、建造工数は「択捉」型の二割減を実現している。また対空対潜兵装の能力不足を補うため主砲は高角砲に改められ、搭載燃料を削減することにより爆雷を多数搭載できるようになっているほか、これまでの艦に搭載されていた北方での行動に必要な蒸気ボイラーは廃止されている。しかし、この型になっても掃海具が装備されるなど、いまだ日本海軍は海防艦を完全に船団護衛の主力としては位置づけていなかった。  大戦後半の昭和18年(1943年)から19年にかけて全部で八隻の姉妹艦が竣工・就役したが、終戦時に生き残っていたのは三隻だけであった。

御蔵型海防艦の歴史
「御蔵」「御蔵」=伊豆七島の南部に位置する火山島、御蔵島から取った名称
明治時代の海図では「御倉」と記されていた
1943年10月31日日本鋼管にて竣工。同日付けで第2海上護衛隊に編入
      12月〜本土〜サイパン間の船団護衛に従事
1944年 7月18日第1海上護衛隊に編入。本土〜シンガポール間の船団護衛に従事
       9月23日馬公付近にて敵機の攻撃を受け中破
1945年 3月28日宮崎県青島沖にて米潜「スレッドフィン」の雷撃を受け沈没(推定)
       5月25日3月28日亡失と認定。除籍
「三宅」「三宅」=伊豆七島の一つ。東京から南へ200キロ離れた火山島、三宅島
から取った名称。神津島と御蔵島の中間に位置する
1943年11月30日日本鋼管にて竣工。同日付けで第1海上護衛隊に編入
      12月〜本土〜シンガポール間の船団護衛に従事
1944年 3月31日連合艦隊付属に編入。サイパン・シンガポール方面の船団護衛に従事
1945年 1月 3日高雄付近で敵機の攻撃を受け損傷
       8月15日朝鮮・迎日湾にて終戦を迎える
       8月21日門司付近で触雷、大破。門司経由で呉へ曳航され修理
      11月30日除籍。後に特別輸送艦(復員船)に指定される
1948年解体処分となる
「淡路」「淡路」=瀬戸内海東部にある淡路島から取った名称
現在は本州と四国を繋ぐ橋が架かっている
1944年 1月25日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       2月15日第1海上護衛隊に編入。本土〜シンガポール間の船団護衛に従事
       6月 2日台湾南東にて米潜「ギタロ」の雷撃を受け沈没
       7月10日除籍
「能美」「能美」=広島県厳島の南東に位置する江田島と地峡で繋がる
東能美島・西能美島を合わせた呼称から取った名称
1944年 2月28日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで第2海上護衛隊に編入
       3月〜本土〜サイパン間の船団護衛に従事
       6月23日大湊護衛隊に編入。樺太・千島方面の船団護衛に従事
       9月26日千島列島付近にて米潜の雷撃を受け中破
      10月21日第1海上護衛隊に編入。シンガポール方面の船団護衛に従事
1945年 1月16日香港にて敵機の攻撃を受け損傷
       4月14日済洲島付近で米潜水艦「ティランテ」の雷撃を受け沈没
       5月25日除籍
「倉橋」「倉橋」=広島県呉市の南西に位置する倉橋島から取った名称
能美島の東に位置し、花崗岩の一大産出地である
1944年 2月19日日本鋼管にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       3月10日第1海上護衛隊に編入。シンガポール方面の船団護衛に従事
1945年 1月15日香港にて敵機の攻撃を受け損傷
       6月〜朝鮮方面の船団護衛に従事
       8月15日終戦を迎える
      11月30日除籍。掃海作業に使用される
1947年 9月14日戦時賠償艦として英国に引き渡されるが、国内で売却され名古屋にて解体処分
「屋代」「屋代」=山口県防予諸島の一つ、屋代島から取った名称
別名を周防大島と言い瀬戸内海で3番目に大きい島である
1944年 5月10日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       6月 3日第1海上護衛隊に編入。シンガポール方面の船団護衛に従事
       9月14日高雄沖にて触雷、損傷
      10月11日ルソン島北方にて敵機の攻撃を受け損傷
      12月 1日第102戦隊に編入。台湾方面の船団護衛に従事
1945年 1月 9日高雄沖にて敵機の攻撃を受け損傷
       4月〜朝鮮方面の船団護衛に従事
       8月 9日朝鮮雄基港にてソ連軍と交戦、損傷
       8月15日舞鶴にて終戦を迎える
      11月30日除籍。掃海作業に使用される
1947年 8月29日戦時賠償艦として中華民国に引き渡される
国府軍軍艦「雪峯」(シュエ・フェン)[Xue-Feng]と改称
1948年?艦名を「正安」(シェン・アン)[Zheng-An]と改称
1949年中華民国政府の台湾脱出に伴い、台湾へ脱出
1963年台湾海軍除籍
「千振」「千振」=香川県小豆島の北西に位置する千振島から取った名称
1944年 4月 3日日本鋼管にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       5月13日第1海上護衛隊に編入。シンガポール方面の船団護衛に従事
      10月15日連合艦隊補給部隊の護衛に従事
      12月20日レイテ沖海戦で損傷した重巡「妙高」の救難作戦(曳航作業)に従事
1945年 1月12日サンジャック沖にて敵機の攻撃を受け沈没
       3月10日除籍
「草垣」「草垣」=鹿児島県坊ノ岬沖の西南西にある草垣群島から取った名称
上ノ島・中ノ島・下ノ島などからなり総称を草垣島という
1944年 5月31日日本鋼管にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       7月 1日第1海上護衛隊に編入。マニラ・ボルネオ方面の船団護衛に従事
       8月 7日マニラ西方にて米潜水艦「ギタロ」の雷撃を受け沈没
      10月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,18(First Up 1999,08,30)