このページは
Keyのミリタリーなページ の
コンテンツの一部です。

給糧艦 間宮

Store Ship "Mamiya"


間宮

間宮
給糧艦「間宮」(上段:1920年代/下段:1935年頃)
スペックデータ
排水量:(基)15,820t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭専焼×8基 燃料搭載量:石炭 1700t
全長:144.78m
全幅:18.59m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:8.43m
出力:10,000hp
武装:
50口径14cm単装砲2基、40口径7.6cm単装高角砲2基(平時は砲を搭載せず)
(戦時中に25mm3連装機銃2基、同連装機銃2基、同単装機銃4などを増設)
最大速力:14.0kt
航続距離:12000浬
(冷却器使用時は9000浬)
乗員定数:283名

同型艦名(1隻)
間宮"Mamiya"

給糧艦 間宮について
 給糧艦とは艦隊・前進基地等への物資(主に食料)補給を行う艦である。そのため艦内には調理加工施設や冷凍倉庫などの設備が整えられている。当艦は約1,000トンの食料(材料)を搭載できた(この量で一万八千人の艦隊将兵の食事を約3週間まかなう事ができる)。
 この「間宮」は八八艦隊計画の一部として建造された日本海軍初の大型専用給糧艦であるが、元は「能登呂」型給油艦の一隻として予算が付いたものを、艦隊随伴用給糧艦の必要性から給糧艦へ変更建造されている。本来は起工から一年ほどで竣工の予定であったが、軍縮条約で廃艦予定だった「加賀」のボイラーを転用する計画だったものが、関東大震災での「天城」損傷により代艦として「加賀」を航空母艦へ改装することになったため、代わりに「天城」のボイラーを流用するなどのゴタゴタがあり、計画よりも竣工が遅れることになった。
 純商船形式の船体設計であるが、通常の輸送船と異なり艦内は細かいスペースに割られ各種倉庫や工場がぎっしりと詰まっている。各種多様の食料を倉庫に搭載するほか、艦内でアイスクリーム、羊羹、こんにゃく、豆腐などの製造も行われるため製造を担当する職人も多数軍属として乗船していた。この「間宮」内で製造される羊羹や菓子は連合艦隊の将兵に大人気であったといわれる。泊地などに進出中は当艦の士官室が艦隊士官の海兵同期達が開くクラス会のために提供されたりしたという。
 また「間宮」には艦隊の無線検知艦としての役割もあり、充実した無線設備が搭載され艦長も通信畑のベテランが任命されることが多かった。他にも標的曳航や簡易な病院船としての機能を果たすこともあり、縁の下で支える特務艦ながら艦隊の中で非常に重要な位置を占める艦で、本艦の喪失は海軍将兵の士気に関わるとして戦時中は厳重に警護されたという。
 なお、曳航標的船を搭載する関係から昭和10年頃に後檣を一本マストから三脚檣へ改修されており、写真などではこの形状と武装の搭載状況などで概ねの撮影時期が判断できる。

給糧艦 間宮の歴史
「間宮」「間宮」=樺太北部とシベリアの間にある間宮海峡から取った名称
1922年10月25日神戸川崎造船所にて起工
1923年10月26日進水
1924年 7月15日竣工
1925年〜連合艦隊の付属艦となり、各地への輸送任務などに従事
1941年12月連合艦隊直属特務艦として太平洋戦争に参加
1943年10月12日父島沖にて米潜「セロ」の雷撃を受け損傷を負う
1944年 5月 5日東シナ海にて米潜「スピアフィッシュ」の雷撃を受け損傷を負う
      12月20日南シナ海にて米潜「シーライオン」の雷撃により沈没
1945年 2月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,05(First Up 1999,10,30)