給糧艦 鞍埼

Store Ship "Kurasaki"


鞍埼(おは丸)
給糧艦「鞍埼」(1920年代末:貨客船「おは丸」時代の姿:Photo from Wikimedia Commons)
スペックデータ
排水量:(公)2,731t ボイラー:詳細不明・石炭重油混焼×2基 燃料搭載量:石炭 192t
        石油 228t
全長:67.10m
全幅:10.36m 主機:直立型往復動蒸気機関×1基、1軸推進
吃水:4.35m
出力:1,000hp
武装:
40口径7.6cm単装高角砲1基
最大速力:13.0kt
航続距離:不明
乗員定数:83名

同型艦名(1隻)
鞍埼"Kurasaki"

給糧艦 鞍埼について
 元は民間商船(北樺太石油会社所有)の「おは丸」であったが、特務艦の不足により日本海軍が昭和19年に買収、艦籍へ編入したものである。しかし海軍籍にあったのは非常に短く、艦隊編入後2ヶ月ほどで敵潜水艦の雷撃により沈没てしまった。
 なお、元の船名である「おは」とは北樺太の地名である。

給糧艦 鞍埼の歴史
「鞍埼」「鞍埼」=宮崎県日南大島の鞍埼鼻から取った名称
1928年 3月27日播磨造船所にて民間商船「おは丸」として竣工
1941年11月末〜海軍に徴用され、第三艦隊付属の輸送船として行動
1943年 3月31日玄界島近海で貨物船「南進丸」と衝突事故を起こし損傷。「南進丸」は沈没
1944年 5月10日海軍が購入。特務艦籍へ編入。「鞍埼」と改名
       8月30日舞鶴工廠にて整備完了。艦隊へ編入
       9月 3日輸送任務および船団護衛として高雄へ向け出港
高雄到着後は、台湾〜マニラ間の輸送任務に従事
      11月15日ルソン島沖にて米潜水艦「レートン」の雷撃により沈没
1945年 1月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,05(First Up 1999,11,03)