杵埼型 給糧艦

"Kinezaki" Class Store Ship


荒埼
給糧艦「荒埼」(1943年頃)
スペックデータ(計画値)
排水量:(公)950t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 57t
全長:58.00m
全幅:9.40m 主機:艦本式23号ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:3.11m
出力:1,800hp
武装:
40口径7.6cm単装高角砲1基、13mm連装機銃1基、
爆雷8個搭載可能
最大速力:15.0kt
航続距離:12ktで3500浬
乗員定数:67名

同型艦名(4隻)
杵埼"Kinezaki"早埼"Hayasaki"白埼"Sirasaki"荒埼"Arasaki"

杵埼型給糧艦について
 昭和15年、今後の南方方面での作戦を想定した日本海軍は南方方面へ展開した部隊への糧食輸送のために冷凍装備を持った給糧艦を建造することにした。このとき建造されたのがこの「杵埼」型である。約80トンの容量を持つ冷凍庫と約70トンの真水タンクを持っている。
 南方作戦の必要上から最終的に四隻の同型艦が建造されたが、竣工の早かった「杵埼」だけは当初雑役船として就役しており後に特務艦へ類別変更された。他の艦は建造中に特務艦へ類別されたため就役時から特務艦(給糧艦)となっている(そのため一部の資料では「杵埼」と「早埼」型の二つに分けているものもある)。
 昭和17年度の改マル5計画でも同型艦七隻の追加が計画されているが、これらはすべて計画中止となっているため当サイトでは掲載していない。

杵埼型給糧艦の歴史
「杵埼」「杵埼」=山口県室積半島突端の杵埼から取った名称
1940年 9月30日大阪鉄工桜島造船所にて竣工。雑役船「公称4006号」と命名
      10月25日「南進」と改名
1941年12月太平洋戦争に参加。南方方面への輸送任務に従事
1942年 4月 1日特務艦へ類別変更。「杵埼」と改名
1945年 3月 1日奄美大島付近にて敵機の攻撃を受け沈没
       5月10日(5月1日説あり)除籍
「早埼」「早埼」=宮城県牡鹿半島東岸の早埼から取った名称
1942年 8月31日大阪鉄工桜島造船所にて竣工
 艦隊編入後は太平洋戦争に参加。南方方面への輸送任務に従事
1945年 8月15日シンガポールにて終戦を迎える
      10月 5日除籍。復員輸送に従事
1947年10月 3日戦時賠償艦としてソ連へ引き渡し。以降の消息不明
「白埼」「白埼」=五島列島若松島南端の白埼から取った名称(高須広一氏説)
1943年 1月31日大阪鉄工桜島造船所にて竣工
 艦隊編入後は太平洋戦争に参加。北方方面への輸送任務に従事
1945年 8月15日大湊にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。復員輸送に従事
1947年10月 3日戦時賠償艦として中華民国へ引き渡し。艦名を「武陵(ウー・リン)」[Wu-Ling]と改名
1970年頃台湾海軍除籍
「荒埼」「荒埼」=山形県加茂港の荒埼から取った名称(高須広一氏説)
1943年 5月29日日立桜島(旧大阪鉄工桜島造船所)にて竣工
 艦隊編入後は太平洋戦争に参加。南方方面への輸送任務に従事
1945年 2月 1日スラバヤ西方沖にて触雷、損傷を負う
       8月15日シンガポールにて終戦を迎える
1947年10月 3日戦時賠償艦としてアメリカへ引き渡し。除籍年月日不明
1948年アメリカより日本政府へ返還される。4月に農林省へ移管。
改装され水産講習所(後の水産大学)練習船「海鷹丸」となる
1956年民間へ売却され、幸和商会の貨客船「高知丸」となる
1959年関西汽船に売却される。1963年に「なにわ丸」と改名
1967年フィリピンの解体業者へ売却され、後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,05(First Up 1999,10,31)