給油艦 風早(型)

"Kazahaya" Class Fleet Oiler


写真なし

スペックデータ(計画値では無く「風早」のもの)
排水量:(公)20,000t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 搭載量不明
全長:153.00m
全幅:20.10m 主機:石川島式オールギヤードタービン×1基、1軸推進
吃水:8.83m
出力:9,500hp
武装:
45口径12cm単装高角砲3基、25mm3連装機銃2基
最大速力:16.5kt
航続距離:不明
乗員定数:不明

同型艦名(1隻+計画中止8隻)
風早"Kazahaya"韓崎(2代)"Karasaki(2)"稲取(初代)"Inatori(1)"
雁来"Kariko"釣掛"Turikake"雲見"Kumomi"
神須"Kamisu"膠州(2代)"Kousyuu(2)"[Kôsyû(2)]青島(2代)"Seitou(2)"[Seitô(2)]
野間(2代)"Noma(2)" 

給油艦 風早(型)について
 昭和初期に日本海軍は戦闘艦艇の燃料を重油使用に切り替えているが、それ以前から艦隊随伴用の大型高速給油艦の必要性を認識しており建造を計画していた。しかし議会での予算承認が得られず昭和16年度の開戦決定と共に計画された戦時建造計画でようやく建造が承認されたのである。
 ところがその年末に開戦となり新規建造の時間的余裕が無くなったため、同型艦として計画されていた「韓崎」(2代)などの新造計画は中止され、「風早」のみが民間商船として建造中であったタンカーを買収し艦籍へ編入、給油艦として竣工させた艦の名称として使用された。
 民間タンカーと「風早」が大きく異なる点は、艦隊に随伴して洋上給油(航行しながら僚艦に給油すること)を行う装置を搭載していることと、高角砲や対空機銃を搭載していることぐらいで、基本的には同じ船体構造であった。

給油艦 風早(型)の歴史
「風早」「風早」=伊豆大島北端にある風早埼から取った名称
1941年 9月30日播磨造船にて起工
1942年日本海軍が買収。「風早」と命名
1943年 1月20日進水
       3月31日竣工
       4月中旬〜インドネシア〜トラック・ラバウル間の重油輸送に従事
       7月 27日ビスマルク海にて米潜「スキャンプ」の雷撃を受け損傷を負う
       8月トラックにて応急修理後、本土へ帰還。播磨造船にて本格修理を実施
       9月末〜修理完了後、トラックへ向け本土を出発
      10月 6日トラック島北西にて米潜「スティールヘッド」の雷撃を受け損傷
その後、米潜「ティノサ」の雷撃を受け浸水が増大し沈没
      12月 1日除籍
「韓崎」(2代)「韓崎」=長崎県対馬の北端。朝鮮海峡を臨む韓崎の瀬から取った名称
 マル急計画による給油艦(第305号艦)。計画中止のため建造されず
「稲取」(初代)「稲取」=静岡県伊豆半島東岸の稲取岬から取った名称
 マル急計画による給油艦(第307号艦)。計画中止のため建造されず
「雁来」「雁来」=兵庫県淡路島南部西岸の雁来埼から取った名称
 改マル五計画による給油艦(第5381号艦)。計画中止のため建造されず
「釣掛」「釣掛」=鹿児島県下甑島南端の釣掛埼から取った名称
 改マル五計画による給油艦(第5382号艦)。計画中止のため建造されず
「雲見」「雲見」=静岡県伊豆半島西岸の雲見埼から取った名称
 改マル五計画による給油艦(第5383号艦)。計画中止のため建造されず
「神須」「神須」=三重県賀田湾口の神須埼から取った名称
 改マル五計画による給油艦(第5384号艦)。計画中止のため建造されず
「膠州」(2代)「膠州」=中国山東半島にある膠州湾から取った名称。元はドイツの
租借地であったが第一次大戦で日本軍が占領。大正11年に中国へ返還
 改マル五計画による給油艦(第5385号艦)。計画中止のため建造されず
「青島」(2代)「青島」=第一次大戦で日本が得た租借地青島(チンタオ)の日本読み
 改マル五計画による給油艦(第5386号艦)。計画中止のため建造されず
「野間」(2代)「野間」=鹿児島県野間半島西端の野間岬から取った名称
 改マル五計画による給油艦(第5387号艦)。計画中止のため建造されず


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,03(First Up 1999,10,16)