水上機母艦 神威

Seaplane Tender "Kamoi"


神威
水上機母艦「神威」(1938年)
スペックデータ(水上機母艦改装(昭和7年)時)
排水量:(常)19,500t ボイラー:バブコック罐・石炭重油混焼×4基 燃料搭載量:石炭 2542t
全長:151.18m
全幅:20.42m 主機:GE製ターボエレクトリック推進機関×1基(主電動機は2基)、2軸推進
吃水:8.53m
出力:8,000hp相当
武装:
40口径7.6cm単装高角砲2基、
水偵12機(常用6機、補用6機)搭載
最大速力:15.0kt
航続距離:7ktで8,000浬
乗員定数:不明
スペックデータ(飛行艇母艦改装(昭和14年)後)
排水量:(公)15,381t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×4基 燃料搭載量:不明
全長:151.18m
全幅:20.42m 主機:GE製ターボエレクトリック推進機関×1基(主電動機は2基)、2軸推進
吃水:8.43m
出力:8,000hp相当
武装:
50口径14cm単装砲2基、40口径7.6cm単装高角砲1基、
20mm単装機銃約10基
最大速力:15.0kt
航続距離:7ktで8,000浬
乗員定数:324名

同型艦名(1隻)
神威"Kamoi"

水上機母艦 神威について
 元々は給油艦として竣工した「神威」だが、この艦は日本海軍の他の艦艇と異なる特殊な機関を搭載している。それは建造当時に発達してきた電気推進装置で、研究のためにアメリカに発注して製作されたジェネラル・エレクトリック社製の発電機を使用して機関出力を電気に変え推進モーターによりスクリューを回転させるという複雑な構造であった(電気推進はドイツ船などでは多用されており、アメリカの戦艦などでも採用されているが日本の水上艦艇では「神威」とドイツ客船を改造した「神鷹」の二隻のみである)。
 「能登呂」と同様に水上機母艦の増強のため改造された「神威」は1937年の上海事変から実戦に参加し、太平洋戦争開戦時には第四艦隊に所属しウェーク・ギルバート島攻略などに参加した。
 1944年にマカッサル付近で潜水艦の雷撃を受け、その修理の際に水上機母艦としての設備を撤去し以後は給油艦として使用されたが、翌年4月に香港にて空襲を受け大破そのまま放棄されている。
 なお「神威」は特務艦中最大の艦であり、また日本海軍として外国へ発注し建造された最後の艦でもある。

水上機母艦 神威の歴史
「神威」「神威」=北海道積丹半島にある神威埼から取った名称
アイヌ語で神を指す言葉「カムイ」の当て字である
1921年 9月14日アメリカのNY・シップビルディング社にて起工
1922年 6月 8日進水
       9月12日竣工
1932年 8月〜水上機母艦への改装工事に着手。翌年2月に完成
1934年 6月 1日水上機母艦に類別。軍艦籍に編入
1937年日華事変に参加
1939年飛行艇母艦機能の付加工事を実施
1941年12月〜第四艦隊に所属し、太平洋戦争に参加
1942年 1月21日ラバウル攻略作戦に参加
       4月 1日第11航空艦隊に編入。各種輸送任務に従事
1944年 1月28日マカッサル付近にて米潜「ボゥフィン」の雷撃を受け大破
       4月15日再び特務艦に類別。修理の際に水上機母艦設備を撤去
1945年 1月16日本土〜シンガポール間の輸送任務中、香港にて敵機の爆撃を受け大破
       4月 5日香港にて修理中、敵機の爆撃を受け大破、着底。以降は放置となる
1947年 5月 3日除籍。後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,07(First Up 1999,08,04)