敷設艦 厳島(2代)

Minelayer "Itukusima(2)"


厳島
敷設艦「厳島」(1930年)
スペックデータ(竣工時)
排水量:(公)2,080t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 145t
全長:100.0m
全幅:12.80m 主機:ラウシェンバッハ式(MAN社製)ディーゼル機関×3基、3軸推進
吃水:3.22m
出力:3,000hp
武装:
50口径14cm単装砲3基、40口径7.6cm単装高角砲2基、
五号機雷を500個または六号機雷を300個搭載、
遠距離用爆雷投射機1基搭載
最大速力:17.0kt
航続距離:10ktで5000浬
乗員定数:221名

同型艦名(1隻)
厳島(2代)"Itukusima(2)"

敷設艦 厳島(2代)について
 大型高性能の新造航洋敷設巡洋艦を欲してきた日本海軍であったが、議会で予算が通過せずになかなか建造できない状態が長年続いた。そこで予算を低く押さえた小型専用航洋敷設艦の建造承認を取り付け建造したのがこの敷設艦「厳島」である。
 ただし船体こそ小型化したものの搭載機雷数は大型艦なみの搭載量を求めたため代わりに速力・砲火力が犠牲にされている。また機関にはディーゼル機関を採用しているが、これも新造ではなく第一次大戦で沈没したドイツ潜水艦から引き上げたMAN社製エンジンを一部流用し建造費を抑えている。
 この「厳島」は諸外国の注目を浴び、ヨーロッパ各国では「厳島」の後を追うように同程度のサイズ・能力を持った艦が建造されたことは日本海軍がこの種の敷設艦建造に先見があったことを示すものであろう。

敷設艦 厳島(2代)の歴史
「厳島」(2代)「厳島」=景勝地による名称。広島県広島湾に浮かぶ島で、安芸の宮島とも
呼ばれる。島には平家の氏神として祭られた厳島神社がある。日本三景のひとつ
1928年 2月 2日浦賀船渠にて起工
1929年 5月22日進水
      12月26日竣工
1935年頃友鶴事件を受けて重量バランスの改善工事を実施
1937年日中戦争のため、中国沿岸部へ進出
1941年12月第三艦隊に所属し太平洋戦争に参加
1942年 3月10日第二南遣艦隊へ編入
1944年 8月24日米陸軍機の攻撃を受け損傷
      10月17日ジャワ海にて曳航中に蘭潜水艦の雷撃を受け沈没
1945年 1月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,19(First Up 1999,09,04)