砲艦 伏見(初代)

GunBoat "Husimi(1)"


伏見(初代)
砲艦「伏見(初代)」(1910年頃)
スペックデータ
排水量:(基)150t ボイラー:ヤーロー罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭 38t
全長:48.77m
全幅:7.47m 主機:直立型往復動蒸気機関(2気筒2段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:0.69m
出力:900hp
武装:
6cm単装砲2基、機銃4丁
最大速力:14.0kt
航続距離:不明
乗員定数:46名

同型艦名(1隻)
伏見(初代)"Husimi(1)"

砲艦 伏見(初代)について
 砲艦「隅田」(初代)と同時に英国へ発注建造された河川用小型砲艦で、こちらはヤーロー社にて建造された。これは初期の駆逐艦と同様に英国からの技術を活用するため、一種の競争建造を行ったためである。
 「隅田」と同様にこの艦も英国で進水後上海へ送られてから現地で艤装を行ったが、日露戦争のため上海への舶送が遅れ、竣工は日露戦争終結後となっている。
 本艦は日本海軍で初めて揚子江の三峡の険を突破して重慶まで遡上した艦であり、当時重慶までの遡上は英国艦についで二番目の快挙で、日本の操艦技術の優秀性を示すものとして大々的に宣伝された。

砲艦 伏見(初代)の歴史
「伏見」(初代)「伏見」=現在、京都市南部の伏見区とされている地名から取った名称
元々は豊臣秀吉によって作られた城下町で、商工の中心地であった
1903年 3月22日英国のヤーロー社ポプラー工場にて起工
1904年進水。公試運転を行ったが日露戦争勃発により舶送が遅れる
1905年日露戦争終結後に上海へ舶送。現地で神戸川崎の派遣作業員により組み立て開始
1906年 8月 8日組立完了。進水
      10月 1日竣工。二等砲艦に類別
1911年 4月日本海軍艦として初の重慶までの遡上をおこなう
1914年第一次世界大戦勃発。中立国の中華民国に抑留される
後に中華民国が参戦したため抑留解除。大戦に参戦
1931年 6月 1日等級廃止により砲艦に類別
1935年 3月 1日除籍。後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,12(First Up 1999,08,27)