砲艦 鳳翔(初代)

GunBoat "Housyou(1)"


鳳翔
砲艦「鳳翔」(1878年)
スペックデータ
排水量:(常)321t ボイラー:円罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭 50t
全長:36.70m
全幅:7.37m 主機:横置式往復動蒸気機関(2気筒)×1基、1軸推進
吃水:2.44m
出力:110hp
武装:
40ポンド砲1基、20ポンド砲2基、12cm単装砲2基
最大速力:7.0kt
航続距離:不明
乗員定数:90名程度

同型艦名(1隻)
鳳翔(初代)"Housyou(1)"[Hôsyô(1)]

砲艦 鳳翔(初代)について
 長州藩が幕府との戦争に備えてイギリスに発注、明治元年(1868年)に竣工した艦である。しかし江戸幕府は大政奉還を行い、明治政府になって国軍創設となったため明治4年に同藩から政府へ献納、帝国海軍軍艦籍へ編入された(資料によっては英国で売却用として建造された艦を1870年に長州藩が購入したとの説もある)。
 明治8年(1875年)の江華島事件後には朝鮮在留邦人保護のために二度釜山沖に派遣された。小型の木造汽船としては現役期間が長く、明治27年の連合艦隊発足時にも艦隊にこそ入らなかったものの軍港警備艦として現役であり、明治31年の艦艇類別規定に際しては二等砲艦に類別された。

砲艦 鳳翔(初代)の歴史
「鳳翔」「鳳翔」=漢成語の名称。鳳凰が羽を広げて天を翔けるイメージで名付けられた
1868年英国アバディーンにて進水。翌年竣工
1869年長州藩が長崎にて受領。「鳳翔丸」と命名
 戊辰戦争に際し、新政府軍支援のため品川沖へ回航される(戦闘への参加なし)
1871年 7月 4日(旧暦明治4年5月18日)長州藩から明治政府へ献納される
       7月25日(旧暦明治4年6月8日)海軍籍に編入。艦名を「鳳翔艦」と改名
1874年 2月佐賀の乱(不平士族による反乱)勃発。佐賀へ派遣される
       5月台湾征討のため出動
1875年江華島事件後に邦人保護のため釜山方面へ派遣される
1877年西南戦争に参加
1881年 8月16日練習艦に指定される
1894年日清戦争勃発。呉港の警備任務に従事
1898年 3月21日二等砲艦に類別
1899年 3月13日除籍。同月18日雑役船となる
1906年 4月19日廃船。翌年売却処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,11,22(First Up 1999,08,21)