平島型 敷設艇

Minelayer "Hirasima" Class


由利島
敷設艇「由利島」(1942年公試時)
スペックデータ(竣工時)
排水量:(基)720t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 35t
全長:74.7m
全幅:7.85m 主機:MAN式3号ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:2.6m
出力:3,600hp
武装:
40口径8cm単装高角砲1基、13mm連装機銃1基、
爆雷36発搭載(投射機2)もしくは機雷120個
最大速力:20.0kt
航続距離:14ktで2000浬
乗員定数:67名

同型艦名(9隻+未着工1隻)
平島
"Hirasima"
澎湖
"Houko"
石埼
"Isizaki"
鷹島
"Takasima"
済洲
"Saisyuu"[Saisyû]
新井埼
"Niizaki"
由利島
"Yurijima"
怒和島
"Nuwajima"
前島
"Maesima"
諸島
"Morosima"

平島型 敷設艇について
 昭和14年度の第四次軍備充実計画(マル4計画)で建造された敷設艇。計画では10隻の建造が予定されたが、計画途中で太平洋戦争が開戦し、艦隊向けの戦闘艦艇建造が優先されたため9隻で建造は終了した。
 基本的に「測天」(2代)型とほぼ同型であるが設計の一部は改正されており、兵装も40ミリ機銃が威力不足だったため8センチ単装高角砲へ戻されている。また対潜作戦を意識して、建造時から水中聴音機(ハイドロフォーン)と水中探信儀(ソナー)が搭載されており、敷設・警備・掃海・哨戒・護衛など多種多様な任務に従事できる万能艇と言っても良い艇であった。
 そのため、当クラスは本来の任務である機雷敷設や港湾警備に加え船団護衛や対潜哨戒にもかり出され、開発中の対潜音響兵器の実験にも使用された艇(「怒和島」を使用した仮称水中磁気探知機と仮称水中探査装置の実験(福井静夫著作による)など)もあった。さらに戦争末期になると対空装備(電探および25ミリ機銃)を充実させた艇や、バラストタンクを燃料タンクに転用して航続距離を倍に伸ばした艇などもあり、小型ながら船団護衛の戦力として活躍している。
 しかし、いかに使い勝手の良い万能艇であっても激戦による損耗は避けられず、9隻の姉妹艇のうち終戦まで生き残れたのは「石埼」「済洲」「新井埼」の3隻であったが、「新井埼」は戦後の掃海作業で触雷し喪われている。

平島型 敷設艇の歴史
「平島」「平島」=同名の島は日本各地にあるが、長崎県五島列島にある
島から取った名称との説が有力(『聯合艦隊軍艦銘銘伝』等)
1939年 9月 6日三菱重工横浜船渠にて起工
1940年 6月 6日進水
      12月24日竣工
1941年12月〜太平洋戦争開戦時、佐世保防備隊に所属し哨戒任務などに従事
1942年 1月〜台湾・中国沿岸方面の船団護衛に従事
      10月 5日長崎県五島南方沖にて敵潜水艦らしきものを攻撃(他艦と共同)
1943年 7月27日五島列島福江島西方沖にて米潜「ソーフィッシュ」の攻撃を受け沈没
      11月 1日除籍
「澎湖」「澎湖」=台湾西方の澎湖諸島から取った名称
1940年玉造船所にて起工
1941年進水
      12月20日竣工。馬公防備隊に所属し哨戒任務などに従事
1943年 4月〜ラバウル方面へ進出。同方面で護衛などに従事
       9月28日ソロモン諸島ブカ島東方沖にて敵機の攻撃を受け沈没
1944年 1月31日除籍
「石埼」「石埼」=青森県津軽半島北東にある岬から取った名称
1941年 3月10日三菱重工横浜船渠にて起工
       8月13日進水
1942年 2月28日竣工。大湊防備隊に所属
       5月〜第5艦隊に転属し、キスカ島へ進出。同年8月大湊へ帰還
       9月〜八戸を拠点に船団護衛などに従事
1944年 2月 1日横須賀鎮守府付属となる
1945年 8月15日終戦時、横須賀にて残存
      11月30日除籍
      12月 1日〜復員局所属の掃海艦となり掃海任務に従事
1946年 7月掃海艦の指定を解かれ特別保管艦となる。横須賀にて係留される
1947年10月 1日戦時賠償として青島にて米軍に引き渡し。後に解体処分
「鷹島」「鷹島」=長崎県北松浦半島と佐賀県東松浦半島の間にある島から取った名称
1940年12月11日日本鋼管鶴見造船所にて起工
1941年10月18日進水
1942年 3月25日竣工。佐世保防備隊に所属し哨戒・船団護衛などに従事
1944年 8月〜沖縄への緊急輸送任務に従事
      10月10日名護湾にて米軍機の攻撃を受け沈没
      12月10日除籍
「済洲」「済洲」=朝鮮半島南東にあるチェジュ島の漢字名から取った名称
1941年 1月15日大阪鉄工所桜島工場にて起工
      11月15日進水
1942年 4月25日竣工。鎮海防備隊に所属し哨戒・船団護衛などに従事
1945年 8月15日終戦時、香港にて残存
      10月22日除籍
      12月 1日〜特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事
1946年 7月特別輸送艦の指定を解かれる
1947年10月 3日戦時賠償として青島にて中華民国へ譲渡
中華民国海軍軍艦「永靖(ユン・チン)」[Yung-Jing]となる
1949年中華民国政府の本土脱出に伴い台湾へ移動
1953年兵装を米国製のものに換装。類別を護衛艦に変更される
1960年頃退役。64年台湾海軍除籍、後に解体処分となる
「新井埼」「新井埼」=京都府丹後半島東端にある岬から取った名称
1941年 7月12日玉造船所(42年に三井造船玉野事業所へ改称)にて起工
1942年 3月 2日進水
       8月31日竣工。舞鶴防備隊に所属し哨戒・船団護衛などに従事
1944年 4月〜第4海上護衛隊に転属。船団護衛などに従事
      10月15日〜第1海上護衛隊に転属
1945年 4月 1日佐世保鎮守府部隊に転属
       6月21日大湊警備府部隊に転属
       8月15日終戦時、大湊にて残存
      10月 4日室蘭沖にて掃海作業中に触雷、大破。室蘭港に回航され係留放置となる
      10月 5日除籍
「由利島」「由利島」=愛媛県松山市西方沖にある島から取った名称
戦時中は海軍の監視所が置かれていたが現在は無人島である
1941年10月31日日本鋼管鶴見造船所にて起工
1942年 7月 4日進水
      11月25日竣工。佐伯防備隊に所属し哨戒・船団護衛などに従事
1944年12月 4日ミンドロ島西方にて沈没した駆逐艦「岸波」の救助を実施
1945年 1月14日マレー半島コタバル東方沖にて米潜「コビア」の雷撃を受け沈没
       3月10日除籍
「怒和島」「怒和島」=愛媛県松山市北西沖にある島から取った名称
1941年11月26日大阪鉄工所桜島造船所にて起工
1942年 7月31日進水
      11月15日竣工。佐伯防備隊に所属し哨戒・船団護衛などに従事
      12月20日都井岬(宮崎県)沖にて米潜「ドラム」を攻撃するも逃走される
1945年 4月30日佐伯湾外にて米軍機の爆撃を受け大破擱座。そのまま終戦を迎える
      11月20日除籍。後に解体される
「前島」「前島」=同名の島は国内外に複数あるが、トラック環礁月曜島(ウドット島)北に
ある島(エオット島)の日本統治時代の島名との説が有力(『艦船名考』等)
1942年 7月20日日本鋼管鶴見造船所にて起工
1943年 4月18日進水
       7月31日竣工。馬公防備戦隊に所属し船団護衛などに従事
1944年10月〜第3南遣艦隊に転属。船団護衛に従事
      10月12日ルソン島西岸にて敵機の攻撃を受け沈没
      12月10日除籍
「諸島」「諸島」=山口県屋代島東方にある島から取った名称
 計画番号第179号艇。1942年計画中止のため着工されず


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,11,01