日振型 海防艦

"Hiburi" Class Escort Vessels


四阪

昭南
(上段)海防艦「四阪」(1944年)/(下段)海防艦「昭南」(1944年)
スペックデータ
排水量:(公)1,020t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 120t
全長:72.50m
全幅: 9.10m 主機:艦本式22号10型ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水: 3.05m
出力:4,200hp
武装:
45口径12cm連装高角砲1基、45口径12cm単装高角砲1基、
25mm連装機銃2基、爆雷120個搭載(投射機2、投下軌条2)
最大速力:19.5kt
航続距離:16ktで5000浬
乗員定数:150名

同型艦名(9隻)
日振"Hiburi"大東"Daitou"[Daitô]昭南"Syounan"[Syônan]
久米"Kume"生名"Ikuna"四阪"Sisaka"
崎戸"Sakito"目斗"Mokuto"波太"Habuto"

日振型 海防艦について
 昭和16年の戦時急造計画で「御蔵」型同様に計画された海防艦。後に改第五次補充計画で整備された艦もあわせて全部で9隻が完成した(終戦による未成艦2隻もあるが当ページでは省略した)。
 船型は大量建艦に向くよう省略化・簡易化された「鵜来」型に準ずるものとなっているが、搭載兵装は「御蔵」型と同様の物が搭載され、一部の艦では艦尾の掃海具もそのまま残されている。
 「日振」型は全艦が日立桜島造船所で建造されており、公式には「御蔵」型に分類されるが艦型などから大半の資料では「鵜来」型へ分類されている場合が多い。当サイトでは「御蔵」型と「鵜来」型を繋ぐ中庸な位置づけの艦として特に「日振」型の別項を設けた。
 当クラスは竣工が大戦末期であり、すでに日本艦艇の活動規模は縮小してしまっていたため、半数(4隻)が終戦時にも生き残っていた。

日振型海防艦の歴史
「日振」「日振」=愛媛県宇和島西方の豊後水道にある日振島から取った名称
1944年 6月27日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       8月 4日第1海上護衛隊に編入。本土〜マニラ間の船団護衛に従事
       8月22日マニラ西方にて米潜水艦「ハーダー」の雷撃を受け沈没
      10月10日除籍
「大東」「大東」=沖縄県にある北大東島・南大東島・沖大東島の総称から取った名称
1944年 8月 7日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       9月11日第1海上護衛隊に編入。シンガポール方面の船団護衛に従事
1945年 1月12日仏印沿岸で敵機の攻撃を受け損傷
       2月佐世保工廠にて修理を実施
       3月〜台湾・朝鮮方面の船団護衛に従事
       8月 1日〜北海道方面の船団護衛に従事
       8月15日小樽にて終戦を迎える
      11月16日対馬海峡で掃海作業に従事中に触雷、沈没
      11月20日除籍
「昭南」「昭南」=日本占領時代のシンガポールの呼称。昭和17年2月17日に制定され
たもので終戦までシンガポール島は昭南島と呼ばれた
1944年 7月13日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       8月 7日第1海上護衛隊に編入。台湾・シンガポール方面の船団護衛に従事
1945年 2月25日海南島南方にて米潜水艦「ホー」の雷撃を受け沈没
       4月20日除籍
「久米」「久米」=沖縄の西120キロに位置する火山島、久米島から取った名称
1944年 9月25日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
      11月 4日第1海上護衛隊に編入。本土〜シンガポール間の船団護衛に従事
1945年 1月28日黄海にて米潜水艦「スペードフィッシュ」の雷撃を受け沈没
       3月10日除籍
「生名」「生名」=瀬戸内海に位置し愛媛県に属する生名島から取った名称
戦後は島名を「いきな」と読むようになった
1944年10月15日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
      11月15日第1海上護衛隊に編入。本土〜マニラ間の船団護衛に従事
1945年 1月 4日台湾海峡にて敵機の攻撃を受け損傷
       4月10日長崎沖にて敵潜水艦の雷撃を受け損傷
       6月〜朝鮮方面の船団護衛に従事
       8月15日鎮海にて終戦を迎える
      11月20日除籍。掃海作業に使用される
1947年12月31日運輸省へ移管。「生名丸」と改名。定点観測船として使用される
1954年 1月 1日海上保安庁へ移管。巡視船「おじか」と改名
1963年 5月25日解役
「四阪」「四阪」=瀬戸内海に浮かぶ美濃島・家ノ島・明神島・梶島・鼠島を
総称する四阪島から取った名称。住友家が買収して精錬所を建造した
1944年12月15日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
1945年 1月27日横須賀防備隊に編入。八丈方面の船団護衛に従事
       8月15日横須賀にて終戦を迎える
       9月15日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1947年 7月 6日戦時賠償艦として中華民国へ引き渡し
国府軍軍艦「恵安」(フイ・アン)[Hui-An]と命名される
1949年 4月23日中共軍に投降。人民軍海軍に使用される
1982年練習艦へ類別変更
1987年(1990年説あり)退役。人民軍海軍除籍
「崎戸」「崎戸」=長崎県西彼杵半島北西にある崎戸島から取った名称
1945年 1月10日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       2月28日第1海上護衛隊に編入。朝鮮方面の船団護衛に従事
       6月27日朝鮮半島南方にて触雷し損傷
       8月15日釜山にて終戦を迎える。佐世保へ曳航
      11月20日除籍。後に解体処分
「目斗」「目斗」=台湾澎湖諸島の目斗嶼から取った名称。暗礁が多い
場所で、昔から東洋一の航海の難所として知られる
1945年 2月19日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       3月〜佐伯を基地として対潜訓練に従事
       4月 4日周防灘(部崎灯台の南南東)にて触雷、沈没
       5月 5日除籍
「波太」「波太」=千葉県外房の鴨川沖に位置する波太島(別名仁右衛門島)から取った名称
1945年 4月 7日日立桜島造船所にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       5月 5日第51戦隊に編入
       6月 6日七尾湾にて訓練中に触雷、損傷
       7月〜朝鮮方面の船団護衛に従事
       8月15日鎮海にて終戦を迎える
      10月23日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1947年 7月16日戦時賠償艦として英国へ引き渡し。後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,20(First Up 2002,04,27)