隼(初代)型 水雷艇

"Hayabusa(1)" Class TorpedoBoats


隼
水雷艇「隼」(1900年)
スペックデータ
排水量:(常)152t ボイラー:ノルマン罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭 25t
全長:45.01m
全幅:4.90m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:1.45m
出力:4,200hp
武装:
57mm単装砲4基、47mm単装砲2基、
45cm魚雷単装発射管3基3門
最大速力:28.5kt
航続距離:10ktで2000浬
乗員定数:30名

同型艦名(15隻)
隼(初代)"Hayabusa(1)"鵲(初代)"Kasasagi(1)"真鶴(初代)"Manazuru(1)"
千鳥(初代)"Tidori(1)"雁(初代)"Kari(1)"蒼鷹(初代)"Aotaka(1)"
鴿(初代)"Hato(1)"燕(初代)"Tubame(1)"雲雀"Hibari"
雉(初代)"Kizi(1)"鷺(初代)"Sagi(1)"鶉"Uzura"
鴎(初代)"Kamome(1)"鷂"Hasitaka"鴻(初代)"Ootori(1)"[Ôtori(1)]

隼(初代)型水雷艇について
 日清戦争後に日本海軍が導入を決めたフランスのノルマン社製大型水雷艇。明治33年(1900年)から日露戦争が開戦した明治37年までの間に十五隻が建造された。初期建造艇はフランスにて建造され日本へ舶送されたが、五番艇の「雁」からは国産となっている。
 各艇とも日露戦争で活躍したが、「雉」だけは旅順付近で座礁したため取り外した武装を再利用して再度国内で建造し直された。したがって日露戦争開戦時点での「雉」と日本海海戦での「雉」は船体が別物である(なお同設計のためこのページでは同一艦として年表を作成した)。
 この「隼」型を最後として日本海軍は小型水雷艇の建造を行わなくなり、艦籍にあった水雷艇も1920年代に入って全艦が除籍された。水雷艇の名が復活するのは軍縮条約で大型艦の建造が制限されるようになる1930年代になってからのことであった。

隼(初代)型水雷艇の歴史
「隼」(初代)「隼」=鳥の名前。ワシタカ科の猛禽で大きさは中型程度
主に原野・水辺などに住み小鳥などを捕食する
1900年 4月19日ノルマン社にて建造、呉工廠にて組立され竣工
1904年日露戦争に参加。旅順港閉塞戦や日本海海戦に参加
1919年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別。「隼丸」と改名
1920年 7月 1日艦名を再度「隼」と改名
1922年 9月14日廃船
「鵲」(初代)「鵲」=鳥の名前。カラス科に属し大きさはカラスよりも
やや小型である。人里近くに住み高木に巣を作る
1900年11月30日ノルマン社にて建造、呉工廠にて組立され竣工
1904年日露戦争に参加。旅順港閉塞戦や日本海海戦に参加
1919年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別。「鵲丸」と改名
1920年 7月 1日艦名を再度「鵲」と改名
1925年12月17日廃船
「真鶴」(初代)「真鶴」=鳥の名前。ツル科に属しタンチョウヅルとほぼ同じ大きさ。
現在では日本に少数が渡ってくるだけとなり天然記念物に指定されている
1900年11月 7日ノルマン社にて建造、呉工廠にて組立され竣工
1904年日露戦争に参加。旅順港閉塞戦や日本海海戦に参加
1919年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別。「真鶴丸」と改名
1920年 7月 1日艦名を再度「真鶴」と改名
1925年12月17日廃船
「千鳥」(初代)「千鳥」=鳥の名前。チドリ科に属する鳥の総称である
多数が群をなして飛ぶためにこの名が付いた
1901年 4月 9日ノルマン社にて建造、神戸川崎にて組立され竣工
1904年日露戦争に参加。旅順港閉塞戦や日本海海戦に参加
1919年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別。「千鳥丸」と改名
1920年 7月 1日艦名を再度「千鳥」と改名
1923年 2月27日廃船
「雁」(初代)「雁」=鳥の名前。ガンオウ科に属す大型の水鳥の総称
秋になると日本へ飛来、春には北方へ帰っていく渡り鳥である
1903年 7月25日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。日本海海戦に参加
1922年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1930年 2月19日廃船
「蒼鷹」(初代)「蒼鷹」=鳥の名前。背面が灰黒色の鷹を指して呼ぶ言葉
1903年 8月 1日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。日本海海戦に参加
1922年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1927年 2月19日廃船
「鴿」(初代)「鴿」=鳥の名前。ハト科に属す鳥で「鴿」という字は特に
イエバトを指す。神社仏閣や公園などでよく見かけられる
1903年10月22日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。日本海海戦に参加
1922年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1926年 7月10日廃船
「燕」(初代)「燕」=鳥の名前。ツバメ科に属す小型の渡り鳥
春先に日本へ渡来、秋に南方へ帰る。よく軒下などに巣を作っている
1903年11月24日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。旅順港閉塞戦や日本海海戦に参加
1922年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1925年 7月15日廃船
「雲雀」(初代)「雲雀」=鳥の名前。ヒバリ科の小鳥。スズメよりやや大きい。
日本各地に生息し、空中高く昇っては美しい鳴き声でさえずる
1904年 1月10日呉工廠にて竣工
 日露戦争に参加。日本海海戦に参加
1923年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1925年 2月14日廃船
「雉」(初代)「雉」=鳥の名前。キジ科に属し大きさはニワトリ程度
山麓の低木林や草原に住み、日本の国鳥とされる
1904年 1月24日呉工廠にて竣工
 日露戦争に参加
       3月31日哨戒作戦中に対馬南方にて座礁沈没
1905年 5月 9日修理名目で代替艇を建造。竣工
       5月27日日本海海戦に参加
1923年12月15日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1926年10月 2日廃船
「鷺」(初代)「鷺」=鳥の名前。サギ科に属す鳥の総称
鶴に似た鳥で水辺近くに住み魚を捕食する
1904年 3月22日呉工廠にて竣工
 日露戦争に参加
1905年 5月27日日本海海戦にて「第43号水雷艇」と衝突。損傷する
1923年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1925年 2月14日廃船
「鶉」「鶉」=鳥の名前。キジ科に属す鳥で本来は荒れた草原などに
住むが、古くから人里にて食用として飼育された
1904年 4月22日呉工廠にて竣工
 日露戦争に参加。日本海海戦に参加
1923年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1932年 9月30日廃船
「鴎」(初代)「鴎」=鳥の名前。ハトよりやや大きい海鳥。海岸や
港などで最も一般的に見ることができる鳥である
1904年 6月 4日呉工廠にて竣工
 日露戦争に参加。日本海海戦に参加
1923年12月15日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1926年 9月18日廃船
「鷂」「鷂」=鳥の名前。ワシタカ科に属すやや小型の猛禽
日本や朝鮮半島に分布し、古くは鷹狩りに用いられた
1904年 2月27日神戸川崎にて竣工
 日露戦争に参加。日本海海戦に参加
1923年 4月 1日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1926年 7月15日廃船
「鴻」(初代)「鴻」=鳥の名前。鶴やコウノトリのような大型の鳥の総称。
「鴻」という文字は白鳥の類を指すときに使用される
1904年 6月 4日神戸川崎にて竣工
 日露戦争に参加。日本海海戦に参加
1923年12月15日除籍。雑役船(曳船・交通船)に類別
1926年 9月15日廃船


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,26(First Up 1999,09,15)