初鷹型 敷設艦

"Hatutaka" Class Minelayers


初鷹
敷設艦「初鷹」(1939年)
スペックデータ
排水量:(公)1,890t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×3基 燃料搭載量:重油206t
        石炭 53t
  (「若鷹」は重油265t
        石炭116t)
全長:82.00m
全幅:11.30m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:4.00m
出力:6,000hp
武装:
40mm連装機銃2基(「若鷹」は40口径7.6cm単装高角砲2基)、
急設防潜網24組(6浬分)または5号機雷(もしくは93式機雷)100個搭載、
爆雷18個搭載可能
最大速力:20.0kt
航続距離:14ktで3000浬
乗員定数:199名
(「若鷹」は202名)

同型艦名(3隻)
初鷹"Hatutaka"蒼鷹(2代)"Aotaka(2)"若鷹"Wakataka"

初鷹型敷設艦について
 昭和初頭に建造した「白鷹」以来久しぶりとなる急設網敷設艦。第三期補充計画(マル3計画)で「初鷹」と「蒼鷹」が最初に建造され、続く第4期補充計画(マル4計画)にて「若鷹」が建造された。
 「白鷹」の設計を近代化し防潜網敷設を主任務にした艦である。速力が20ノットにアップされているが、使用燃料は国策(主力艦艇以外の艦は貴重な重油をできるだけ使用しない)のため重油と石炭の併用だったので、煤が出ることや石炭搭載作業が重労働だったことから乗員には不評であった。
 最初に建造された二隻は砲装備をやめ40ミリ機関砲を搭載した。これは対空戦闘に有利だと考えられたからである。しかし結局威力不十分とされ後から建造された「若鷹」には8センチ高角砲が搭載されている。
 防潜網・機雷敷設装備の他に対潜攻撃能力も付与されており、戦時には前線にて敷設作業以外に船団護衛や対潜哨戒、掃海作業など幅広い活躍をした。「初鷹」「蒼鷹」は戦没してしまったが、「若鷹」は終戦まで生き残り、戦後は戦時賠償艦として英国へ引き渡されている。

初鷹型敷設艦の歴史
「初鷹」「初鷹」=秋になり夏に抜けた羽が出揃ったのを
見定めて初めて鳥舎から出す鷹
1938年 3月29日播磨造船にて起工
1939年 4月28日進水
      10月31日竣工
1941年12月南遣艦隊第九根拠地隊に所属し太平洋戦争に参加。仏印方面の哨戒に従事
1942年 2月15日〜シンガポール水路の啓開作業に従事
       6月〜ニコバル諸島攻略作戦に参加
      10月〜ラバウル・ソロモン方面で対潜哨戒に従事
1943年 4月〜第九特別根拠地隊に編入。ペナン・スマトラ方面で対潜哨戒に従事
1944年 7月仏印・シンガポール方面にて船団護衛に従事
       8月〜ペナン・シンガポール方面にて機雷敷設作業に従事
1945年 5月 3日シンゴラ沖にて米潜「ラガルト」を撃沈
       5月16日マレー半島東岸にて米潜「ホークビル」の雷撃を受け沈没
       8月10日除籍
「蒼鷹」(2代)「蒼鷹」=背面が灰黒色の鷹を指して呼ぶ言葉
1939年 5月10日播磨造船にて起工
1940年 2月 3日進水
       6月30日竣工
1941年12月第三艦隊第一根拠地隊に所属し太平洋戦争に参加。フィリピン攻略作戦に従事
1942年 4月〜蘭印方面で攻略作戦・船団護衛等に従事
1944年 9月21日マニラにて敵機と交戦
       9月26日北ボルネオ近海にて米潜「パーゴ」の雷撃を受け沈没
 除籍年月日不明
「若鷹」「若鷹」=若い鷹を指す。厳密には1歳の鷹をいう
1940年11月15日播磨造船にて起工
1941年 7月12日進水
      11月30日竣工
      12月第三艦隊第二根拠地隊に所属し太平洋戦争に参加。フィリピン攻略作戦に従事
1942年 1月〜蘭印方面で船団護衛任務・攻略作戦に従事
1944年10月17日「厳島」を曳航中に雷撃を受け艦首部を大破。翌年3月まで修理
1945年 3月27日スラバヤ沖にて再度雷撃を受け艦首部を切断大破
       8月15日スラバヤにて修理中に終戦を迎える
1946年 3月 1日除籍。特別輸送艦に指定されシンガポールからの復員船として使用
1947年10月17日戦時賠償艦として英国へ引き渡し
「ラブルナム」と命名されマレー海軍義勇予備員の宿舎兼練習船として使用される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,20(First Up 1999,09,05)