初島型 電纜敷設艇

Controlled mine Layer "Hasima" Class


初島
電纜敷設艇「初島」(1940年)
スペックデータ
排水量:(基)1,500t ボイラー:ロ号艦本式・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭 170t
全長:76.8m
全幅:10.8m 主機:直立式往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:3.5m
出力:2,300hp
武装:
8cm単装高角砲1基、13mm連装機銃1基、
爆雷9発搭載、電纜2万メートルおよび機雷12個
最大速力:14.0kt
航続距離:12ktで1000浬
乗員定数:109名

同型艦名(4隻)
初島"Hasima"釣島"Turusima"大立"Ootate"
or "Outate"
立石"Tateisi"

初島型 電纜敷設艇について

 水面を浮遊したり水中に繋留したりして敵がぶつかるのを待ち伏せる兵器である機雷だが効率としては良くないため、敵が近くを通ったときに起爆できる機雷として開発されたのが有線起爆式の機雷である。日本海軍では電纜(でんらん:電気ケーブルのこと)機雷と呼び、昭和の初めに九二式機雷として制式採用している。

 有線による遠隔爆破であるため機雷を敷設する際にはケーブルを同時に敷設する必要があるが、日本海軍では専用の艦艇が無かったため当初は雑役船などで敷設作業を行っていた。これでは敷設にも時間がかかるため昭和14年(1939年)の臨時軍事費で専用の電纜敷設艇4隻の建造が認められ、そこで建造されたのが当クラスである。計画段階では雑役船であったが、ネームシップ「初島」の竣工にあわせて特務艇(電纜敷設艇)へ類別が行われた。
 船体は艦首のケーブルリールが目立っているが、他にも艦中央の電纜庫やケーブル用の大型クレーンなどの特徴があり、2万メートルのケーブルと機雷12個、それに敵艦が機雷に近づいたことを感知するための敷設型水中聴音機4基を搭載することができた。また爆雷も搭載可能となっており、電纜や機雷を搭載しない場合は対潜作戦にも従事可能となっていた。建造費や維持費の節約のため機関は石炭焚きのレシプロ機関が搭載され、船体構造も商船形式の軟鋼製となっていた。
 当クラスの4隻は太平洋戦争開戦直前に竣工し、4鎮守府(横須賀、呉、佐世保、舞鶴)の防備戦隊に1隻ずつ配備された。当初は電纜の敷設や拠点周辺の哨戒任務が主であったが、戦争末期になると船団護衛に回されるようになり終戦までに3隻が戦没した。生き残っていた「釣島」は戦後に逓信省(後に日本電信電話公社)へ移管され、海底ケーブルの保守業務に携わっている。


初島型 電纜敷設艇の歴史
「初島」「初島」=静岡県熱海市網代港東方にある島から取った名称
古い島名が『端島』と書いたため『初島』になった以降も読みは「はしま」である
1939年10月25日川崎造船所(川崎重工艦船工場)にて起工
1940年 4月10日進水
       5月24日艇名を「初島」(はつしま)と命名。雑役船に類別される
      10月25日竣工。艇名の読みを(はしま)と変更。特務艇(電纜敷設艇)に類別
横須賀防備戦隊付属となり、周辺の電纜敷設などを実施
1942年 5月 4日〜伊勢湾防備支隊に転属。鳥羽港周辺の電纜敷設などを実施
       9月25日東京湾方面隊に転属。関東周辺の哨戒などに従事
      12月 4日犬吠埼(千葉県)の北方沖にて敵潜の雷撃を受けるも命中せず
爆雷により反撃を行うが戦果なしにおわる
1943年 2月〜サイパン経由でトラックへ進出。電纜敷設などを実施
       9月 1日横須賀防備隊へ転属。船団護衛などに従事
      10月 1日ナウル西方沖にて敵機の攻撃を受け損傷を負う
1945年 4月28日ケーブル受領のため大阪へ向け航行中、三重県尾鷲市三木崎灯台沖にて
米潜「セニット」の雷撃を受け沈没
       7月10日除籍
「釣島」「釣島」=愛媛県松山港西方にある島から取った名称
1940年 1月15日川崎重工艦船工場にて起工
       5月24日進水。雑役船に類別される
      10月25日特務艇(電纜敷設艇)に類別される
1941年 3月28日竣工。佐伯防備隊に配属され、周辺の電纜敷設などを実施
1942年12月14日〜豊後水道付近で船団護衛などに従事
1944年 7月〜門司〜高雄間の船団護衛に従事
1945年 8月15日佐伯付近にて終戦を迎える
      11月30日除籍。連合軍の許可により逓信省(1949年から電気通信省)へ移管
海底電纜敷設船「釣島丸」と改称し日本近海の海底ケーブル保守などに従事
1951年講和条約締結により正式に日本政府へ返還となる
1952年日本電信電話公社設立により公社へ移管される
1968年 3月31日解役。後に解体処分
「大立」「大立」=佐世保港外の西彼杵半島西方にある島から取った名称
島名は「おおたて」だが艇名は「おおだて」「おおたて」「おうたて」と諸説ある
1940年 4月22日播磨造船所にて起工
      10月25日特務艇(電纜敷設艇)に類別される
      12月11日進水
1941年 7月31日竣工。佐世保防備戦隊付属となり、周辺の電纜敷設などを実施
1943年 4月〜黄海方面にて船団護衛に従事
       6月〜釜山港や馬公などで電纜敷設に従事
1945年 2月〜南西諸島方面にて船団護衛に従事
       3月27日薩南諸島西方にて米潜「トリガー」の雷撃により沈没
(東シナ海にて米艦載機の攻撃を受け沈没との説もある)
       7月10日除籍
「立石」「立石」=敦賀半島北端の立石埼から取った名称
1940年 4月22日播磨造船所にて起工
      10月25日特務艇(電纜敷設艇)に類別される
1941年 3月 1日進水
       8月31日竣工。舞鶴防備隊に配属され、周辺の電纜敷設などを実施
1943年 1月〜ラバウルへ進出。電纜敷設などに従事
       5月〜千島方面にて船団護衛や哨戒任務に従事
      10月〜内南洋方面にて船団護衛や哨戒任務に従事
1945年 3月21日仏印カムラン湾沖にて米軍機の攻撃を受け沈没
       5月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,11,03