橋立型 砲艦

"Hasidate(2)" Class GunBoats


橋立
砲艦「橋立」(1940年)
スペックデータ
排水量:(公)1,110t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 170t
全長:78.00m
全幅:9.70m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.45m
出力:4,600hp
武装:
45口径12cm連装高角砲1基、45口径12cm単装高角砲1基、
25mm連装機銃2基
最大速力:19.5kt
航続距離:14ktで2500浬
乗員定数:158名

同型艦名(2隻)
橋立(2代)"Hasidate(2)"宇治(2代)"Uzi(2)"

砲艦 橋立(2代)型について
 第三次補充計画で建造された砲艦で、「安宅」と同様に砲艦群の旗艦任務にも従事できるよう設計された艦である。
 吃水は河川を遡上するために浅く造られていたが、ある程度の航洋性も持っていたため近海での警備行動も可能であった。
 建造時には既に日華事変が勃発しており、ヨーロッパでは第二次世界大戦が始まっていたため、当初から戦時対応の艤装が施され、砲の防弾盾や防弾装甲なども施されているため砲艦と言うよりは海防艦に近い構成であった。海軍では日本本土と中国大陸間での輸送船団護衛などにも航洋型砲艦を使用することを想定していたようだが、いざ開戦となってみると資源輸送は東南アジア方面からのものが大きくなり、砲艦程度の航続力では護衛任務に不足することになってしまった。

砲艦 橋立(2代)型の歴史
「橋立」(2代)「橋立」=景勝地による名称。京都府宮津湾にある砂嘴と白砂の
砂浜に並ぶ松林が有名な景勝地。天の橋立とも呼ばれる。日本三景のひとつ
1939年 2月大阪鉄工所にて起工
      12月23日進水
1940年 6月30日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。中国沿岸部の警備任務などに従事
1944年 5月20日香港〜高雄間で船団護衛中、米潜「ピクダ」を攻撃し損傷を負わせる(共同)
       5月22日南シナ海にて損傷輸送船を救助中に米潜「ピクダ」の雷撃を受け沈没
       7月10日除籍
「宇治」(2代)「宇治」=琵琶湖から流れ出し、京都南部を流れて最後は淀川へそそぐ宇治川
から取った名称。全長80キロ。古くから詩歌や絵画の題材となった川である
1940年 1月20日大阪鉄工所にて起工
       9月26日進水
1941年 4月30日竣工
      12月〜太平洋戦争に参加。揚子江部隊旗艦として行動
1943年頃〜防空浮き砲台として使用される
1944年〜上海方面へ移動。船団護衛などに従事
1945年 8月15日上海にて終戦を迎える
       9月13日中華民国に接収され、国府軍軍艦「南昌」(ナン・チャン)[Nan-Chang]
(「長治」(チャン・チー)[Chang-Zhi]との説もあり)と命名される
      10月25日日本海軍籍除籍
1947年渤海湾にて中共軍と交戦する
1949年 9月19日中共軍に鹵獲される
       9月22日安徽省大通江にて国府軍の爆撃を受け大破着底
1949年末浮揚・修理後、人民軍海軍へ編入され艦名を「八一」(バー・イー)[Ba-Yi]と改名
1950年 4月艦名を「南昌」と改名し、人民軍海軍第六艦隊旗艦となる
1979年退役。除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,12(First Up 1999,08,27)