標的艦 波勝

Bomb Target Ship "Hakati"


波勝
標的艦「波勝」(1943年)
スペックデータ
排水量:(公)1,900t ボイラー:ホ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 330t
全長:87.45m
全幅:11.30m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:3.81m
出力:4,400hp
武装:
13mm連装機銃2基
(実際には12cm単装高角砲2基、25mm3連装機銃などを搭載した)
最大速力:19.3kt
航続距離:14ktで4000浬
乗員定数:148名

同型艦名(1隻)
波勝"Hakati"

標的艦 波勝について
 戦時急造計画にて建造された日本海軍初の専用爆撃訓練標的艦。それまでの標的艦は軍縮条約で廃艦とされた戦艦「摂津」に防爆対策を施したものを使用していたが、航空機攻撃の訓練のために専用標的艦を建造したものである。大戦中に専用標的艦を建造したのは日本海軍だけであった。
 船体は上空4000メートルから投下された10キログラム訓練爆弾の直撃に耐えられるように造られていたが、標的となる平甲板は船体の上に一枚板を張り板甲板部分で衝撃を吸収し船体にまで影響を及ぼさない工夫がされていた。また煙突には爆弾が入り込みボイラー部を破壊しないよう煙突上部に装甲板を設置している。
 航空機による爆撃標的だけでなく、実際に戦闘艦に乗務する艦長や航海長が乗り組み爆撃回避訓練にも使用されている。
 内外地で訓練任務に従事し終戦時まで生き残っていたが、終戦後は復員輸送に従事したあと、解体処分となった。

標的艦 波勝の歴史
「波勝」「波勝」=伊豆半島南西岸にある断崖の岬角である波勝岬から取った名称
1943年 2月 1日播磨造船にて起工
       6月27日進水
      11月18日竣工
      12月末連合艦隊付属となり、トラックへ進出
1944年 1月〜トラック島にて機動部隊艦爆隊(九七艦攻)の爆撃訓練に従事
       2月18日米軍のトラック空襲にて被弾。大破するも修理され戦線に復帰
       3月〜リンガ泊地やダバオにて航空戦隊(一式陸攻九九艦爆彗星)の爆撃訓練に従事
      10月〜呉へ帰還。以降は瀬戸内海にて訓練任務に従事
1945年 8月15日内地にて終戦を迎える
      11月30日除籍
      12月 1日特別輸送艦(復員船)に指定され、復員輸送に従事
1946年12月23日特別輸送艦の指定を解かれる。その後、解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,05(First Up 2000,01,10)