第28号型 駆潜艇

Submarine Chaser "No.13" Class


第32号
第32号駆潜艇(1942年:Photo from Wikimedia Commons)
スペックデータ
排水量:(基)420t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 16t
全長:51.0m
全幅:6.7m 主機:艦本式23号8型ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:2.63m
出力:1,700hp
武装:
40口径8cm単装高角砲1基、(後に25mm単装機銃3基を追加)、
13mm連装機銃1基、爆雷36個(投射機2、投下軌条1)
最大速力:16.0kt
航続距離:14ktで2,000浬
乗員定数:80名

同型艦名(34隻)
第28号 〜 第58号 "No.28 〜 No.58"(第51号〜第53号は2代)
以下は簡略型の「第60号」型に分類されることもある
第60号 "No.60"第61号 "No.61"第63号 "No.63"

第28号型駆潜艇について
 「第13号」型駆潜艇の改良型として昭和15年度策定のマル臨計画で12隻、続くマル急計画で20隻(最終的に建造されたのは19隻で、1隻は計画中止)が建造予定された艇。
 基本設計や搭載兵装などに変更は無いが艇尾の形状が改められており、また構造や艤装が簡易化されている。簡易化により船体は若干軽量化しているが、復原性を保つため船底にバラストを搭載しており、速度性能などに変化はなかった。
 また、「第28号」型をさらに簡略化した「第60号」型の建造が昭和17年度の改マル5計画で30隻予定されたが、こちらは海防艦などの建造が優先されたため、3隻が建造されたのみで他は計画中止となった。
 竣工した艇は順次戦線へ送り出されたが、終戦時に生き残っていたのは損傷した艇を含め10隻ほどであった。なお「第51号」から「第53号」までの3隻については、類別変更以前の「第251号」型駆潜特務艇が艇名変更前に使用していた艇番号であるため、当クラスの艇は艇名が二代目となる点に注意願いたい。

注意!「この型は同型艇が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
第28号型駆潜艇の歴史
艇番竣工造船所戦歴等除籍備考
28'42.05.15日本鋼管鶴見'43.12.20マヌス島沖にて米潜「ガトー」を攻撃、損傷を負わせる(共同)
'45.02.01ルソン島北方沖にて米軍機の攻撃を受け沈没
'45.09.30 
29'42.04.30播磨造船所'44.02.18トラック近海にて米艦載機の攻撃を受け沈没'44.03.30 
30'42.05.13三井造船玉野'44.12.24クチン島沖にて米潜「バーベロ」の攻撃を受け沈没'44.03.30 
31'42.06.15石川島造船所'45.01.12ベトナム南東沖にて米艦載機の攻撃を受け沈没'45.03.10 
32'42.08.19日本鋼管鶴見'44.09.24コロン湾にて米艦載機の攻撃を受け沈没'45.03.10 
33'42.08.15三井造船玉野'45.03.21カムラン湾にて米軍機の攻撃を受け沈没'45.05.10 
34'42.08.31播磨造船所'45.03.26アンダマン諸島沖にて英駆逐隊と交戦し沈没'45.08.10 
35'43.02.28函館船渠'44.11.22マラッカ海峡にて英潜「ストラタジェム」を撃沈
'45.02.23ベトナム沿岸にて米軍機の爆撃を受け沈没
'47.05.03 
36'42.10.15石川島造船所'44.11.19スービック湾口にて米軍機の攻撃を受け沈没'45.01.10 
37'42.10.31三井造船玉野'45.05.22奄美大島沖にて米艦載機の攻撃を受け沈没'45.08.10 
38'42.12.10日本鋼管鶴見'45.08.15終戦時、青島にて残存
'45.12.10特別輸送艦に指定され復員輸送に従事
'47.10.03戦時賠償としてソ連へ引き渡し
'45.10.25 
39'42.10.31播磨造船所'44.02.16カビエンにて米軍機の爆撃を受け沈没'45.04.30 
40'43.03.31日立造船因島'44.02.16カビエンにて米軍機の爆撃を受け沈没'45.04.30 
41'43.03.31川南工業香焼島'45.02.22ベトナム南岸にて米軍機の攻撃を受け損傷
'45.08.15終戦時、シンガポールにて残存
'46.08.10海没処分される
42'43.05.31日立造船因島'45.01.22父島近海にて触雷損傷
'45.07.31三陸沖にて米潜「ソーンバック」の雷撃を受け損傷
'45.08.09女川港付近にて英艦載機の攻撃を受け大破擱座
'45.08.15終戦時、女川港にて大破擱座状態で残存
'45.09.15後に解体処分
43'43.04.07新潟鉄工所'45.01.12カムラン湾にて米艦載機の攻撃を受け大破擱座'47.05.03船体放棄される
44'43.05.15川南工業香焼島'45.08.15終戦時、横須賀にて残存'45.09.15後に解体処分
45'43.10.15函館船渠'44.11.29セブ島西方沖にて米軍機の攻撃を受け沈没'45.01.10 
46'43.09.30日立造船因島'44.11.25比マバステ島東方にて米軍機の爆撃を受け沈没'45.01.10 
47'43.08.12川南工業香焼島'45.02.27潮岬沖にて米艦載機の攻撃を受け損傷
'45.07.15山田湾(岩手県)にて米軍機の爆撃を受け損傷
'45.08.15終戦時、横須賀にて残存
'45.12.01特別輸送艦に指定され復員輸送に従事
'47.10.01戦時賠償としてアメリカへ引き渡し
'45.09.15後に解体処分
48'43.07.31新潟鉄工所'45.07.14釜石沖にて米艦載機の攻撃を受け沈没'45.09.15 
49'44.01.31函館船渠'45.08.15終戦時、佐世保にて残存
'45.12.01特別輸送艦に指定され復員輸送に従事
'47.10.03戦時賠償として中国へ引き渡し。艇名を「接30」と改称
'49.09.xx艇名を「駆潜11」と改称
'56.10.01台湾海軍除籍。後に解体処分
'45.10.05 
50'43.11.30日立造船因島'44.07.20父島二見港にて米艦載機の攻撃を受け大破擱座'45.09.20船体放棄される
51'43.11.08川南工業香焼島'45.07.28横須賀にて米艦載機の攻撃を受け損傷
'45.08.15終戦時、横須賀にて損傷状態のまま残存
'45.12.01特別輸送艦に指定される
'45.09.15後に解体処分
(艇番号は2代目)
52'43.11.30浪速船渠'45.08.14佐世保付近にて米軍機の攻撃を受け損傷
'45.08.15終戦時、佐世保(横須賀説あり)にて損傷状態のまま残存
不明後に解体処分
(艇番号は2代目)
53'44.03.20浪速船渠'44.11.28オルモック湾にて米魚雷艇の攻撃を受け沈没'45.01.10(艇番号は2代目)
54'43.11.12新潟鉄工所'44.03.25父島北東沖にて米潜「ポーラック」の雷撃を受け沈没'44.05.10 
55'44.05.31函館船渠'44.09.13セブ島北方沖にて米艦載機の攻撃を受け沈没'44.11.10 
56'44.07.26浪速船渠'45.08.15終戦時、スラバヤにて残存不明後に解体処分
57'44.10.28函館船渠'45.05.22奄美大島沖にて触雷損傷
'45.06.12スマトラ島北方沖にて英駆逐隊と交戦し沈没
'45.08.10 
58'44.01.26新潟鉄工所'45.05.22奄美大島沖にて米艦載機の攻撃を受け沈没'45.08.10 
 −−−−−−マル急計画仮称第459号。計画中止のため建造されず−−− 
60'44.03.28新潟鉄工所'45.08.15終戦時、佐世保にて残存
'45.12.01特別輸送艦に指定され復員輸送に従事
'45.10.05後に解体処分
61'44.05.08新潟鉄工所'45.01.09台湾海口泊地にて米艦載機の攻撃を受け沈没'45.03.10 
 −−−−−−マル臨計画仮称第5343号。計画中止のため建造されず−−− 
63'44.06.30新潟鉄工所'45.03.26アンダマン諸島沖にて英駆逐隊と交戦し沈没'45.05.10 
 −−−−−−マル臨計画仮称第5345号〜第5370号。計画中止のため建造されず−−− 


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,24