第101号型 掃海特務艇(蘭海軍掃海特務艇)

"No.101" Class Auxiliary Mine Sweeper (Koninklijke Marine "Mijnenveger van de DEFG-Klasse")


ファク・ファク
掃海特務艇「第102号」(蘭海軍掃海特務艇「ファク・ファク」時代の図)
スペックデータ
排水量:(公)175t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 搭載量不明
全長:32.5m
全幅:5.7m 主機:型式不明ディーゼル機関×1基、1軸推進
(第104号のみ独ダイムラー・ベンツ社製ディーゼル機関×1基)
吃水:1.9m
出力: 360hp
(第104号のみ300hp)
武装:
7.7mm機銃2基(オランダ海軍時代)、
25mm単装機銃3基、13mm機銃1基、爆雷6個(日本海軍時代)
最大速力:12.5kt
航続距離:不明
乗員定数:12〜14名

同型艦名(7隻)
第101号〜第107号"No.101〜No.107"

第101号型 掃海特務艇について
 元はオランダ領東インド(インドネシア)に展開していたオランダ海軍の掃海特務艇(艇名の頭文字からDEFG型と呼ばれる)であったが、日本軍のバタビア攻略時にタンジュン・プリオク(旧ジャカルタ東方にある外港)で自沈していた3隻と、ドライドックにて建造中だった4隻を捕獲したものである。
 日本海軍は捕獲した7隻の掃海艇を、昭和18年(194年)から第102工作部の手で浮揚・整備を行い、整備が完了した艇から順次戦力に組み込みインドネシア沿岸での掃海や船団護衛などに従事させた。
 未成状態で捕獲し日本海軍の手で完成させた4隻については、自沈していた3隻と兵装の配置などが異なるため、資料によっては「第104号掃海特務艇」として別クラスに分けているものも見受けられる。

第101号型掃海特務艇の歴史
艇番号旧艇名竣工詳細
101フロレス"Flores"'43.06.25未成状態で'42.03.02自沈。捕獲後'42.10.17再進水、'43.06.25就役
'43.10.13マドエラ海岸沖にて触雷、沈没('44.05.17敵機の攻撃による説あり)
102ファク・ファク"Fakfak"'43.06.30未成状態で'42.03.02自沈。捕獲後'42.10.17再進水、'43.06.30就役
終戦時、スラバヤにて残存
103ガロエト"Garoet"'43.05.07未成状態で'42.03.02自沈。捕獲後'42.11.20再進水、'43.05.07就役
終戦時、バタビアにて残存
104ジェンベル"Djember"'41年竣工'42.03.01自沈。捕獲・整備後'43.02.20就役
'45.04.12バリ島南方にて英潜「スタイジャン」の雷撃により沈没
105グリセー"Grissee"'43.08.31未成状態で'42.03.02自沈。捕獲後'43.02.15再進水、'43.08.31就役
'45.05.25スマラン沖にて英潜「トレンシャント」の雷撃により沈没
106ジォンバン"Djombang"'41年竣工'42.03.01自沈。捕獲・整備後'43.08.31就役
終戦時、バタビアにて残存。英国経由でオランダへ返還される
'50年インドネシア海軍へ引き渡される
107エンガノ"Enggano"'41年竣工'42.03.01自沈。捕獲・整備後'44.08.31就役
終戦時、バタビアにて残存。英国経由でオランダへ返還される
'50年インドネシア海軍へ引き渡される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,12