第251号型 駆潜特務艇

"No.251" Class Auxiliary Submarine Chaser


第53号(253号)
第53号駆潜艇(1937年)(後に第253号駆潜特務艇と改称)
スペックデータ(【 】内は第253号艇の数値)
排水量:(基)170t ボイラー:−−−−−
      【ホ号艦本式罐・重油専焼×1基】
燃料搭載量:重油 7t【20t】
全長:44.50m
全幅:4.80m 主機:MAN式ディーゼル機関×2基、2軸推進
    【艦本式タービン機関×2基、2軸推進】
吃水:1.70m
出力:3,000hp
武装:
毘(ビッカース)式40mm単装機銃1基、
爆雷18発(36発説あり)(投射機2、投下軌条1)
最大速力:23.0kt
航続距離:14ktで800浬
乗員定数:41名

同型艦名(3隻)
第51号→第251号
"No.51"→"No.251"
第52号→第252号
"No.52"→"No.252"
第53号→第253号
"No.53"→"No.253"

第251号型駆潜特務艇について
 昭和8年(1933年)に策定されたマル2計画で計画された駆潜艇。マル1計画で建造された「第1号」型駆潜艇は計画速力24ノットで設計されていたが、竣工後の復原性能改善工事などで排水量が増加し、実質20ノット程度にまで速力が低下していた。そこで小型の高速艇として計画・建造されたのが当クラスである。
 計画当時の駆潜艇はすべて特務艇に分類されていたが、昭和15年(1940年)に大型の駆潜艇を艦艇に昇格させる際、小型であった当クラスは艦艇にされず、新たに「駆潜特務艇」という類別を作り特務艇のままとされた。
 駆逐艦に似た船型を持ち、かつ水雷艇のように軽快な艇で、線図や構造設計には日本の独創的な技術をつぎ込んでいた。そのため艇の構造は複雑となり建造にかかる日数は大きく、また船体の小ささは駆潜艇としての使用に不便であったこともあって、以降に同様の駆潜艇が建造されることはなかった。小型であるため外洋での行動は行われず、港湾警備や対潜訓練などに従事したため終戦時にも全艇が生き残っていた。
 ちなみに、姉妹艇のうち最終艦の「第53号」は機関に高温高圧のホ号艦本式罐と艦本式タービンを採用しており、日本海軍の駆潜艇の中で唯一のタービン機関を搭載した艇であったが、凌波性能の悪さや機関の不調などからディーゼル艇と同等の速度しか発揮できなかった。

第251号型駆潜特務艇の歴史
「第251号」 
1937年 9月30日日本鋼管鶴見造船所にて「第51号」駆潜艇として竣工
1940年11月15日駆潜艇の類別変更に伴い、類別が駆潜特務艇となる
 太平洋開戦前は、佐伯港の警備任務に従事
開戦直後に大阪警備府紀伊防備隊へ編入
1943年 5月20日艇名を「第251号」駆潜特務艇に改称
1944年 8月28日雑役船(曳船)に類別変更。艇名を「公称第1658号」と改称
1945年 8月15日終戦時は浦賀にて残存。以降の消息不明
「第252号」 
1939年 7月25日鶴見製鉄造船鶴見工場にて「第52号」駆潜艇として竣工
1940年11月15日駆潜艇の類別変更に伴い、類別が駆潜特務艇となる
 横須賀鎮守府横須賀備隊へ編入
1943年 5月20日艇名を「第252号」駆潜特務艇に改称
1944年 2月15日雑役船(曳船)に類別変更。艇名を「公称第1650号」と改称
1945年 8月15日終戦時は浦賀にて残存。以降の消息不明
「第253号」 
1937年10月31日大阪鉄工所桜島造船所にて「第53号」駆潜艇として竣工
1940年11月15日駆潜艇の類別変更に伴い、類別が駆潜特務艇となる
 横須賀鎮守府横須賀備隊へ編入
1943年 5月20日艇名を「第253号」駆潜特務艇に改称
1944年 2月15日雑役船(曳船)に類別変更。艇名を「公称第1651号」と改称
1945年 8月15日終戦時は浦賀にて残存。翌年8月浸水により沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,17