第103号型 駆潜特務艇

"No.103" Class Auxiliary Submarine Chaser (ex Koninklijke Marine "Motor Lanceren van de B1-Klasse")


第103号
第103号駆潜艇(日本海軍編入後の姿)
スペックデータ
排水量:(基)130t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:ガソリン 搭載量不明
全長:42.4m
全幅:5.0m 主機:(103、114、115号)詳細不明ガソリンエンジン×2基、各艇とも2軸推進
    (106号)ロレーヌ式ガソリンエンジン×3基
    (105号)カーマス式ガソリンエンジン×4基
    (107、108号)ロレーヌ式ガソリンエンジン×4基
吃水:1.4m
出力:(103号他)1,500hp
    (106号)  1,200hp
    (105号)  1,800hp
    (107号他)1,800hp
武装:
短5cm単装砲1基、25mm単装機銃1基、13mm機銃1基、
爆雷12発
最大速力:19.0kt程度
  (106号は16.5kt)
航続距離:不明
乗員定数:18名

同型艦名(7隻)
第103号"No.103"第105号"No.105"第106号"No.106"
第107号"No.107"第108号"No.108"第114号"No.114"
第115号"No.115"  

第103号型駆潜特務艇について
 元はオランダ海軍の大型哨戒艇で、艇名が「B1」からの連番であるためB型(もしくはB1型)と呼ばれている。第二次大戦が始まったため、蘭領東インド(現在のインドネシア)防衛のためスラバヤやパレンバンにある海軍工廠や民間ドックにて16隻が建造された。
 太平洋戦争が始まり日本軍がスラバヤ攻略を行った時点では全艇とも未竣工であったため、日本軍の接収をおそれ自沈もしくは爆破処分されたのだが、スラバヤにあった7隻を日本軍が捕獲後整備して海軍籍に編入したのが当クラスである。なお、「第103号」駆潜特務艇になった艇が元「B1」艇だったが、他の艇については旧艇名(番号)が判る資料が残されていない。
 蘭領東インド海軍の計画では、機関をディーゼルとし7.5センチ砲や37ミリ機関砲を搭載、簡易な掃海具も装備させて掃海艇の代用としても利用される予定であったが、日本海軍では掃海具は搭載せず砲も日本式のものを装備した。機関も日本軍が調達可能なガソリン機関を搭載したため、各艇で機関が異なってしまっている。
 もともと沿岸での行動を前提に設計された艇のため外洋での行動は不向きであったが、日本海軍ではインドネシア方面での対潜哨戒や船団護衛などに従事させた。7隻のうち終戦時に残存していた5隻(戦没した「105号」と未竣工の「108号」を除く艇)はオランダに返還されているが、インドネシア独立戦争の混乱などで、その後の消息はわかっていない。

第103号型駆潜特務艇の歴史
「第103号」 
1941年?スラバヤの蘭海軍工廠にて哨戒艇「B1」として起工
1942年初頭進水
1942年 3月日本軍の侵攻を受けスラバヤにて自沈。後に日本軍が捕獲し整備を実施
       7月10日艇名を「第103号」駆潜特務艇とし、日本海軍籍に編入
       8月31日整備完了。根拠地隊に配備される
1945年 8月15日終戦時アンボンにて残存。進駐したオーストラリア軍に接収される
       9月22日オランダへ返還される。以降の経歴は不詳
「第105号」 
1941年?スラバヤにてB型哨戒艇の一隻として起工
1942年 3月日本軍の侵攻を受けスラバヤにて爆破処分。後に日本軍が捕獲し整備を実施
      12月 5日艇名を「第105号」駆潜特務艇とし、日本海軍籍に編入
1944年 1月25日(26日説あり)整備完了。根拠地隊に配備される
1945年 6月16日スラバヤ沖にて米潜「ハードヘッド」の攻撃により沈没
(英潜「タシターン」の攻撃によるとの説あり)
 除籍年月日不明
「第106号」 
1941年?スラバヤにてB型哨戒艇の一隻として起工
1942年 3月日本軍の侵攻を受けスラバヤにて爆破処分。後に日本軍が捕獲し整備を実施
      12月 5日艇名を「第106号」駆潜特務艇とし、日本海軍籍に編入
1944年 9月 2日整備完了。根拠地隊に配備される
1945年 8月15日終戦時、バタビアにて残存。オランダ軍に接収される。以降の経歴は不詳
「第107号」 
1941年?スラバヤにてB型哨戒艇の一隻として起工
1942年 3月日本軍の侵攻を受けスラバヤにて爆破処分。後に日本軍が捕獲し整備を実施
      12月 5日艇名を「第107号」駆潜特務艇とし、日本海軍籍に編入
1945年 1月10日(30日説あり)整備完了。根拠地隊に配備される
       8月15日終戦時、バタビアにて残存。オランダ軍に接収される
1947年頃接収後は1947年頃まで宿泊船として利用されていたが、以降の経歴は不詳
「第108号」 
1941年?スラバヤにてB型哨戒艇の一隻として起工
1942年 3月日本軍の侵攻を受けスラバヤにて爆破処分。後に日本軍が捕獲し整備を実施
      12月 5日艇名を「第108号」駆潜特務艇とし、日本海軍籍に編入
1944年 5月17日整備実施中だったが、英艦載機の攻撃を受け大破着底
1945年 8月15日終戦時、バタビアにて整備継続中の状態で残存。以降の経歴は不詳
「第114号」 
1941年?スラバヤにてB型哨戒艇の一隻として起工
1942年 3月日本軍の侵攻を受けスラバヤにて爆破処分。後に日本軍が捕獲し整備を実施
1943年 4月 1日(11月30日説あり)艇名を「第114号」駆潜特務艇とし、日本海軍籍に編入
1944年 6月23日整備完了。根拠地隊に配備される
1945年 4月15日スラバヤ沖にて米潜「ホークビル」の攻撃により大破
(英潜「スタイジャン」の攻撃によるとの説あり)
1945年 8月15日終戦時、スラバヤにて大破状態でオランダ軍に接収される。以降の経歴は不詳
「第115号」 
1941年?スラバヤにてB型哨戒艇の一隻として起工
1942年 3月日本軍の侵攻を受けスラバヤにて爆破処分。後に日本軍が捕獲し整備を実施
1943年 4月 1日(6月下旬説等あり)艇名を「第115号」駆潜特務艇とし、日本海軍籍に編入
1944年 9月 2日整備完了。根拠地隊に配備される
1945年 8月15日終戦時、スラバヤにて残存。オランダ軍に接収される
 戦後、しばらくの間スラバヤ〜マドゥラ島間で連絡船として使用されていたが、
その後の経歴は不詳


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,18