熱海型 砲艦

"Atami" Class GunBoats


熱海
砲艦「熱海」(1929年)
スペックデータ
排水量:(公)223t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×2基 燃料搭載量:石炭 31t
        重油 26t
全長:45.30m
全幅:6.79m 主機:直立型往復動蒸気機関(2気筒2段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:1.13m
出力:1,300hp
武装:
40口径7.6cm単装高角砲1基、機銃5丁
最大速力:16.8kt
航続距離:10ktで1,000浬
乗員定数:54名

同型艦名(2隻)
熱海"Atami"二見"Hutami"

熱海型砲艦について
 大正期に就役した「勢多」型が度重なる改造・改装などにより排水量が増加し吃水が増大し、水深の浅い河川上流の警備に支障が出てきたため新たに建造された小型砲艦。
 河川用砲艦としては初めて内地で竣工させ大陸へ自力回航した砲艦でもある。そのため従前の小型砲艦とは異なり、艦主部分に短い船首楼甲板があり通信設備や居住性も改善されている。
 日華事変以降大陸方面での警備活動に従事しており、終戦後は中華民国に接収されている。

熱海型砲艦の歴史
「熱海」「熱海」=静岡県の地名から取った名称。温泉が出る観光保養地として有名
1928年11月 6日三井玉野造船所にて起工
1929年 3月30日進水
       6月30日竣工。二等砲艦に類別
1931年 6月 1日等級廃止により砲艦へ類別
1932年第一次上海事変では上海方面の警備に従事
1938年日華事変に参加。上海上陸作戦などに参加
1941年12月〜太平洋戦争に参加。長江方面の警備任務などに従事
1945年 8月15日上海にて航行不能の状態で終戦を迎える
       9月30日除籍
後に中華民国に接収され、国府軍軍艦「永平」(ユン・ピン)[Yung-Ping]と命名される
1949年11月29日中共軍へ投降。人民軍海軍編入後、艦名を「烏江」(ウー・ジァン)[Wu-Jian]と改名
1960年代退役
「二見」「二見」=三重県二見町にある名勝二見浦から取った名称。現在は伊勢志摩
国定公園の一部で、毎年元旦に参拝者で賑わう夫婦岩があることで有名
1929年 6月25日藤永田造船所にて起工
      11月20日進水
1930年 2月28日竣工。二等砲艦に類別
1931年 6月 1日等級廃止により砲艦へ類別
1932年第一次上海事変では上海方面の警備に従事
1938年日華事変に参加。上海上陸作戦などに参加
1941年12月〜太平洋戦争に参加。長江方面の警備任務などに従事
1945年 8月15日上海にて航行不能の状態で終戦を迎える
       9月30日除籍
後に中華民国に接収され、国府軍軍艦「永安」(ユン・アン)[Yung-An]と命名される
1949年11月29日中共軍へ投降。人民軍海軍編入後、艦名を「珠江」(チュー・ジァン)[Zhu-Jian]と改名
1960年代退役


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,12(First Up 1999,08,27)