水上機母艦 秋津洲(2代)

Seaplane Tender "Akitusima(2)"


秋津洲
水上機(飛行艇)母艦「秋津洲」(1942年)
スペックデータ
排水量:(公)5,000t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 455t
全長:(水)113.0m
全幅:15.8m 主機:艦本式22号10型ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:5.40m
出力:8,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、25mm連装機銃2基、
碇泊時には大型飛行艇1機を後甲板に搭載可能
最大速力:19.0kt
航続距離:14ktで8,000浬
乗員定数:545名

同型艦名(1隻+建造中止1隻)
秋津洲(2代)"Akitusima(2)"千早(3代)"Tihaya(3)"(建造中止)

水上機母艦 秋津洲(2代)について
 昭和14年度の軍備充実計画で建造された艦で、水上機母艦の艦種に分類されていたが他の水上機母艦のように水上偵察機を搭載・運用するのでは無く、大型飛行艇への補給整備任務に従事する艦である。
 日本海軍が誇る大型飛行艇(九七式飛行艇二式飛行艇)を甲板上に引き上げ補修や補給を行い、また飛行士達の長距離長時間に渡る任務の疲れを癒すための休養施設を装備している。
 当初は艦後部からスロープを使って飛行艇を引き上げる計画であったが、この方法は不可能であることが判明したため、艦後部に35t電動クレーンを搭載し甲板へ飛行艇をつり上げる方式に改められた。したがって全長113メートルの船体に高さ30メートルもあるクレーンが搭載されることになり、異様なシルエットとなってしまっている。また、船幅が16メートル弱の船に全幅40メートル近い飛行艇を搭載するため、飛行艇の主翼はほとんどが海上へはみ出し、飛行艇を搭載したままの航行は不可能であった。
 当艦は補修や補給・保養などに従事するといった艦の特性から、水上機母艦としてだけでなく基地設営や輸送任務・工作艦としての任務などにも従事していた。

水上機母艦 秋津洲(2代)の歴史
「秋津洲」「秋津洲」=日本の古名。「あきつ」はトンボの意味がある
1940年10月神戸川崎造船所にて起工
1941年 7月進水
1942年 4月29日竣工
       5月〜第11航空艦隊に編入されラバウルへ進出
       8月〜ショートランドを基地にソロモン方面で作戦行動
ガダルカナル作戦で不時着水した搭乗員の救助などにも従事
1943年 6月末〜横須賀〜北千島間の輸送任務に従事。キスカ撤収作戦に参加
1944年 2月17日トラック島に停泊中、敵機の爆撃を受け中破
       4月横須賀にて損傷箇所の修理をおこなう
       8月呉にて工作艦設備の設置工事を実施
       9月 5日〜フィリピン方面進出のため、佐世保を出港
       9月24日フィリピン・コロン島にて米軍機の攻撃を受け沈没
      11月10日除籍
「千早」(3代)「千早」=和歌で「神」「社」「人」などにかかる枕詞「ちはやぶる」から取った名称
語源は「いちはやふる」で、勢いが強く勇猛な様を指す
1942年 7月25日神戸川崎造船所にて起工
 起工直後に建造中止となり、後に解体された


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,11(First Up 1999,08,10)