浦風(初代)型 駆逐艦

"Urakaze(1)" Class Destroyers


浦風
駆逐艦「浦風」(1918年頃)
スペックデータ
排水量:(常)907t ボイラー:ヤーロー罐・重油専焼×3基 燃料搭載量:重油 170t
全長:83.9m
全幅:8.41m 主機:ブラウン・カーチス式直結型タービン×2基、2軸推進
吃水:2.44m
出力:22,000hp
武装:
40口径12cm単装砲1基、40口径7.6cm単装砲4基、
53cm魚雷連装発射管2基4門
最大速力:30.0kt
航続距離:15ktで1800浬
乗員定数:115名

同型艦名(2隻)
浦風(初代)"Urakaze(1)"江風(初代)"Kawakaze(1)"

浦風(初代)型駆逐艦について
 1911年(明治44年)度に建造が計画された大型駆逐艦で、日本海軍の駆逐艦としては初めて53センチ魚雷を装備していた。なお大型駆逐艦の技術習得のためイギリスのヤーロー社に発注建造されており、本クラスが日本海軍最後の海外発注された駆逐艦となった。
 「浦風」は巡航用機関としてディーゼルエンジンを併用する予定であったが、第一次大戦勃発によりドイツ・フルカン社製機器(厳密には巡航用の減速ギア装置)の入手が不可能となったためタービン機関のみが装備されている。
 また「江風」は建造途中に第一次世界大戦で駆逐艦が不足していたイタリア海軍へ売却されたので日本海軍で活躍することは無かったが、「江風」の名はイタリア海軍が支払った代金で建造された別の駆逐艦(「江風」型一番艦)に引き継がれている。

浦風(初代)型駆逐艦の歴史
「浦風」(初代)「浦風」=浦(海辺)を吹く風を指す
1913年10月 1日イギリスのヤーロー社にて起工
1915年 2月16日進水
       9月14日竣工
1918年 8月〜国内にて巡航タービンの設置工事を実施(同年10月完了)
 大陸沿岸部の警備活動などに従事
1936年 7月 1日除籍。横須賀海兵団で練習船として使用
1940年 4月 1日艦名を「廃駆第18号」と改称
1945年 7月18日米艦載機の空襲により被弾着底
1948年解体処分
「江風」(初代)「江風」=川を吹き渡る風や川から吹いてくる風を指す
1913年10月 1日イギリスのヤーロー社にて起工
1916年 8月 7日建造中にイタリア海軍に売却される
       9月27日進水。イタリア海軍駆逐艦「オーダチェ」と命名
      12月23日竣工
 以降の艦歴については伊海軍水雷艇「オーダチェ」の項を参照


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,19(First Up 1998,08,14)