海風(初代)型 駆逐艦

"Umikaze(1)" Class Destroyers


山風
一等駆逐艦「山風」(1920年前後)
スペックデータ(速力は計画値)
排水量:(常)1,150t ボイラー:イ号艦本式罐・重油専焼×2基
   イ号艦本式罐・石炭重油混焼×6基
燃料搭載量:石炭 165t
        重油 218t
全長:94.49m
全幅:8.56m 主機:パーソンス式直結型タービン×1基、3軸推進
吃水:2.74m
出力:20,500hp
武装:
40口径12cm単装砲2基、40口径7.6cm単装砲5基、
45cm魚雷単装発射管3基3門(後に連装2基4門に変更)
最大速力:33.0kt
航続距離:15ktで2700浬
乗員定数:141名

同型艦名(2隻)
海風(初代)"Umikaze(1)"山風(初代)"Yamakaze(1)"

海風(初代)型駆逐艦について
 列強各国海軍の主力艦がド級艦化するに従って、補助艦艇である駆逐艦も大型化する傾向にあった。そこで日本海軍も英国海軍の大型駆逐艦「トライバル」型(第二次大戦で使用された同名クラスの艦では無く、1905〜7年に計画されたもので”F”型とも呼ばれている)を参考にした大型駆逐艦を調達することとし、建造されたのが「海風」型である。
 「海風」型は従来の排水量400トンほどの小型艦から一躍1,000トンを超える大型駆逐艦へと進化しており、航行性が向上し外洋でも自由に活動できるようになっている。また日本海軍駆逐艦として初めてタービン機関を搭載し33ノットという高速を発揮することもできた。
 このように非の打ち所のない性能をしめした「海風」型であったが、当時の日本海軍は大型駆逐艦を量産する予算に乏しかったので、あくまで駆逐艦の大型化・機関のタービン化の試験艦として二隻が建造されたにすぎなかったが、当時列強各国でも1,000トンを超える大型の駆逐艦は珍しく、数は少ないながらも日本海軍を代表する駆逐艦となったのである。
 ちなみに、計画では「山風」の方が先(1904年度戦時緊急計画)に建造が決定されていたが、「海風」(1907年艦艇補充計画)の方が先に着工・竣工したため、当クラスのネームシップは「海風」とされている。

海風(初代)型駆逐艦の歴史
「海風」(初代)「海風」=海から吹く風や海の風を指す
1911年 9月28日舞鶴工廠で竣工
1912年 8月28日一等駆逐艦に類別
1914年第一南遣艦隊に所属し第一次大戦に参加。南洋方面にて行動
1930年 6月 1日掃海艇に類別。「第7掃海艇」(2代)と改名
1936年 4月 1日除籍
「山風」(初代)「山風」=山から吹く風や山の中を吹く風を指す
1911年10月21日三菱長崎造船所で竣工
1912年 8月28日一等駆逐艦に類別
1914年第一南遣艦隊に所属し第一次大戦に参加。南洋方面にて行動
1930年 6月 1日掃海艇に類別。「第8掃海艇」(2代)と改名
1936年 4月 1日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,16(First Up 1998,08,08)