白雲(初代)型 駆逐艦

"Sirakumo(1)" Class Destroyers


朝潮
駆逐艦「朝潮」(1902年頃)
スペックデータ
排水量:(常)332t ボイラー:ソーニクロフト罐・石炭専焼×4基 燃料搭載量:石炭 95t
全長:65.89m
全幅:6.34m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:1.83m
出力:7,000hp
武装:
40口径7.6cm単装砲×2基、40口径5.7cm単装砲4基、
45cm魚雷単装発射管2基2門
最大速力:31.0kt
航続距離:不明
乗員定数:62名

同型艦名(2隻)
白雲(初代)"Sirakumo(1)"朝潮(初代)"Asasio(1)"

駆逐艦 白雲(初代)型について
 「暁」型と同じく、明治30年度(1897年度)の第二期拡張計画で建造された駆逐艦で、こちらはイギリスのソーニクロフト社に発注されたもの。
 前年度の第一期拡張計画で建造されたソーニクロフト社製の「東雲」型より機関が強化され、船体もソーニクロフト社が示した改良設計となっていたが、搭載兵装は「東雲」型と同じであった。なお缶数が増えたため同じソーニクロフト社製の「東雲」型では二本だった煙突は、ヤーロー社製の艦と同様の四本に変更されている。
 日露戦争や第一次大戦で活躍した後、他の同時期に建造された駆逐艦達と同様、大正期に廃船となっている。

駆逐艦 白雲(初代)の歴史
「白雲」(初代)「白雲」=文字どおり白い雲を指す
1902年 2月13日イギリスのソーニクロフト社にて竣工。同年2月27日日本へ回航のため出発
       5月30日呉に到着
1904年第一艦隊に所属し日露戦争に参加
       2月 9日旅順港閉塞作戦に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1914年第二艦隊に所属し第一次大戦に参加。膠州湾封鎖作戦に従事
1922年 4月 1日特務艇(掃海艇)に類別
1923年 4月 1日除籍。雑役船となる
1925年 7月21日豊後水道姫島西方にて標的艦として使用され沈没
「朝潮」(初代)「朝潮」=朝にさしてくる潮を指す言葉
1902年 5月 4日イギリスのソーニクロフト社にて竣工。同年7月7日日本へ回航のため出発
      11月20日横須賀に到着
1904年第一艦隊に所属し日露戦争に参加
       2月 9日旅順港閉塞作戦に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1914年第二艦隊に所属し第一次大戦に参加。膠州湾封鎖作戦に従事
1922年 4月 1日特務艇(掃海艇)に類別
1923年 4月 1日除籍。雑役船となる
1925年 5月 2日廃船。翌年売却


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,15(First Up1998,07,11)