駆逐艦 島風(2代)

Destroyer "Simakaze(2)"


島風
駆逐艦「島風」(1943年:公試中の姿)
スペックデータ
排水量:(公)3,048t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×3基 燃料搭載量:重油 635t
全長:120.5m
全幅:11.2m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:4.14m
出力:75,000hp
武装:
50口径12.7cm連装砲3基、25mm連装機銃2基、
13mm連装機銃1基、61cm魚雷5連装発射管3基15門
最大速力:39.0kt
航続距離:18ktで6000浬
乗員定数:263名

同型艦名(1隻)
島風(2代)"Simakaze(2)"

駆逐艦 島風(2代)について
 日本海軍が建造する駆逐艦は年々速力が低下していた。これは速力を犠牲にしても航続力を優先させた結果である。しかし一方で米海軍の駆逐艦は最高速力が37ノットを超え、戦艦も30ノットという高速を発揮するようになっており、これらの速力性能の差を縮めるためにも高速駆逐艦の開発が要求された。そこで第4次補充計画(マル4計画)で建造が予定されている駆逐艦のうち、一隻を高速駆逐艦の試作艦として建造することになった。それがこの「島風」である。名前の由来は、初代「島風」が日本で初めて40ノットを超える高速を発揮したことから、それにあやかって付けられた物である。
 この「島風」は基本的に「夕雲」型駆逐艦の設計に準じていたが、高速を発揮するために船体の形状はだいぶ異なった物となっている。ボイラーには高温高圧式の試作型を使用しており、七万馬力を超える出力を発揮した(これは「大和」型戦艦の排水量の二十分の一以下しかない当艦が、「大和」型の半分もの出力を発揮することになる)。過負荷全力公試(搭載量2分の1)では40.9ノットという高速を発揮し、高速発揮型の駆逐艦として一応の成功を収めている。
 主砲は甲型駆逐艦(「陽炎」型や「夕雲」型)と同等の数であったが、雷撃兵装は五連装発射管(三基十五門)と倍ちかい数を搭載しており、特に水雷戦を重視していることが判る(ただし次発装填装置が無いため、搭載魚雷の数は甲型駆逐艦と同等であった)。
 しかし、戦局の悪化や戦術の変化から第5次補充計画で予定されていた量産化は行われなかったため同型艦は無い。
 日本海軍随一の高速力を誇る当艦であったが、最期はオルモック湾という狭い海域で多数の敵機に追い詰められ戦没してしまっている。

駆逐艦 島風(2代)の歴史
「島風」(2代)「島風」=島から吹く風、または島へ吹く風を指す。
1941年 8月 8日舞鶴工廠にて起工
1942年 7月18日進水
1943年 5月10日竣工
       7月29日キスカ島撤収作戦に参加
       9月〜各種護衛任務に従事
1944年 6月戦艦「大和」「武蔵」の直衛としてマリアナ海戦に参加
      10月25日比島沖海戦に参加。戦闘中に「秋霜」と衝突し損傷を負う
      11月 4日戦没した「能代」に代わり第二水雷戦隊旗艦となる
      11月11日輸送作戦護衛中にオルモック湾にて米軍機の攻撃を受け沈没
1945年 1月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,05(First Up 1999,05,02)