櫻(初代)型 駆逐艦

"Sakura(1)" Class Destroyers


櫻
駆逐艦「櫻」(1918年)
スペックデータ
排水量:(常)600t ボイラー:イ号艦本式罐・石炭重油混焼×5基 燃料搭載量:石炭 128t
        重油  80t
全長:79.25m
全幅:7.32m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×3基、3軸推進
吃水:2.21m
出力:9,500hp
武装:
40口径12cm単装砲1基、40口径7.6cm単装砲4基、
45cm魚雷連装発射管2基4門
最大速力:30.0kt
航続距離:15ktで2400浬
乗員定数:94名

同型艦名(2隻)
櫻(初代)"Sakura(1)"橘(初代)"Tatibana(1)"

櫻(初代)型駆逐艦について
 1907年(明治40年)度に一等駆逐艦「海風」型の建造を計画した日本海軍であったが、大型の駆逐艦を多数建造するには予算が不足したため、同時に小型の駆逐艦も建造することにした。当初は「春雨」型と同程度のサイズの艦を三隻建造する予定であったが、運用を考えると船体は大きい方が有利だとされたため、若干大型化した艦二隻の建造に変更されている。これにより建造されたのが当「櫻」型である。
 「櫻」型は英国式設計の艦であったが、備砲・発射管とも英国駆逐艦より強力なものを装備しており、排水量が増加したので計画速力より1ノット遅くなっている。
 従来の駆逐艦よりは大型化したものの航洋性は三等駆逐艦同様に低く、本格的な艦隊随伴用二等駆逐艦の登場は「樅」型以降となった。また建造費が比較的安い二等駆逐艦といえども予算の関係から二隻しか建造できず、プロトタイプ的な意味合いも強かったので以降に姉妹艦も建造されなかった。しかし、従来の三等駆逐艦では航続距離が短く海外展開が困難だったこともあって、当クラスは第一次大戦序盤の日本海軍駆逐艦戦力の中心だった。

櫻(初代)型駆逐艦の歴史
「櫻」(初代)「櫻」=バラ科の落葉高木。日本の国花でもあり
春には枝一面に花を付ける
1912年 5月21日舞鶴工廠にて竣工
1923年12月第21駆逐隊に所属し、旅順方面の警備活動に従事
1932年 4月 1日除籍
「橘」(初代)「橘」=食用柑橘類の総称。古語
1912年 6月25日舞鶴工廠にて竣工
1923年12月第21駆逐隊に所属し、旅順方面の警備活動に従事
1932年 4月 1日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,19(First Up 1998,08,12)