野風型 駆逐艦

"Nokaze" Class Destroyers


野風
駆逐艦「野風」(1922年)
スペックデータ
排水量:(常)1,345t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 395t
全長:97.54m
全幅:8.92m 主機:三菱・パーソンス式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.90m
出力:38,500hp
武装:
45口径12cm単装砲4基、6.5mm単装機銃2基、
53cm魚雷連装発射管3基6門、1号機雷16個
最大速力:39.0kt
航続距離:14ktで3600浬
乗員定数:154名

同型艦名(3隻)
野風"Nokaze"波風"Namikaze"沼風"Numakaze"

野風型駆逐艦について
 この「野風」型は「峯風」型駆逐艦の改良型として建造された。艦形はほぼ同様であるが、運用実績から砲と魚雷発射管の位置が変更されている。それに伴って後部鐘楼などの配置も若干変更され、「峯風」型では離れていた三番・四番砲塔および二番・三番発射管が近接して配置されている。これにより艦後部の砲戦・魚雷戦指揮が行いやすくなっている。この兵装配置は以降に建造された「神風」(2代)型駆逐艦へと引き継がれた。
 「峯風」型と同様、1930年代から終戦まで前線で活動しており、終戦まで生き残っていた「波風」以外の艦は戦没している。
 なお当型は資料によっては改「峯風」型(「峯風」型の準同型艦)として分類されているものもある。

野風型駆逐艦の歴史
「野風」「野風」=野に吹く風を指す
1921年 4月16日舞鶴工廠にて起工
      10月 1日進水
1922年 3月31日竣工
1928年〜第一駆逐隊に所属し、北方警備に従事
1938年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。主に北方海域で作戦に従事
1942年 6月アリューシャン攻略作戦に参加
1943年 7月キスカ撤収作戦に従事
1945年 2月20日南シナ海で米潜水艦「パーゴ」の雷撃を受け沈没
       4月10日除籍
「波風」「波風」=風が強く吹いて波を立てる様を指す
1921年11月 7日舞鶴工廠にて起工
1922年 6月24日進水
      11月11日竣工
1928年〜第一駆逐隊に所属し、北方警備に従事
1938年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。主に北方海域で作戦に従事
1942年 6月アリューシャン攻略作戦に参加
1943年 7月キスカ撤収作戦に従事
1944年 9月 8日小樽〜北千島間の船団護衛中に米潜「シール」の雷撃を受け大破、
曳航され舞鶴へ回航。修理の際に「回天」搭載艦として改造(翌年2月工事完了)
1945年 6月〜宇部(山口県)沖にて米軍が投下敷設した機雷の監視任務に従事
       8月呉にて終戦を迎える
      10月 5日除籍
      12月特定輸送艦に指定され、復員輸送に従事
1947年10月戦時賠償艦として中国へ引き渡され、中華民国軍艦「瀋陽」[Shen-Yang]となる
1960年中華民国海軍退役。後に解体処分
「沼風」「沼風」=沼に吹く風を指す
1921年 8月10日舞鶴工廠にて起工
1922年 2月25日進水
       7月24日竣工
1928年〜第一駆逐隊に所属し、北方警備に従事
1938年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。主に北方海域で作戦に従事
1942年 6月アリューシャン攻略作戦に参加
1943年 6月 6日アリューシャン方面にて対潜作戦中に駆逐艦「白雲」と接触、小破
      12月18日沖縄近海にて米潜水艦「グレイバック」の雷撃を受け沈没。後に除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,23(First Up 1998,09,06)