楢(初代)型 駆逐艦

"Nara(1)" Class Destroyers


椿
駆逐艦「椿」(1918年頃)

駆逐艦「楢」(1918年)
スペックデータ
排水量:(常)850t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×2基
   ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×2基
燃料搭載量:石炭  98t
        重油 212t
全長:83.82m
全幅:7.74m 主機:ブラウン・カーチス式直結型タービン×2基、2軸推進
吃水:2.36m
出力:17,500hp
武装:
45口径12cm単装砲3基、6.5mm単装機銃2基、
45cm魚雷3連装発射管2基6門
最大速力:31.5kt
航続距離:14ktで3000浬
乗員定数:112名

同型艦名(6隻)
楢(初代)"Nara(1)"桑(初代)"Kuwa(1)"椿(初代)"Tsubaki(1)"
槇(初代)"Maki(1)"欅(初代)"Keyaki(1)"榎(初代)"Enoki(1)"

楢(初代)型駆逐艦について
 先に建造された二等駆逐艦「桃」型が第一次世界大戦のため欧州に派遣されてしまったので、本土防衛の必要性から急遽建造された艦が当「楢」型である。基本的には「桃」型と同型であるが、搭載砲を一部減らすことにより航海性を高めているほか、排水量増加のバランスをとるため船幅が若干拡大されている。
 吃水が浅かったことから北支や中支の大河河口付近での行動に支障がないとして、大正末期から昭和初期にかけて中国沿岸部警備に派遣されているが、主兵装が貧弱だったことや、凌波性や航続力が不足していたことから艦隊駆逐艦として、外洋での役割は果たせないと判断され、大きな軍事行動に参加する事はなく全艦が太平洋戦争開戦前に除籍・廃船されている。

駆逐艦 楢(初代)型の歴史
「楢」(初代)「楢」=ブナ科の落葉樹。木材は薪炭に使用され、樹皮は染料となる
1918年 4月30日横須賀工廠にて竣工
1930年 6月 1日掃海艇に類別変更。「第9号掃海艇」(2代)と改名
1936年 4月 1日雑役船に類別変更。再び「楢」に改名
1940年11月15日除籍
「桑」(初代)「桑」=クワ科の落葉樹の総称。葉は蚕の飼料となり、実は食用となる
1918年 3月31日呉工廠にて竣工
1933年 9月 1日除籍。横須賀航空隊の練習標的として使用される
1936年 8月15日台風のため損傷沈没。後に解体処分される
「椿」(初代)「椿」=ツバキ科の常緑樹。温暖な地方に生息し木材は工芸用となる
1918年 4月30日呉工廠にて竣工
1928年山東出兵に際し青島方面・渤海湾の警備活動に従事
1935年 4月 1日除籍
1940年 4月 1日「廃駆第22号」と改名。海軍工機学校の教材として使用される
1945年終戦時には、呉の浮き防波堤として残存していた
「槇」(初代)「槇」=杉や檜の古名であるが、マキ科の常緑樹を指す場合もある
1918年 4月 7日佐世保工廠にて竣工
1928年山東出兵に際し青島方面・渤海湾の警備活動に従事
1934年 4月 1日除籍
1936年 5月 6日海軍工機学校の教材に指定される
「欅」(初代)「欅」=ニレ科の落葉樹。木材は堅く狂いが少ないので建築用装飾材として使用される
1918年 4月20日佐世保工廠にて竣工
 艦隊任務・警備任務等に従事
1934年 4月 1日除籍
「榎」(初代)「榎」=ニレ科の落葉樹。木材は薪炭に使用する
1918年 4月30日舞鶴工廠にて竣工
1930年 6月 1日掃海艇に類別変更。「第10号掃海艇」(2代)と改名
1936年 6月 1日雑役船に類別変更。「麗女」(うるめ)と改名
1940年除籍。呉工廠魚雷実験部の防波堤として使用される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,22(First Up 1998,09,06)