睦月型 駆逐艦

"Mutuki" Class Destroyers


第19号駆逐艦
「第十九号駆逐艦」(1928年/後に「睦月」と改名)
如月
駆逐艦「如月」(1935年頃)
スペックデータ
排水量:(常)1,445t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 422t
全長:97.54m
全幅:9.16m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
 (「弥生」はMVラトー式オールギヤードタービン×2基)
 (「長月」は石川島・ツェリー式オールギヤードタービン×2基)
吃水:2.96m
出力:38,500hp
最大速力:37.25kt
武装:
45口径12cm単装砲4基、7.7mm単装機銃2基、
61cm魚雷3連装発射管2基6門、1号機雷16個
航続距離:14ktで4000浬
乗員定数:154名

同型艦名
睦月"Mutuki"如月(2代)"Kisaragi(2)"弥生(2代)"Yayoi(2)"
卯月(2代)"Uzuki(2)"皐月(2代)"Satuki(2)"水無月(2代)"Minazuki(2)"
文月(2代)"Humizuki(2)"長月(2代)"Nagatuki(2)"菊月(2代)"Kikuzuki(2)"
三日月(2代)"Mikazuki(2)"望月"Motizuki"夕月"Yuuzuki"[Yûzuki]

駆逐艦 睦月型について
 「峯風」型以降、駆逐艦を大量に建造した日本海軍は、今後も八八艦隊計画により駆逐艦の数が増大していくと艦名に困るのではないかと考え、「神風」型以降に建造される駆逐艦には番号で艦名を付けることにした。そこで一等駆逐艦には奇数番号を二等駆逐艦には偶数番号を付けること(一部に例外あり)として、「神風」型には「第一号駆逐艦」から「第十七号駆逐艦」まで、「若竹」型には「第二号駆逐艦」から「第十八号駆逐艦」のように番号を振って命名した。
 続いて建造された一等駆逐艦であるこの「睦月」型も竣工当初は番号で命名されていたが、ワシントン海軍条約により八八艦隊計画が中止され、ロンドン条約で駆逐艦の保有数も制限されたために、あえて番号で命名する必要が無くなったので昭和3年(1928年)8月1日付で固有名詞の艦名に改名されている。
 「睦月」型は基本的に「神風」型の改良型であるが、搭載魚雷直径が53センチから61センチに大型化するなど兵装が強化されており、また発射管数と同数の予備魚雷を搭載するようになったので補給を受けることなく再雷撃が可能となっている。
 なお1935年頃までに上部建造物の装甲を強化する工事が行われたが、艦の安定性が低下し第四艦隊事件において「睦月」「菊月」が艦橋圧壊という被害を出したために改善工事が再度行われ、排水量が増加し速力が33.5ノットまで低下している。また太平洋戦争中には一部の艦で四番砲塔を撤去して替わりに25ミリ三連装機銃を搭載する対空兵装強化が行われた。
 当クラスは太平洋戦争開戦時には、すでに時代遅れの艦になりつつあったが、同様に老朽化・陳腐化していた「峯風」型や「神風」型が船団護衛などの二線級任務に従事したのとは異なり、艦隊駆逐艦として第一線任務に従事している。そのためか、ごくわずかでも終戦まで生き残った艦があった「峯風」型や「神風」型と違い、当クラスは全艦が戦没してしまっている。特に「如月」はウェーキ島攻略作戦時に敵機の攻撃を受け、搭載していた魚雷(機雷?)の誘爆により沈没しており、「疾風」に続いて太平洋戦争における二番目の戦没水上艦艇となっている。

睦月型駆逐艦の歴史
「睦月」「睦月」=陰暦正月の雅称
1924年 5月21日佐世保工廠にて「第十九号駆逐艦」として起工
1925年 7月23日進水
1926年 3月25日竣工
1928年 8月 1日艦名を「睦月」と改名
1935年 9月26日演習中、荒天のため艦橋圧壊の被害を受ける(第四艦隊事件)
1937年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。ウェーキ攻略、ラバウル攻略、ポートモレスビー攻略などに参加
1942年 8月25日第二次ソロモン海戦にて米軍機の攻撃を受け沈没
      10月 1日除籍
「如月」(2代)「如月」=陰暦二月の雅称
1924年 6月 3日舞鶴工廠にて「第二十一号駆逐艦」として起工
1925年 6月 5日進水
      12月21日竣工
1928年 8月 1日艦名を「如月」と改名
1937年日中戦争に際し、東シナ海などで作戦に従事
1941年12月11日太平洋戦争に参加。ウェーキ島攻略作戦にて米軍機の攻撃を受け沈没
1942年 1月15日除籍
「弥生」(2代)「弥生」=陰暦三月の雅称
1924年 1月11日浦賀船渠にて「第二十三号駆逐艦」として起工
1925年 7月11日進水
1926年 8月28日竣工
1928年 8月 1日艦名を「弥生」と改名
1937年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。ウェーキ攻略作戦にて敵の砲撃を受け損傷
1942年 9月11日ラビ攻略作戦に従事中、ニューギニア島沖で連合軍機の攻撃を受け沈没
      10月20日除籍
「卯月」(2代)「卯月」=陰暦四月の雅称
1924年 1月11日石川島造船所にて「第二十五号駆逐艦」として起工
1925年10月15日進水
1926年 9月14日竣工
1928年 8月 1日艦名を「卯月」と改名
1937年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。ウェーキ攻略、ラバウル攻略、ツラギ攻略などに参加
1942年 8月25日第二次ソロモン海戦にて損傷。内地で12月まで修理を行う
      12月25日コロンバンガラ輸送作戦中に輸送船「南海丸」と衝突、損傷を受ける
1943年 7月本土へ帰還。佐世保工廠にて修理を実施(同年10月完了)
      11月 2日輸送任務中に米艦隊と遭遇、戦闘を行う(ブーゲンビル島沖海戦)
      11月25日ブカ島沖で米駆逐艦隊に襲撃され、中破(セントジョージ岬沖海戦)
1944年 3月〜内海洋などでの輸送作戦、マリアナ方面への船団護衛などに従事
       6月19日マリアナ沖海戦に参加
      12月12日オロモック湾にて米魚雷艇の雷撃を受け沈没
1945年 1月10日除籍
「皐月」(2代)「皐月」=陰暦五月の雅称
1923年12月 1日藤永田造船所にて「第二十七号駆逐艦」として起工
1925年 3月25日進水
      11月15日竣工
1928年 8月 1日艦名を「皐月」と改名
1941年12月太平洋戦争に参加。フィリピン攻略、ジャワ攻略、バタビア沖海戦などに参加
1943年ガダルカナル撤収作戦に従事。
イサベル島沖海戦、クラ湾夜戦、コロンバンガラ島沖夜戦に参加
1944年南洋方面にて輸送任務、護衛任務などに従事
       9月21日マニラ湾にて米軍機の攻撃を受け沈没
      11月10日除籍
「水無月」(2代)「水無月」=陰暦六月の雅称
1925年 3月24日浦賀船渠にて「第二十八号駆逐艦」として起工
1926年 5月25日進水
1927年 3月22日竣工
1928年 8月 1日艦名を「水無月」と改名
1941年12月太平洋戦争に参加。フィリピン攻略、ジャワ攻略、バタビア沖海戦などに参加
1943年ガダルカナル撤収作戦に従事。
イサベル島沖海戦、クラ湾夜戦、コロンバンガラ島沖夜戦に参加
       7月20日ショートランドにて敵機の爆撃を受け損傷を負う
1944年南洋方面にて船団護衛などに従事
       6月 6日ダバオ近海で米潜水艦「ハーダー」の雷撃を受け沈没
       8月10日除籍
「文月」(2代)「文月」=陰暦七月の雅称
1924年10月20日藤永田造船所にて「第二十九号駆逐艦」として起工
1926年 2月16日進水
1926年 7月 3日竣工
1928年 8月 1日艦名を「文月」と改名
1941年12月太平洋戦争に参加。フィリピン攻略、ジャワ攻略、バタビア沖海戦などに参加
1942年 9月16日輸送船「勝鬨丸」と衝突大破。12月まで修理を行う
1943年ガダルカナル撤収作戦に従事
その後はソロモン方面の輸送任務などに従事
      10月31日ブーゲンビル島沖海戦に参加
1944年 1月30日ラバウルにて敵機の爆撃を受け損傷を負う。修理のためトラックへ撤退
       2月18日トラック島にて米軍艦載機の爆撃を受け沈没
       3月31日除籍
「長月」(2代)「長月」=陰暦九月の雅称
1925年 4月16日石川島造船所にて「第三十号駆逐艦」として起工
1926年10月 6日進水
1927年 4月30日竣工
1928年 8月 1日艦名を「長月」と改名
1937年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。フィリピン攻略、ジャワ攻略、バタビア沖海戦などに参加
1943年 1月〜ガダルカナル撤収作戦に参加。南洋方面にて輸送任務などに従事
       7月 6日クラ湾夜戦攻撃中に座礁、大破。翌日放棄される
      11月 1日除籍
「菊月」(2代)「菊月」=陰暦十月の雅称。陰暦九月を指すこともある
1925年 6月15日舞鶴工廠にて「第三十一号駆逐艦」として起工
1926年 5月15日進水
      11月20日竣工
1928年 8月 1日艦名を「菊月」と改名
1937年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。ウェーキ攻略、ラバウル攻略、ツラギ攻略などに参加
1942年 5月 4日ツラギ攻略戦にて米軍機の攻撃を受け大破、擱座。船体放棄の後、沈没
       5月25日除籍
「三日月」(2代)「三日月」=欠けた月。月齢3日頃のためこの名がある
1925年 8月21日佐世保工廠にて「第三十二号駆逐艦」として起工
1926年 7月12日進水
1927年 5月 7日竣工
1928年 8月 1日艦名を「三日月」と改名
1941年12月太平洋戦争に参加。第三航空戦隊に所属し空母「鳳翔」「瑞鳳」の直衛に従事
1942年ミッドウェー作戦に参加。その後船団護衛任務に従事
1943年クラ湾夜戦、コロンバンガラ島沖海戦などに参加
       7月27日グロスター岬沖にて座礁。船体に多大な損傷を負う
       7月28日座礁地点にて米軍機の攻撃を受け沈没
      10月15日除籍
「望月」「望月」=十五夜の月(満月)を指す
1926年 3月23日浦賀船渠にて「第三十三号駆逐艦」として起工
1927年 4月28日進水
      10月31日竣工
1928年 8月 1日艦名を「望月」と改名
1937年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。ウェーキ攻略、ラバウル攻略、ポートモレスビー攻略などに参加
1942年12月19日フィンシュ(パプアニューギニア)への陸戦隊揚陸任務の帰途、米軍機の爆撃を受ける
1943年南洋方面での輸送任務などに従事。ガダルカナル撤収作戦、クラ湾夜戦に参加
      10月24日ニューブリテン島沖にて米軍機の攻撃を受け沈没
1944年 1月 5日除籍
「夕月」「夕月」=夕方に空にある月を指す
1926年11月27日藤永田造船所にて「第三十四号駆逐艦」として起工
1927年 3月 4日進水
1927年 7月25日竣工
1928年 8月 1日艦名を「夕月」と改名
1937年日中戦争に際し、華中沿岸などで作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。空母「蒼龍」「飛龍」の直衛に従事
1942年ガダルカナル砲撃、ナウル攻略などに参加
1943年内地で整備の後、南洋方面の船団護衛に従事
1944年 9月〜高雄(台湾)〜本土間の船団護衛に従事
      12月13日オルモック湾にて米軍機の攻撃を受け大破。駆逐艦「桐」の砲撃により自沈処分
1945年 1月20日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,27(First Up 1998,09,30)