松(2代)型 駆逐艦

"Matu(2)" Class Destroyers


樅
駆逐艦「樅」(1944年)
スペックデータ
排水量:(公)1,530t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 370t
全長:92.15m
全幅:9.35m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:3.30m
出力:19,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲1基、40口径12.7cm単装高角砲1基、
25mm3連装機銃4基、25mm単装機銃8基、61cm魚雷4連装発射管1基4門、
最大速力:27.8kt
航続距離:18ktで3500浬
乗員定数:211名

同型艦名(18隻)
松(2代)"Matu(2)"竹(2代)"Take(2)"梅(2代)"Ume(2)"
桃(2代)"Momo(2)"桑(2代)"Kuwa(2)"桐(2代)"Kiri(2)"
杉(2代)"Sugi(2)"槇(2代)"Maki(2)"樅(2代)"Momi(2)"
樫(2代)"Kasi(2)"榧(2代)"Kaya(2)"楢(2代)"Nara(2)"
櫻(2代)"Sakura(2)"柳(2代)"Yanagi(2)"椿(2代)"Tubaki(2)"
檜(2代)"Hinoki(2)"楓(2代)"Kaede(2)"欅(2代)"Keyaki(2)"

松(2代)型駆逐艦について
 太平洋戦争も中盤になるとガダルカナルへの輸送任務など艦隊型駆逐艦に不向きな任務もあって多数の駆逐艦が戦場へ散っていった。この損害の補充は設計が複雑で建造に時間がかかる駆逐艦(甲)だけでは間に合わず、不足した駆逐艦の補充のため急造に適した簡易設計型駆逐艦の建造することとし、昭和17年度の戦時補充計画(改マル5計画)から建造が開始された。これが「松」型である。
 船体は急造に適するように直線的なラインが多用され、特殊鋼ではなく入手の容易な高張力鋼を利用し、機関も製造の容易な水雷艇と同じ機関が搭載された。そのため鋼材の質の変更から従前の駆逐艦よりもサイズあたりの排水量は増加し、機関出力の低下から速力もダウンしている。
 しかし機関配置に日本初のシフト配置(主機関・ボイラーなどを分散して配置する方式)が採用されており、ダメージコントロールに配慮した設計もなされていたほか、これまでの戦訓を取り入れ対空兵装も従来の駆逐艦に比べ強化されている。また建造時期が新しいため、航海機器なども新しいものが採用されている。
 排水量こそ一等駆逐艦の範疇に入っていたが、安価で艦隊駆逐艦としての能力も最低限であったことから、過去に二等駆逐艦に使用されていた樹木の名前に由来する艦名がつけられ、艦隊駆逐艦の乗員達からは「雑木林」駆逐艦などと揶揄されたものの、戦時急造の駆逐艦としては充分な能力を持っており、船団護衛や輸送任務などに活躍した。
 戦争末期には一部の艦が特攻兵器「回天」を搭載できるよう改造が行われているが、どの艦に改造が施されたかの記録は残っておらず、また「回天」を実戦で使用することもなかった。

注意!「このページは同型艦が多いため年表を2ページに分けております。このページの一番下に
2ページ目へのリンクを貼ってありますので「椿」(2代)以降の艦についてはそちらをご覧ください。」
松(2代)型駆逐艦の歴史
「松」(2代)「松」=マツ科の常緑樹。古来からめでたい木として尊ばれている。
1943年 8月 8日舞鶴工廠にて起工
1944年 2月 3日進水
       4月28日竣工
       6月末〜慣熟訓練後、輸送任務や護衛任務などに従事
       8月 4日輸送船団の護衛中、父島東方にて米艦隊の攻撃を受け沈没
      10月10日除籍
「竹」(2代)「竹」=イネ科の多年生常緑木本の総称。
1943年10月15日横須賀工廠にて起工
1944年 3月28日進水
       6月16日竣工
       7月〜慣熟訓練後、船団護衛任務に従事
      11月25日護衛任務中、マリンドケ島(フィリピン)にて米軍機の攻撃を受け損傷を負う
      12月 3日オルモック湾にて米艦隊と交戦。米駆逐艦「クーパー」を撃沈する
(これが日本海軍駆逐艦の雷撃による最後の撃沈となった)
1945年 1月修理のため内地へ帰投。呉工廠にて修理を実施(完了は同年3月)
       4月「回天」搭載のための改修を実施
       8月15日屋代島(山口県)にて終戦を迎える
      10月25日除籍。復員船として使用される
1947年 7月16日戦時賠償艦としてイギリスに引き渡し。英海軍により解体処分
「梅」(2代)「梅」=中国原産の樹木で、古来から菊・蘭・竹とともに
四君子と呼ばれ、その美しさが讃えられている
1944年 1月25日藤永田造船所にて起工
       4月24日進水
       6月28日竣工
      10月慣熟訓練後、輸送任務に従事
      11月〜新南群島(現在の南沙諸島)方面に進出
      12月 8日米艦載機の攻撃を受け艦首を損傷。香港へ回航して修理(完了は翌年1月)
1945年 1月31日輸送任務に従事中、バシー海峡にて敵機の攻撃を受け大破
航行不能となり、味方駆逐艦の砲撃により自沈処分
       3月10日除籍
「桃」(2代)「桃」=中国原産のバラ科の落葉樹。実は食用となる。
1943年11月 5日舞鶴工廠にて起工
1944年 3月25日進水
       6月10日竣工
      10月〜慣熟訓練後、護衛任務に従事
      12月15日リンガエン湾西方にて米潜水艦「ホークビル」の雷撃を受け沈没
1945年 2月10日除籍
「桑」(2代)「桑」=クワ科の落葉樹の総称。葉は蚕の飼料となり、実は食用となる。
1943年12月20日藤永田造船所にて起工
1944年 5月25日進水
       7月25日竣工
      10月慣熟訓練後、比島沖海戦に参加
      11月〜マニラに進出。オルモック湾への輸送作戦に参加
      12月 3日輸送作戦に従事中、オルモック湾にて米艦と交戦、沈没
1945年 2月10日除籍
「桐」(2代)「桐」=落葉高木で、木材は家具材などに用いられる。
1944年 2月 1日横須賀工廠にて起工
       5月27日進水
       8月14日竣工
      10月慣熟訓練後、比島沖海戦に参加
      11月11日レイテへの輸送作戦に従事中、馬公(台湾)にて座礁、損傷する
      12月12日オルモック強行輸送作戦に従事中、敵機の攻撃を受け損傷
      12月13日大破、航行不能となった「夕月」を砲撃・自沈処分する
1945年 1月〜本土へ回航後、修理を実施(完了は同年3月)
損傷修理後は内海で護衛任務に従事
       8月15日屋代島(山口県)にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。復員船として使用される
1947年 7月29日戦時賠償艦としてソ連に引き渡し
       8月ウラジオストクへ回航される
艦名を「ボズロジュジョーンヌイ」[Возрожденный]と改名
1949年 3月標的艦へ類別変更
       7月17日艦名を「TsL−25」と改名
1957年 3月工作艦へ類別変更
      10月 3日艦名を「PM−65」と改名
1969年12月20日ソビエト海軍除籍。後に解体処分
「杉」(2代)「杉」=スギ科の常緑針葉樹。木材は建材などに用いられる。
1944年 2月 1日藤永田造船所にて起工
       7月 3日進水
       8月25日竣工
      10月慣熟訓練後、比島沖海戦に参加
      11月〜各種輸送任務・護衛任務に従事
1945年 2月〜輸送船団を護衛して内地に帰還。以後内海で行動
       8月15日呉にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。復員船として使用される
1947年 7月31日戦時賠償艦として中華民国へ引き渡し。中華民国艦「恵陽」[HuiYang]と改名
1949年 5月国民党軍の本土脱出により台湾北部へ回航
回航中に台湾北部の淡水区沖で座礁事故をおこす
1951年頃除籍。後に解体処分
「槇」(2代)「槇」=杉や檜の古名であるが、マキ科の常緑樹を指す場合もある。
1944年 2月19日舞鶴工廠にて起工
       6月10日進水
       8月10日竣工
      10月慣熟訓練後、比島沖海戦に参加
      12月戦艦「榛名」、空母「隼鷹」を護衛して本土へ帰還中、触雷損傷
1945年 3月〜損傷修理後は内海で待機。米軍機と対空戦闘を行う
       8月15日呉にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。復員船として使用される
1947年 8月14日戦時賠償艦としてイギリスに引き渡し。英海軍により解体処分
「樅」(2代)「樅」=マツ科の常緑針葉樹。クリスマスツリーに使われるモミの木である。
1944年 2月 1日横須賀工廠にて起工
       6月16日進水
       9月 7日竣工(9月3日とする資料もある)
      11月〜慣熟訓練後、護衛任務に従事
      12月〜マニラへ進出。輸送任務などに従事
1945年 1月 5日マニラ湾西方で敵機の攻撃を受け沈没
       3月10日除籍
「樫」(2代)「樫」=ブナ科の常緑樹。木材は堅く家具材として使用される。
実(み)は通称ドングリと呼ばれる
1944年 5月 5日藤永田造船所にて起工
       8月13日進水
       9月30日竣工
      11月〜慣熟訓練後、護衛任務に従事
      12月フィリピン方面へ進出。サンホセ突入作戦に参加
1945年 1月〜台湾へ移動。待機となる
       1月21日米艦載機の攻撃を受け損傷を負う
       2月〜修理のため本土へ帰還。呉工廠にて修理を実施
修理完了後は、内海にて待機となる
       7月28日敵機の攻撃を受け小破(呉軍港空襲)
       8月15日損傷したまま呉にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。復員船として使用される
1947年 8月 7日戦時賠償艦としてアメリカに引き渡し。国内で売却、解体される
「榧」(2代)「榧」=イチイ科の常緑樹。木材は堅く、碁盤などの材料に使われる
1944年 4月10日舞鶴工廠にて起工
       7月30日進水
       9月30日竣工
      10月〜慣熟訓練後、台湾経由でマニラ方面に進出
      11月サンホセ突入作戦に参加。敵機の攻撃を受け損傷
1945年 1月損傷修理のため香港、台湾経由で本土へ帰還
舞鶴工廠および呉工廠にて修理を実施
       3月損傷修理後は内海で待機
       8月15日無傷のまま屋代島(山口県)にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。復員船として使用される
1947年 7月 5日戦時賠償艦としてソ連に引き渡し。艦名を「ヴォレヴォーイ」[Волевой]と改名
1949年 2月14日ソ連海軍の予備役に編入
       6月17日ソ連海軍除籍。武装撤去のうえ標的船となり艦名を「TsL−23」と改名
1958年 6月10日類別を暖房船(他艦へボイラーの熱を供給する船)に変更
艦名を「OT−61」と改称
1959年 8月 1日退役。後に解体処分
「楢」(2代)「楢」=ブナ科の落葉樹。木材は薪炭に使用され、樹皮は染料となる
1944年 6月10日藤永田造船所にて起工
      10月12日進水
      11月26日竣工
1945年 3月〜慣熟訓練後、瀬戸内海にて行動
       6月30日関門海峡西口で触雷、航行不能となる損傷を受ける
       8月15日損傷したまま門司港にて終戦を迎える
      11月30日除籍
1948年 5月解体処分となる
「櫻」(2代)「櫻」=日本の国花の桜の木である
1944年 6月 2日横須賀工廠にて起工
       9月 6日進水
      11月25日竣工
1945年 2月〜慣熟訓練後、上海方面へ進出
       4月本土へ帰還
       5月23日下関沖で触雷、小破
呉工廠にて修理を実施(完了は同年6月14日)
       6月15日〜大阪湾で掃海作業に従事
       7月11日和泉灘で触雷、沈没
       8月10日除籍
「柳」(2代)「柳」=ヤナギ科、特にヤナギ属の植物の総称
1944年 8月20日藤永田造船所にて起工
      11月25日進水
1945年 1月18日竣工
       5月〜慣熟訓練後、大湊方面で船団護衛任務に従事
       7月14日津軽海峡で敵機の攻撃を受け大破、航行不能となり、大湊湾へ曳航され待避
       8月 9日大湊湾で敵機の攻撃を受け擱座
       8月15日大湊湾で擱座したまま終戦を迎える
      11月20日除籍
1946年10月解体処分となる

年表の2ページ目を見る

検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,10(First Up 1999,05,09)