江風(2代)型 駆逐艦

"Kawakaze(2)" Class Destroyers


谷風
駆逐艦「谷風」(1920年頃)
スペックデータ
排水量:(常)1,300t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:不明
全長:97.54m
全幅:8.84m 主機:ブラウン・カーチス式オールギヤードタービン×2基、3軸推進
吃水:2.83m
出力:34,000hp
武装:
45口径12cm単装砲3基、6.5mm単装機銃2基、
53cm魚雷連装発射管3基6門
最大速力:37.5kt
航続距離:14ktで3400浬
乗員定数:128名

同型艦名(2隻)
江風(2代)"Kawakaze(2)"谷風(初代)"Tanikaze(1)"

江風(2代)型駆逐艦について
 「磯風」型に続いて建造された一等駆逐艦。国産の駆逐艦としては初めて53センチ魚雷の発射管を搭載(これまでにも53センチ発射管を搭載している艦として「浦風」型があるが、「浦風」型は英国で建造された艦のため当クラスが国産初)しており、また日本駆逐艦として初めてオール・ギヤード・タービンを搭載した艦でもある。砲門数は「磯風」型に比べて一基減っており砲火力は低下しているが、タービンにより計画速力は飛躍的に増加し、「江風」は竣工前公試での全力航走で39ノット超を発揮した。ただし技術的に未成熟だったため、就役当初はタービンの故障(タービンブレードの折損)が頻発しており、実際に最大速力を発揮できたことは少なかった。
 なお「江風」の名前は、建造途中にイタリアに売却された「浦風」型駆逐艦二番艦の「江風」から引き継いだものである。
 (2015,05,23追記)最近の研究では、当クラスに搭載されていた魚雷は53センチのものではなく、旧来の45センチ魚雷であったという考証がされている。当サイトでは、ページ作成当初時点のまま53センチ魚雷搭載としている。

江風(2代)型駆逐艦の歴史
「江風」(2代)「江風」=川を吹き渡る風や川から吹いてくる風を指す
1918年11月11日横須賀工廠にて竣工
 艦隊任務・警備任務等に従事
1934年 4月 1日除籍
「谷風」(初代)「谷風」=谷から吹き上げる風を指す
1919年 1月30日舞鶴工廠にて竣工
 艦隊任務・警備任務等に従事
1935年 4月 1日除籍。「廃駆第10号」と改名。戦後解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,23(First Up1998,09,06)