駆逐艦 神風(初代)型

"Kamikaze(1)" Class Destroyers


初春
駆逐艦「初春」(1907年:竣工前の試運転時)
三日月
三等駆逐艦「三日月」(1924年)
スペックデータ
排水量:(常)381t ボイラー:艦本式罐・石炭専焼×4基
  (「浦波」他2隻は艦本式罐・石炭重油混焼×2基)
燃料搭載量:石炭 90t
 (「浦波」他2隻は+重油 15t)
全長:69.19m
全幅:6.58m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:1.83m
出力:6,000hp
武装:
40口径7.6cm単装砲2基、28口径7.6cm単装砲4基、
45cm魚雷単装発射管2基2門
最大速力:29.0kt
航続距離:11ktで850浬
乗員定数:62〜70名

同型艦名(32隻)
神風(初代)"Kamikaze(1)"初霜(初代)"Hatusimo(1)"弥生(初代)"Yayoi(1)"
如月(初代)"Kisaragi(1)"白露(初代)"Siratuyu(1)"白雪(初代)"Sirayuki(1)"
松風(初代)"Matukaze(1)"朝風(初代)"Asakaze(1)"春風(初代)"Harukaze(1)"
時雨(初代)"Sigure(1)"朝露"Asatuyu"疾風(初代)"Hayate(1)"
追風(初代)"Oite(1)"夕凪(初代)
"Yuunagi(1)"[Yûnagi(1)]
夕暮(初代)
"Yuugure(1)"[Yûgure(1)]
夕立(初代)
"Yuudati(1)"[Yûdati(1)]
三日月(初代)"Mikazuki(1)"野分(初代)"Nowaki(1)"
潮(初代)"Usio(1)"子ノ日(初代)"Nenohi(1)"響(初代)"Hibiki(1)"
白妙"Siratae"初春(初代)"Hatuharu(1)"若葉(初代)"Wakaba(1)"
初雪(初代)"Hatuyuki(1)"卯月(初代)"Uzuki(1)"水無月(初代)"Minazuki(1)"
長月(初代)"Nagatuki(1)"菊月(初代)"Kikuzuki(1)"浦波(初代)"Uranami(1)"
磯波(初代)"Isonami(1)"綾波(初代)"Ayanami(1)" 

神風(初代)型駆逐艦について
 1904年の日露戦争開戦直後に建造が開始された純国産の駆逐艦。基本設計は同じ国産の「春雨」型とほぼ同等であり、準同型艦といっても過言ではないが当サイトではあえて別型として記載した。また資料によっては「朝風」型とされているものもある。
 日露戦争の影響もあり三十二隻という大量建艦であったが、すべて竣工は終戦後となったため戦争への参加には間に合わず、一部の艦が第一次大戦で作戦に参加したほかは、実戦参加の機会もないままその軍歴を閉じている。
 なお最後に建造された「浦波」「磯波」「綾波」の三隻は日本の駆逐艦として初めて石炭重油混焼罐を搭載している。

注意!「このページは同型艦が多いため年表を2ページに分けております。このページの一番下に
2ページ目 へのリンクを貼ってありますので「白妙」以降の艦についてはそちらをご覧ください。」
神風(初代)型駆逐艦の歴史
「神風」(初代)「神風」=神の威徳によって引き起こされる風のこと
1905年 8月16日横須賀工廠にて竣工
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第8号」と改称
      10月12日廃船
「初霜」(初代)「初霜」=その冬になって初めておりた霜のこと
1905年 8月18日(8月22日説あり)横須賀工廠にて竣工
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第9号」と改称
      10月12日廃船
「弥生」(初代)「弥生」=陰暦三月の雅称
1905年 9月23日横須賀工廠にて竣工
1924年12月 1日除籍。雑役船に類別
1926年 8月10日廃船。豊後水道にて標的艦として使用され沈没
「如月」(初代)「如月」=陰暦二月の雅称
1905年10月19日横須賀工廠にて竣工
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第10号」と改称
      10月12日廃船
「白露」(初代)「白露」=草木に降りた露が白く見えることから
生じた言葉で、露の美称として使用される
1906年 8月28日三菱長崎造船所にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1928年 4月 1日除籍。雑役船として使用
       7月 6日「廃駆逐艦第1号」と改称
       8月 1日雑役船(交通線兼曳船)に類別。「公称第725号」と改称
1930年 2月12日廃船
「白雪」(初代)「白雪」=真っ白な雪のこと。雪の美称として使用される言葉
1906年10月12日三菱長崎造船所にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1924年 4月 1日除籍
「松風」(初代)「松風」=松に吹く風。古来より詩歌に歌われる言葉である
1907年 2月16日三菱長崎造船所にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1924年 4月 1日除籍
「朝風」(初代)「朝風」=朝に吹く風。また隼の異名でもある
1906年 2月24日川崎造船所にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第15号」と改称
1929年 1月31日廃船。同年8月、実艦標的として使用され沈没
「春風」(初代)「春風」=春の暖かい風。東風(こち)と言い表す場合もある
1906年 5月14日川崎造船所にて竣工
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍。翌年廃船
       7月 6日「廃駆逐艦第14号」と改称
1929年 1月31日廃船
「時雨」(初代)「時雨」=通り雨のこと。とくに秋から冬にかけての時期に
降る通り雨を指す言葉である
1906年 7月11日川崎造船所にて竣工
1924年12月 1日除籍
1926年 5月売却。後に解体処分
「朝露」(初代)「朝露」=朝に降りる露。しばしば儚い物の例えとして使用される
1906年10月16日大阪鉄工所にて竣工
1912年11月 9日石川県七尾湾にて座礁、沈没
1914年 4月15日除籍
「疾風」(初代)「疾風」=急に激しく吹きおこる風を指す。
1906年 3月25日大阪鉄工所にて竣工
1924年12月 1日除籍
1926年 6月16日廃船
1928年 7月 6日「廃駆逐艦第5号」と改称
1930年 1月売却。後に解体処分
「追風」(初代)「追風」=順風のこと。背後から吹く追い風。
1906年 8月21日舞鶴工廠にて竣工
1924年12月 1日除籍
1925年11月18日雑役船(交通線兼曳船)に類別。「公称第620号」と改称
1930年12月 8日廃船
1931年 5月売却。高知県沖に魚礁として海没処分
「夕凪」(初代)「夕凪」=夕方、海風から陸風に変わる際に一時的に
海上が無風状態となる現象を指す
1906年12月25日舞鶴工廠にて竣工
1924年12月 1日除籍
1925年 4月 1日廃船
1926年 5月売却
「夕暮」(初代)「夕暮」=太陽が沈む直前。日が暮れる時を指す
1906年 5月26日佐世保工廠にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第7号」と改称
1929年11月12日売却
1930年 1月千葉県沖に魚礁として海没処分
「夕立」(初代)「夕立」=夏の午後、不意に襲ってくる激しいにわか雨のこと
1906年 7月16日佐世保工廠にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第6号」と改称。後に水中抵抗実験船として使用
「三日月」(初代)「三日月」=欠けた月。月齢3日頃のためこの名がある
1906年 9月12日佐世保工廠にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第2号」と改称。同月21日海没処分
「野分」(初代)「野分」=野の草を分けて吹く風。特に晩秋から
初冬にかけて吹く暴風を指す
1906年11月 1日佐世保工廠にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1924年 4月 1日除籍
「潮」(初代)「潮」=潮流を指す古語。雅語として用いられる
1905年 7月15日呉工廠にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第12号」と改称。翌年廃船
「子ノ日」(初代)「子ノ日」=立春後の最初の子の日に郊外で宴遊する
行事「子の日の遊び」の略。古来より長寿を願って行われた
1905年10月 1日呉工廠にて竣工
1914年第二水雷戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面にて行動
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第13号」と改称。翌年廃船
「響」(初代)「響」=音が広がり伝わっていく様を表す
1906年 9月 6日横須賀工廠にて竣工
1924年12月 1日掃海艇に類別変更
1928年 4月 1日除籍
       7月 6日「廃駆逐艦第11号」と改称。同年廃船

年表の2ページ目を見る

検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,16(First Up1998,07,10)