筑摩(初代)型 防護巡洋艦

"Tikuma(1)" Class ProtectedCruisers


矢矧
公試時全力航行を行う「矢矧」(1912年)
スペックデータ
排水量:(常)5,000t ボイラー:イ号艦本式罐・石炭重油混焼×16基 燃料搭載量:石炭 1000t
        重油  300t
全長:134.11m
全幅:13.62m 主機:カーチス式直結型タービン×2基、2軸推進
(「矢矧」はパーソンス式直結型タービン×2基、4軸推進)
吃水:5.11m
出力:22,500hp
武装:
45口径15.2cm単装砲8基、40口径7.6cm単装砲4基、
(後に40口径8cm単装高角砲2基を追加)、45cm魚雷発射管3門
最大速力:26.0kt
航続距離:12ktで2,650浬
乗員定数:414名

同型艦名(3隻)
筑摩(初代)"Tikuma(1)"矢矧(初代)"Yahagi(1)"平戸"Hirado"

筑摩(初代)型防護巡洋艦について
 日露戦争終戦後の日本海軍近代化により、巡洋艦の一種であった装甲巡洋艦が巡洋戦艦に類別し直され、巡洋艦という艦種は薄い装甲を施した防護巡洋艦のみを指すようになった。
 しかし防護巡洋艦も主力艦の進化に従って性能の向上を求められており、そこで計画されたのがこの「筑摩」型である。「筑摩」型は高速化していく戦艦・巡洋戦艦に対応できる高速力を得るため、日本海軍巡洋艦としては初めてタービン機関を搭載することになり、海軍は実験の意味も兼ねて「筑摩」型三隻それぞれに異なった機関を装備することにした。
 「筑摩」はカーチス式タービン機関を二基搭載の二軸推進とし、「平戸」は「筑摩」と同じ機関であるが蒸気の利用方法が異なっていた。また「矢矧」はパーソンズ式タービン機関を二基搭載した四軸推進とされた。このため各艦とも最高速力が「筑摩」は26.83ノット、「平戸」が26.87ノット、「矢矧」は27.14ノットと若干の差が生じている。また排煙処理のために国産初の四本煙突巡洋艦となっている。
 主力艦の進化や軽巡洋艦が登場したことにより、まもなく旧式化した「筑摩」型は大した改装も受けず昭和初期までに全艦とも第一線を退き、「筑摩」は実験標的艦として沈没、残りの両艦も除籍後は繋留練習船として使用されている。

筑摩(初代)型防護巡洋艦の歴史
「筑摩」(初代)「筑摩」=関東山地の中央、甲武信岳に源を発し信濃川へと
つながる筑摩(千曲とも書く)川から取った名称
1910年 5月23日佐世保工廠で起工
1911年 4月 1日進水
1912年 5月17日竣工
1914年 8月26日〜第一次世界大戦に参加。南太平洋などで作戦に従事
1917年 4月13日〜第三特務艦隊に所属し、豪州・ニュージーランド方面警備に従事
     12月第一特務艦隊に編入。インド洋方面警備に従事
1922年12月〜第一艦隊第一潜水戦隊旗艦となり中国水域の警備に従事
1926年〜横須賀海兵団の岸壁に繋留となる
1931年 4月 1日除籍。廃艦第3号と改称
1935年標的艦として使用され沈没
「矢矧」(初代)「矢矧」=木曽山脈の南に源を発し知多湾へそそぐ矢矧
(矢作とも書く)川から取った名称。流長120kmである
1910年 6月20日三菱長崎造船所で起工
1911年10月 3日進水
1912年 7月27日竣工
1914年10月 2日〜第一次世界大戦に参加。第二南遣支隊に所属し南洋諸島占領作戦に従事
1917年 4月13日〜第三特務艦隊に所属し、豪州・ニュージーランド方面警備に従事
     12月第一特務艦隊に編入。インド洋方面警備に従事
1922年12月〜第二艦隊第二潜水戦隊旗艦となり中国水域の警備に従事
1927年12月〜第一遣外艦隊に転属。中国沿岸(揚子江河口域周辺)の警備に従事
1938年頃江田島に係留され練習艦として使用されるようになる
1940年 4月 1日除籍。廃艦第12号と改称。呉海兵団の岸壁で繋留練習船となる
1943年大竹(広島県)に曳航され潜水学校の練習船となる
1947年解体処分
「平戸」「平戸」=長崎県平戸諸島の主島である平戸島から取った名称
江戸時代にオランダ商館があったことで有名
1910年 8月10日川崎神戸造船所で起工
1911年 6月29日進水
1912年 6月17日竣工
1914年10月 2日〜第一次世界大戦に参加。第二南遣支隊に所属し南洋諸島占領作戦に従事
1927年 5月〜再編された第二遣外艦隊に所属。青島周辺の警備に従事
1930年満州事変に際し、中国沿岸部での支援を実施
1932年第三艦隊に編入。上海事変で熱河作戦の支援を実施
1940年 4月 1日除籍。廃艦第11号と改称。海軍兵学校の繋留練習船となる
1943年末岩国(山口県)へ曳航され、兵学校岩国分校に繋留される
1945年浸水により着底。47年解体処分。船体は岩国港の防波堤となる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,04(First Up1998,08,08)