大井型 軽巡洋艦

"Ooi" Class LightCruisers


北上(回天母艦時)
軽巡洋艦「北上」(1945年:回天母艦として改装が完了した状態)
スペックデータ(重雷装艦へ改装(昭和16年)後)
排水量:(公)6,900t ボイラー:不明 燃料搭載量:不明
全長:152.4m
全幅:14.17m 主機:技本・川崎・ブラウン式オールギヤードタービン×4基、4軸推進
(「北上」は技本・三菱・パーソンス式オールギヤードタービン×4基、4軸推進)
吃水:4.80m
出力:90,000hp
武装:
50口径14cm単装砲4基、25mm連装機銃2基、
61cm魚雷4連装発射管10基40門
最大速力:33.6kt
航続距離:不明
乗員定数:不明
スペックデータ(「北上」:回天母艦へ改装(昭和20年)後)
排水量:(公)7,041t ボイラー:不明 燃料搭載量:不明
全長:159.8m
全幅:14.25m 主機:技本・三菱・パーソンス式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:5.60m
出力:78,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、25mm3連装機銃12基、
25mm単装機銃27基、人間魚雷「回天」8機搭載
最大速力:23.0kt
航続距離:不明
乗員定数:不明

同型艦名(2隻)
大井"Ooi"[Ôi]北上"Kitakami"

軽巡洋艦 大井型について
 日本海軍が艦隊決戦を想定して、平時から訓練を続け作戦を練ってきたのは周知の事実である。その艦隊決戦の作戦の中に、秘密兵器である酸素魚雷を使用したアウトレンジからの攻撃を行うというものがあった。酸素魚雷は最大射程四万メートルという、戦艦の主砲なみの攻撃距離を持ち破壊力も大きかった。そこで日本海軍は旧式化した5,500トン型軽巡洋艦「球磨」型のうち、「大井」と「北上」を雷撃装備をメインにした重雷装艦として改装し、艦隊決戦中での雷撃任務を与えることにしたのである。
 改装の終了した「大井」と「北上」は二隻で第九戦隊を編成し、戦艦部隊である第一艦隊に配属され、いざ艦隊決戦ともなれば二艦であわせて80発の魚雷を敵艦隊に向けて一斉発射するはずであったが、結局太平洋戦争で艦隊決戦の機会は一度もなく、この重雷装も宝の持ち腐れとなってしまったのである。
 戦局が悪化すると、この重雷装の発射管を一部撤去し、輸送任務にあたることが多くなってしまった。
 また、「北上」は1944(昭和19)年に損傷を修繕するついでに、特攻兵器「回天」の母艦として改造されている。

大井型軽巡洋艦の歴史
「大井」「大井」=静岡県中部を流れる大井川から取った名称
流長170km。昔は東海道の難所として有名であった
 起工・進水・竣工年月日は「球磨」型の項を参照してください
1930年代海軍兵学校の練習艦として訓練任務に従事
1937年 8月上海事変に際足、中国沿岸で哨戒任務に従事
       9月日中戦争などで陸軍部隊の輸送任務などに従事
      12月〜再度、兵学校の練習艦として訓練任務に従事
1941年 1月〜重雷装艦への改装工事を行う
       9月改装工事終了。第一艦隊に編入
      12月真珠湾攻撃に際し、柱島泊地から小笠原まで戦艦部隊の護衛を行う
1942年 1月〜澎湖諸島への輸送船護衛任務に従事
       5月29日〜ミッドウェイ海戦に参加
       8月高速輸送艦への改装工事を実施
       9月〜トラック島への陸戦隊輸送任務に従事
      10月〜ラバウルやブインへの輸送任務に従事
1943年 1月〜ニューギニア方面への輸送任務に従事
       3月〜輸送船護衛任務などに従事
       7月 1日南西方面艦隊に配属となる
       8月〜インド洋方面への陸軍部隊輸送に従事
1944年 7月19日シンガポールに向け輸送任務中、マニラ西方にて米潜水艦「フラッシャー」の雷撃を受け沈没
      9月10日除籍
「北上」「北上」=東北一の河川、北上川から取った名称
流長244km。石川啄木の歌に詠まれていることでも有名
 起工・進水・竣工年月日は「球磨」型の項を参照してください
1930年代日中戦争などで陸軍将兵の輸送任務などに従事
1941年 1月〜重雷装艦への改装工事を行う
       9月改装工事終了。第一艦隊に編入
      12月真珠湾攻撃に際し、柱島泊地から小笠原まで戦艦部隊の護衛を行う
1942年 1月〜台湾への陸軍部隊輸送や日本近海での訓練任務に従事
1942年 5月29日〜ミッドウェイ海戦に参加
       8月高速輸送艦への改装工事を実施
      9月〜トラック島への陸戦隊輸送任務に従事
      10月〜ラバウルやブインへの輸送任務に従事
1943年 1月〜ニューギニア方面への輸送任務に従事
       3月〜輸送船護衛任務などに従事
       7月 1日南西方面艦隊に配属となる
       8月〜ニコバル諸島、アンダマン諸島などへの輸送船護衛任務などに従事
1944年 1月27日護衛任務中、マラッカ海峡にて英潜水艦「テンプラー」の雷撃を受け大破
       2月〜シンガポールにて修理を行う
       6月〜修理を中断し、マニラへ向かうタンカーの護衛任務を実施
7月12日から修理を再開、7月末完了
       8月〜佐世保工廠にて「回天」搭載艦への改装を受ける。翌年1月に改装完了
1945年 7月24日呉にて敵機の攻撃を受け大破。航行不能のまま終戦
      11月30日除籍
1945年末〜鹿児島へ曳航され、復員船支援の繋留工作船として利用される
1946年 2月10日佐世保地方復員局所管の特別輸送艦に指定される(同年9月21日指定解除)
      10月解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,06(First Up1998,12,20)