巡洋艦 日進(初代)

Cruiser(Sloop) "Nissin(1)"


日進
巡洋艦(スループ)「日進」(1870年代末)
スペックデータ
排水量:(常)1,468t ボイラー:角罐・石炭専焼×4基 燃料搭載量:石炭 約200t
全長:61.98m
全幅: 9.70m 主機:横置式往復動蒸気機関(2気筒2段膨張式)×1基、1軸推進
吃水: 4.72m
出力: 710hp
武装:
17.8cm単装砲1基、16cm単装砲4基、4ポンド砲2基、
12cm臼砲1基
最大速力: 9.0kt
航続距離:不明
乗員定数:約250名

同型艦名(1隻)
日進(初代)"Nissin(1)"

巡洋艦 日進(初代)について
 元は佐賀の鍋島藩がオランダに発注して建造したスループ艦「日進丸」であるが、明治3年鍋島藩が引き渡しを受けた直後に廃藩が行われたため明治政府へ献納となり海軍籍へ編入された。
 三檣バーク型の木造汽船である当艦は、創生期日本海軍の中心となり明治7年の台湾征討や明治10年の西南の役などに参加している。また明治8年にロシアと調印した樺太・北千島交換条約にもとづく千島引渡しでは開拓使長官黒田清隆を乗艦させカムチャッカへ赴いている。
 明治16年に巡洋艦へ類別されているが、明治25年(1892年)に除籍となっているため日清日露の両戦役には参加していない。

巡洋艦 日進(初代)の歴史
「日進」(初代)「日進」=間断ない進歩発達を意味する漢成語
1867年12月29日鍋島藩発注によりオランダ・ドルトレクトにて起工
1869年 3月 1日竣工。長崎へ回航し鍋島藩が受領。「日進丸」と命名
      5月廃藩により明治政府へ献納される
      6月22日海軍籍へ編入。「日進艦」と改名
1874年台湾征討のため砲艦「孟春」と共に出動
1875年 8月19日〜千島受領のためカムチャッカへ赴く
1877年西南の役に参加
1882年壬午事変(朝鮮事変)発生のため朝鮮半島近海で警備行動
1883年巡洋艦に類別
1884年甲申政変(朝鮮事件)発生のため朝鮮半島近海で警備行動
1885年航海術練習艦となる
1892年 5月30日除籍。翌年8月売却処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,04,04(FirstUp 2002,05,03)