松島型 防護巡洋艦

"Matusima" Class ProtectedCruisers


松島
「松島」(1895年頃?甲板上に天幕を張っているため主砲が視認できない)
厳島
「厳島」(1895年頃:Photo from Wikimedia Commons)
スペックデータ
排水量:(常)4,278t ボイラー:円罐・石炭専焼×6基 燃料搭載量:石炭 670t
全長:89.92m
全幅:15.39m 主機:横置式往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:6.05m
出力:5,400hp
武装:
38口径32cm単装砲1基、40口径12cm単装砲12基(「厳島」「橋立」
は11基)、47mm単装砲6基(「厳島」は5基)、37mm5連装砲2基、
36cm魚雷発射管4門
最大速力:16.0kt
航続距離:不明
乗員定数:360名

同型艦名(3隻)
松島"Matusima"厳島(初代)"Itukusima(1)"橋立(初代)"Hasidate(1)"

松島型防護巡洋艦について
 明治初期の仮想敵国だった清国海軍の新鋭戦艦「鎮遠」と「定遠」に対抗できる強力な砲を装備した戦艦を欲していた日本海軍であったが、予算の都合上大口径砲を装備した重装甲の戦艦を購入できず、代わりとして快速で小口径砲を装備した巡洋艦を多数装備することにした。しかし、いかに快速で敵弾の命中を防いでもこちらの砲撃がその装甲を貫けない以上は海戦には勝てないことから、苦肉の策として「鎮遠」型の装甲を貫通できるような巨砲を一門だけ搭載した特殊艦の建造を思い立ったのである。これはフランスの造船家エミール・ベルタンの発案で、32センチ砲を一門だけ装備して30.5センチ砲を搭載した「鎮遠」型に対抗する作戦であった。
 この案に従って建造されたのが松島型の三艦である。三艦のうち「松島」と「厳島」はフランスの造船所に発注されたが「橋立」は国内の建艦技術を向上させるために国産となった。なお、「松島」だけが艦後方に向けて主砲を設置しているため、艦前方に向けた姉妹艦とはシルエットが異なっている。
 だが実際に配備となってみると32センチ砲は操作が複雑で発射速度が遅いうえに、何かと故障しやすく非常に扱いにくい砲であった。そこで全部で四隻建造する予定であったものを三隻で中止して、もっと扱いやすい巡洋艦を建造することにしたのだが、この計画変更は発案者であるベルタンを憤慨させ、雇用契約期間中にもかかわらず一方的に契約を破棄して本国へ帰ってしまうという一幕もあった。
 しかし現実にはこの計画変更は正解であり、黄海海戦では頼みの32センチ砲は故障が相次ぎ三艦全部で13発を発射しただけにすぎず、しかも1発も命中しなかった(1発だけ「鎮遠」に命中していたとの説もある)。一方副砲の12センチ砲は始終清国艦隊に有効弾を浴びせ続け、日本艦隊勝利の原動力となったのであった。そのため日本海軍は以後カタログデータ重視のフランス式設計をやめ、12センチ砲を製造したイギリスの実用的な設計方法を建艦の基本とするようになっていったのである。
 なお、松島型の三艦は日本の三大景勝地の名前を付けていたので三景艦と呼ばれてもいる。

松島型防護巡洋艦の歴史
「松島」「松島」=景勝地による名称。宮城県松島湾内に散在する260余りの島々と
湾岸一帯を含む名勝地である。日本三景のひとつ。
1888年 2月17日フランスの地中海鉄工造船所にて起工
1890年 1月22日進水
1892年 4月 5日竣工後、日本へ回航
1894年連合艦隊旗艦として日清戦争に参加
      9月17日黄海海戦に参加
1898年 3月21日二等巡洋艦に類別
1902年米国人と南鳥島の領有を巡る争いが発生し、海軍陸戦隊を南鳥島へ輸送
1904年第三艦隊第五戦隊に所属し日露戦争に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1908年 4月30日練習航海中、馬公(台湾)で火薬庫爆発のため沈没
1908年 7月31日除籍。記念碑として馬公の公園にスクリューと主砲砲身を展示(現在は残っていない)
「厳島」「厳島」=景勝地による名称。広島県広島湾に浮かぶ島で、安芸の宮島とも
呼ばれる。島には平家の氏神として祭られた厳島神社がある。日本三景のひとつ。
1888年 1月 7日フランスの地中海鉄工造船所にて起工
1889年 7月18日進水
1891年 9月 3日竣工後、日本へ回航
1894年常備艦隊に所属し日清戦争に参加
      9月17日黄海海戦に参加
1898年 3月21日二等巡洋艦に類別
1904年第三艦隊旗艦として日露戦争に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1912年 8月28日二等海防艦に類別
1919年 4月 1日潜水艦母船「厳島丸」として雑役艦に類別
1920年 7月 1日特務艇(潜水艦母艇)に類別。「厳島」に改称
      9月15日雑役船に類別され潜水艦学校の施設として係留される
1925年 4月14日廃船
1926年 3月12日除籍。昭和15年(1940年)解体
「橋立」「橋立」=景勝地による名称。京都府宮津湾にある砂嘴と白砂の砂浜に並ぶ松林が
有名な景勝地。天の橋立とも呼ばれる。日本三景のひとつ。
1888年 8月 6日横須賀海軍造船所にて起工
1891年 3月24日進水
1894年 6月26日竣工
1894年 8月〜常備艦隊に所属し日清戦争に参加
      9月17日黄海海戦に参加
1898年 3月21日二等巡洋艦に類別
1904年第三艦隊第五戦隊旗艦として日露戦争に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1912年 8月28日二等海防艦に類別
1922年 4月 1日練習船として雑役艦に類別
1925年12月25日廃船


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,04,15(First Up 1998,02,12)