巡洋艦 広丙

Cruiser "Kouhei"


広丙
呉軍港で撮影された「広丙」(1895年:Photo from Wikimedia Commons)
スペックデータ(日本海軍編入時)
排水量:(常)1,000t ボイラー:円罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:不明
全長:80.47m
全幅:8.03m 主機:直立型往復動蒸気機関×2基、2軸推進
吃水:3.51m
出力:1,200hp
武装:
40口径12cm単装砲3基、47mm単装砲4基、
15mm機銃4基、36cm魚雷発射管4門
最大速力:17.0kt
航続距離:不明
乗員定数:不明

同型艦名(1隻)
広丙"Kouhei"[Kôhei]

巡洋艦 広丙について
 元は清国海軍巡洋艦「広丙」(グアン・ビン)[Guang-Bing]で清国海軍広東水師に所属する艦であった。広東水師の所属艦はすべて「広」の字(実際には旧字体(繁体字)の『廣』)を冠し、その後に「甲・乙・丙」などの字を配していた。このため艦名に意味は無く、日本海軍の潜水艦名などのような記号表記に準じたものであるといえる。
 清国海軍は北洋、南洋、福建、広東の四つの水師(艦隊)に分かれており、日清戦争では北洋水師の艦が中心だったが、広東水師の最新鋭防護巡洋艦である当艦「広丙」も同型艦「広乙」(グアン・イー)[Guang-Yi]、防護巡洋艦兼通報艦「広甲」(グアン・チァ)[Guang-Jia]などとともに北洋水師に合流して戦闘に参加したが、「広乙」は豊島沖海戦にて大破炎上ののち擱座、「広甲」は黄海海戦において戦線離脱後に座礁放棄され、「広丙」は黄海海戦ののち旅順へ逃れ、旅順陥落後は威海衛へ落ち延びた。
 「広丙」は威海衛においてほぼ無傷なまま捕獲され、戦争終結後に戦利艦として日本海軍に編入された。日本海軍編入後は新鋭艦として活躍を期待されたが編入後一年もたたないうちに座礁沈没してしまった。

巡洋艦 広丙の歴史
「広丙」「広丙」=清国海軍広東水師の命名基準に沿った名。意味は特にない。
1880年代末清国福州船政局馬尾造船所にて起工
1891年 4月11日進水
1892年竣工。清国広東水師に所属する
1894年北洋水師とともに日清戦争に参加
      9月17日黄海海戦に参加
1895年 1月30日威海衛に待避中、日本海軍の夜襲を受ける
      2月17日日本軍へ降伏する
      3月16日戦利艦として日本海軍に編入
     12月21日台湾方面へ航海中、座礁沈没
1896年 2月18日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,04,14(First Up 1998,09,05)