春日(2代)型 装甲巡洋艦

"Kasuga(2)" Class ArmoredCruisers


春日
装甲巡洋艦「春日(2代)」(1905年:Photo from Wikimedia Commons)
日進
装甲巡洋艦「日進(2代)」(1918年:エジプト ポートサイドにて)
スペックデータ
排水量:(常)7,700t ボイラー:円罐・石炭専焼×8基 燃料搭載量:石炭 1,180t
全長:104.97m
全幅:18.71m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:7.32m
出力:13,500hp
武装:
「春日」:40口径25.4cm単装砲1基、45口径20.3cm連装砲1基、
     40口径15.2cm単装砲14基、40口径7.6cm単装砲8基、
     45cm魚雷発射管5門
「日進」:45口径20.3cm連装砲2基、40口径15.2cm単装砲14基、
     40口径7.6cm単装砲8基、45cm魚雷発射管5門
最大速力:20.0kt
航続距離:10ktで5500浬
乗員定数:562名
(「日進」は568名)

同型艦名(2隻)
春日(2代)"Kasuga(2)"日進(2代)"Nissin(2)"

春日(2代)型装甲巡洋艦について
 六六艦隊が完成した日本海軍だったが、ロシア極東艦隊の増強はそれを上回るものがあり、一隻でも余計に軍艦が欲しい状況が続いていたため、他国で建造中の軍艦を購入することで戦力の強化を図ることにした。
 ちょうどいい具合にアルゼンチンと対立状態にあったチリ海軍が発注してイギリスで建造中だった二隻の戦艦が両国の和解のために売却されることになり、日本海軍はこの二隻の購入を図ったのであるが、ロシア海軍もこの艦の購入を考えており、ロシア側の交渉が先にまとまりかけたので、日本の同盟国であるイギリスが売買に介入し「ロシアに渡るよりは」と即金で購入してしまった(1904年に英海軍戦艦「スイフトシュア」「トライアンフ」として就役)。そこで日本はアルゼンチン側が発注してイタリアで建造中だった装甲巡洋艦「リヴァダヴィア」[Rivadavia]と「モレノ」[Moreno]の購入を図り、こちらは無事に購入することができている。ちなみに購入費用は二隻で15,984,593円だった。
 竣工したときには日露がいつ開戦してもおかしくない状況であったために、回航を100万円で請け負った英アームストロング社がイタリアから日本へ回航する際には、開戦となれば即撃沈できるようにロシア海軍の艦隊がつかず離れず追尾してきた。しかし搭乗している英国人船員を護衛する名目でイギリス艦隊が陰ながら護衛していたおかげで無事日本へ着くことが出来ている。二隻が無事に日本へ着いたことに日本国中が沸き、回航したイギリス人船長は明治天皇への拝謁が許され船員達にも日本国中からお礼の手紙や品物が届けられたほどであった。
 当クラスの元となった設計はイタリア海軍戦艦「エマヌエレ・フィリベルト」型(1901年竣工〜1920年退役)の縮小版で、主・副砲は英アームストロング社のものが搭載された。ただし25.4センチ砲は「春日」のみに搭載されており、「日進」は20.3センチ連装砲塔が艦の前後に搭載されている。
 両艦とも日露戦争や第一次大戦で活躍しており、その後「日進」は昭和10年に新型戦艦に搭載するため開発中だった大型砲(後の「大和」型戦艦に搭載された46センチ砲)の砲撃試験標的として使用され沈没したが、「春日」は練習艦として太平洋戦争中も使用され終戦まで艦籍に残っていた。

春日型装甲巡洋艦の歴史
「春日」(2代)「春日」=奈良県東部の春日山から取った名称
1902年 3月10日アルゼンチン軍艦「リヴァダヴィア」としてイタリアのアンサルド社にて起工
     10月22日進水
1903年12月30日日本海軍が購入
1904年 1月 7日竣工。日本へ回航。同年2月16日横須賀へ到着
      4月 6日〜第一艦隊に所属し、日露戦争に参加
      5月14日山東角沖にて二等巡洋艦「吉野」と衝突、損傷を負う
      8月10日黄海海戦に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
      7月21日第三艦隊に所属し、樺太占領作戦に従事
1914年 8月〜第一次大戦勃発。インド洋などの警備に従事
1917年 2月〜第一特務艦隊に所属し、インド洋で護衛任務に従事
      9月14日オーストラリア西岸で座礁事故をおこす
1918年 1月11日インドネシア・バンカ海峡で座礁事故をおこす
1921年 9月 1日一等海防艦に類別
1922年 9月19日第三艦隊に所属し、シベリア出兵に参加
1925年12月 1日運用術練習艦に類別
1931年 6月 1日海防艦に類別
1934年 4月 1日練習艦に類別。航海学校へ配属
1938年 7月15日横須賀海兵団に配属
1942年 7月 1日練習特務艦に類別
      7月18日横須賀で米軍機の攻撃を受け大破、着底
1945年11月30日除籍。1947年浮揚解体
「日進」(2代)「日進」=間断ない進歩発達を意味する漢成語
1902年 3月29日アルゼンチン軍艦「モレノ」としてイタリアのアンサルド社にて起工
1903年 2月 9日進水
1903年12月30日日本海軍が購入
1904年 1月 7日竣工。日本へ回航。同年2月16日横須賀へ到着
      4月 6日〜第一艦隊に所属し、日露戦争に参加
      8月10日黄海海戦に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
      7月21日第三艦隊に所属し、樺太占領作戦に従事
1914年 8月〜第一次大戦勃発。北太平洋などの警備に従事
1917年 4月29日〜第一特務艦隊に所属し、インド洋警備に従事
1918年11月22日〜第二特務艦隊の増派として、地中海で護衛任務
1921年 9月 1日一等海防艦に類別
1922年 4月 4日〜第三艦隊に所属し、シベリア出兵に参加
1931年 6月 1日海防艦に類別
1935年 4月 1日除籍。廃艦第6号と改称
     10月 9日呉に回航され、砲弾実験の標的艦として使用され転覆沈没
     10月12日引き揚げ。後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,04,27(First Up 1998,08,27)