笠置(初代)型 防護巡洋艦

"Kasagi(1)" Class ProtectedCruisers


笠置
防護巡洋艦「笠置」(1899年)
千歳
防護巡洋艦「千歳」(撮影時期不詳:Photo from Wikimedia Commons)
スペックデータ(「笠置」)
排水量:(常)4,900t ボイラー:円罐・石炭専焼×12基 燃料搭載量:石炭 1000t
全長:114.15m
全幅:14.91m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:5.44m
出力:15,500hp
武装:
45口径20.3cm単装砲2基、40口径12cm単装砲10基、
40口径7.6cm単装砲12基、47mm単装砲6基、
36cm魚雷発射管5門
最大速力:22.5kt
航続距離:10ktで4000浬
乗員定数:405名
スペックデータ(「千歳」)
排水量:(常)4,760t ボイラー:円罐・石炭専焼×12基 燃料搭載量:石炭 1000t
全長:115.27m
全幅:14.99m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:5.37m
出力:15,500hp
武装:
45口径20.3cm単装砲2基、40口径12cm単装砲10基、
40口径7.6cm単装砲12基、47mm単装砲6基、
36cm魚雷発射管4門
最大速力:22.25kt
航続距離:10ktで4000浬
乗員定数:434名

同型艦名(2隻)
笠置(初代)"Kasagi(1)"千歳(初代)"Titose(1)"

防護巡洋艦 笠置(初代)型について
 防護巡洋艦「吉野」型に準じた設計の艦であるが、外交上の配慮から「吉野」型を建造したイギリスではなくアメリカに造船発注を行っている。しかし装備はイギリス式であったため、船体完成後の艤装は「笠置」がイギリスへ、「千歳」は日本へ回航され行われた。これは「笠置」は米東海岸、「千歳」は西海岸で建造されたためだが、「千歳」が西海岸(サンフランシスコ)で建造されたのは、当時邦人が多く居住している都市での建造を駐米領事が外務省へ要望したからと言われている。、
 「笠置」「千歳」の両艦は建造所が異なるため艦型に多少の差異があるものの、日露戦争では軽快部隊の主軸として「吉野」型とともに活躍した。なお、「笠置」は大正5年に座礁沈没している。

防護巡洋艦 笠置(初代)型の歴史
「笠置」(初代)「笠置」=京都府の笠置山地の一山である笠置山から
取った名称。標高290mの低い山である
1897年 2月13日アメリカのクランプ社フィラデルフィア造船所にて起工
1898年 1月20日進水
1898年10月24日竣工。同年11月イギリスへ回航され艤装を行う
1899年 5月16日日本へ到着
1900年 5月〜義和団事件のため太沽に派遣。邦人救出任務などを遂行(同年9月まで)
1904年第一艦隊第三戦隊に所属し、日露戦争に参加
      4月〜旅順攻略を支援
      8月10日黄海海戦に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1910年少尉候補生の遠洋航海に参加
1914年11月第一次大戦に参加。青島攻略に従事
     12月〜南支方面の警備任務に従事
1916年 7月20日津軽海峡にて座礁。8月10日船体破壊のため沈没。11月5日除籍
「千歳」(初代)「千歳」=数え尽くせぬ長い年月を表す和成語
1897年 5月 1日アメリカのユニオン社にて起工
1898年 1月22日進水
1899年 3月 1日竣工。日本へ回航され同年4月20日横須賀到着。艤装を行う
1904年第一艦隊第三戦隊旗艦として、日露戦争に参加
      8月10日黄海海戦に参加
      8月20日露巡洋艦「ノーウィック」とサハリン沖で砲撃戦(宗谷沖海戦)。これを大破着底させる
(後に「ノーウィック」は浮揚修理され通報艦「鈴谷」となる)
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1907年 2月〜米国での大観艦式(植民300年祭記念観艦式)に参加派遣
その後、同年11月まで欧州歴訪を行う
1914年11月第一次大戦に参加。青島攻略に従事
     12月〜南支方面やメキシコ沿岸などの警備任務に従事
1921年 9月 1日二等海防艦に類別
1928年 4月 1日除籍。同年7月26日廃艦第1号と改称
1931年 7月19日土佐沖で標的艦として使用され、沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,04,29(First Up1998,06,27)