出雲型 装甲巡洋艦

"Izumo" Class ArmoredCruisers


出雲
装甲巡洋艦「出雲」(1901年頃)
スペックデータ(竣工時:【 】内は最終改装後(1945年))
排水量:(常)9,773t ボイラー:ベルビール罐・石炭専焼×24基
      【ヤーロー罐・石炭重油混焼×6基】
燃料搭載量:石炭 1412t
全長:121.92m
全幅:20.91m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:7.39m
出力:14,500hp
武装:
45口径20.3cm連装砲2基【撤去し40口径12.7cm連装高角砲2基】、40口径15.2cm
単装砲14基【4基】、40口径7.6cm単装砲12基【撤去し40口径8cm単装高角砲1基】、
47mm単装砲8基【撤去し25mm機銃連装2基、単装4基】、45cm魚雷発射管4基【撤去】、
【「出雲」のみ水偵1機】
最大速力:20.75kt
     【16.0kt】
航続距離:10ktで7000浬
乗員定数:648名

同型艦名(2隻)
出雲"Izumo"磐手"Iwate"

出雲型装甲巡洋艦について
 海軍拡張計画の第二期計画としてイギリスに発注された装甲巡洋艦。第一期計画では外交上のバランスから、フランスとドイツに建造を発注したが搭載兵装はイギリス式といった変則的な建造方式であったが、今回は最初からイギリスのアームストロング社での一貫した建造方式をとったため船体と装備品のバランスが取られている。同時期に「浅間」型二隻も建造中だったため、アームストロング社のドックには日本海軍発注の巡洋艦が四隻も並ぶことになった。
 この「出雲」型は船体設計は他の装甲巡洋艦と変わりがないが機関出力が「浅間」型より低く、その代わりに装甲はクルップ鋼を使い強化されている。そのため速度は他の装甲巡洋艦より多少低いが防御力は日本海軍の装甲巡洋艦中最高を誇ることになった。
 なお、この時期に建造された日本海軍の装甲巡洋艦は近海での艦隊戦を主眼にしているため、他国の装甲巡洋艦に比べ燃料搭載量は少ないが弾薬の搭載量は遙かに多くなっている。
 「出雲」「磐手」の両艦とも、日露戦争から太平洋戦争終戦まで現役として参加しているが、さすがに老朽化した太平洋戦争末期には前線へ出なくなったため終戦まで(無事ではないものの)生き残ることができている。

出雲型装甲巡洋艦の歴史
「出雲」「出雲」=古い国名。現在の島根県東部を指す。古代史における
政治・文化の中心地で大国主命を祭った出雲大社がある
1898年 5月16日イギリスのアームストロング社にて起工
1899年 9月19日進水
1900年 9月25日竣工。日本へ回航。同年12月8日横須賀へ到着
1904年 2月 6日〜第二艦隊第二戦隊に所属し、日露戦争に参加
      8月14日蔚山沖海戦に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1913年11月20日〜メキシコ革命勃発のため邦人保護を理由に出動
1914年第一次大戦勃発。通商保護のため遣米支隊に所属し、米国西海岸の警備活動に従事
1917年 4月14日〜第一特務艦隊に所属し、インド洋警備にあたる
      8月20日〜第二特務艦隊への増派となり、地中海へ派遣
1919年 7月29日大正天皇の御親閲式(観艦式)に際し、御召艦となる
1921年 9月 1日一等海防艦に類別
1924年11月ブラジル独立100周年記念式典へ派遣
1931年 6月 1日海防艦に類別
1934年水上偵察機の搭載を実施
1935年ボイラーの換装、兵装換装工事を実施
1937年日中戦争勃発。第三艦隊旗艦として上海に派遣
1941年12月 8日太平洋戦争勃発。開戦と同時に米砲艦「ウェーキ」を拿捕、英砲艦「ペトレル」を撃沈
1942年 7月 1日一等巡洋艦に類別。この頃から瀬戸内海で訓練任務に従事
1945年対空火器の増設工事を実施
      7月24日呉で米軍機の攻撃を受け大破着底
     11月20日除籍。後に解体処分
「磐手」「磐手」=岩手県北西部にそびえる磐手山から取った名称
標高2041mのコニーデ型の火山である
1898年11月11日イギリスのアームストロング社にて起工
1900年 3月29日進水
1901年 3月18日竣工。日本へ回航。同年5月17日横須賀へ到着
1904年 2月 6日〜第二艦隊に所属し、日露戦争に参加
      8月14日蔚山沖海戦に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1914年 8月23日〜第二艦隊に所属し、第一次世界大戦に参加。青島攻略作戦に従事
     11月14日〜南遣艦隊に所属し、南洋諸島占領作戦に従事
1918年 9月16日〜第一特務艦隊に所属し、インド洋警備にあたる
1921年 9月 1日一等海防艦に類別
1924年11月ブラジル独立100周年記念式典へ派遣
1931年ボイラーの換装、兵装換装工事を実施
      6月 1日海防艦に類別
1941年12月第三遣支艦隊に所属し、太平洋戦争に参加
1942年 7月 1日一等巡洋艦に類別。この頃から瀬戸内海で訓練任務に従事
1945年 7月26日呉で米軍機の攻撃を受け沈没
     11月30日除籍。後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,04,26(First Up1998,08,01)