伊吹(2代)型 重巡洋艦

"Ibuki(2)" Class HeavyCruisers


伊吹型
重巡洋艦「伊吹」(想像図)
スペックデータ(設計値)
排水量:(公)13,890t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×8基 燃料搭載量:重油 2163t
全長:187.7m
全幅:19.21m 主機:艦本式オールギヤードタービン×4基、4軸推進
吃水:6.04m
出力:152,000hp
武装:
50口径20.3cm連装砲5基、40口径12.7cm連装高角砲4基、
25mm連装機銃4基、61cm魚雷4連装発射管4基16門、
水偵3機搭載
最大速力:35.0kt
航続距離:14ktで6300浬
乗員定数:不明

同型艦名(2隻)
伊吹(2代)"Ibuki(2)"301号艦"No.301"[Sanbyakuitigôkan]

伊吹(2代)型重巡洋艦について
 1941年(昭和16年)の戦時建造計画で建造された改「鈴谷」型(「最上」型重巡の三番艦「鈴谷」は「最上」型の欠点を改良するための改設計が加えられており、資料によっては「最上」「三隈」を「最上」型、「鈴谷」「熊野」を「鈴谷」型と分類しているものもある。この「伊吹」型はその「鈴谷」型をさらに改設計したものとなる)の重巡である。
 これまでの軍縮条約に縛られた重巡洋艦とは異なり、無条約時代に入ってから計画された日本海軍唯一の重巡であったが、一番艦である「伊吹」が進水した時にはミッドウェー海戦の敗北などで日本海軍の航空戦力が弱体化していたため、急遽「伊吹」を航空母艦として完成させるよう計画が変更された。
 重巡洋艦としての「伊吹」は20センチ砲連装5基10門、61センチ魚雷発射管4連装4基16門(その後、発射管を5連装に大型化し、航空兵装を撤去して発射管1基を増設した5連装5基25門へ強化との説がある)と強武装であり、搭載される機関も高出力な物が予定されていたため、重巡洋艦として完成していれば連合艦隊の中核として雄姿を誇ったであろうことは想像に難くない。

伊吹(2代)型重巡洋艦の歴史
「伊吹」(2代)「伊吹」=琵琶湖国定公園内にある伊吹山地の主峰伊吹山から取った。
標高1377m。関西地方でもっとも古いスキー場がある
1942年 4月24日呉工廠にて起工
1943年 5月21日進水
 以降については、航空母艦「伊吹」の項を参照
「301号艦」(仮称) 
1942年 6月1日三菱長崎にて起工
 起工直後に建造中止命令。解体される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,10(First Up 2000,03,18)
艦のイラストはF4Uさん作成のドット絵を約3倍に拡大して使用させていただきました。