装甲巡洋艦 吾妻

ArmoredCruiser "Azuma"


吾妻
装甲巡洋艦「吾妻」(1905年頃)
スペックデータ(竣工時)
排水量:(常)9,326t ボイラー:ベルビール罐・石炭専焼×24基 燃料搭載量:石炭 1275t
全長:131.55m
全幅:18.15m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:7.21m
出力:17,000hp
武装:
45口径20.3cm連装砲2基、40口径15cm単装砲12基、
40口径7.5cm単装砲12基、47mm単装砲12基、
45cm魚雷発射管5門
最大速力:20.0kt
航続距離:10ktで7000浬
乗員定数:644名

同型艦名(1隻)
吾妻"Azuma"

装甲巡洋艦 吾妻について
 「吾妻」は「八雲」と同様に第一期拡張計画で建造された装甲巡洋艦で、こちらはフランスへ発注された。これには三国干渉の三カ国(ドイツ、フランス、ロシア)のうちロシアとの対決は避けられそうにないので、あとの二カ国との対立は避けたいとの外交上配慮があったからである。
 ドイツに発注された「八雲」とフランスに発注された「吾妻」であったが、出来るだけ装備の同一化が図られ艦隊活動を容易にするよう考えられていた。とは言え艦型はフランス式の設計であり、缶室(機関部)を前後に分離したものであったので結果として全長が長くなり客船のようなシルエットを持った艦となっている。ただ当時国内にこの全長の艦を収容できるドックは浦賀にしかなくドック入りの際には必ず浦賀ドックを使用しなければならなかった。
 日露戦争後は「八雲」と同様に少尉候補生の練習艦として使用されたが、第一次世界大戦では船団護衛の任務のためスエズへ派遣されている。
 太平洋戦争のさなかに老朽化のため除籍解体されており、戦争中に戦没・損傷以外で除籍となった珍しい艦でもあった。なお、本艦の主錨が現在も京都市にある乃木神社に安置されている。

装甲巡洋艦 吾妻の歴史
「吾妻」「吾妻」=福島・山形の県境にそびえる火山群吾妻山から取った名称
最高峰は西吾妻山の2035m。磐梯朝日国立公園の一部である
1898年 2月 1日フランスのロワール社サン・ナゼール造船所にて起工
1899年 6月24日進水
1900年 7月28日竣工。日本へ回航。同年10月29日横須賀へ到着
1904年第二艦隊第二戦隊に所属し、日露戦争に参加
      8月14日蔚山沖海戦に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
1912年〜少尉候補生の練習艦として使用
1914年第一次世界大戦に参加
1918年第一特務艦隊に所属し、船団護衛任務のためスエズへ派遣
1921年一等海防艦に類別、舞鶴に係留され機関学校練習艦として使用
1931年 6月 1日海防艦に類別
1942年 7月 1日一等巡洋艦に類別
1944年 2月15日除籍。横須賀に繋留される
1945年 7月18日米艦載機による横須賀空襲の際に被弾、大破着底
1946年解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,04,26(First Up 1998,02,21)