第815号艦型 軽巡洋艦

No.815 Class (AntiAir)LightCruisers


写真なし
スペックデータ(計画値)
排水量:(基)5,800t ボイラー:不明 燃料搭載量:不明
全長:不明
全幅:不明 主機:不明
吃水:不明
出力:不明
武装:
65口径10cm連装高角砲4基、(その他の兵装は不詳)、
水偵2機搭載
最大速力:不明t
航続距離:不明
乗員定数:不明

同型艦名(4隻)
815号艦[Happyakuzyûgogôkan]〜818号艦[Happyakuzyûhatigôkan]

第815号艦型軽巡洋艦について
 昭和17年に策定された艦船補充計画(マル5計画)で建造が予定された軽巡洋艦。これまでの水雷戦隊旗艦となる軽巡ではなく、艦隊防空や主力艦直衛のための防空巡洋艦として計画されており、同様のコンセプトで計画された米海軍の防空巡洋艦「アトランタ」型に近いものである。
 マル4計画で建造された防空駆逐艦「秋月」型に搭載されている長10センチ高角砲を8門搭載すること以外の詳細は伝わっておらず、ミッドウェー海戦の敗北によりマル5計画が航空母艦戦力の増強に改定されたことによって、本クラスの建造計画も中止となってしまった。

第815号艦型軽巡洋艦の歴史
「815号艦」(仮称)〜「818号艦」(仮称)
 マル5計画で計画されるも、改定のため計画中止


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,05,10