筑波(2代)型 巡洋戦艦

"Tukuba(2)" Class BattleCruisers


筑波

生駒
(上段)一等巡洋艦「筑波」(1907年)/(下段)一等巡洋艦「生駒」(1908年)
スペックデータ(【 】内は「生駒」のもの)
排水量:(常)13,750t ボイラー:宮原罐・石炭専焼×20基
     【石炭重油混焼×20基】
燃料搭載量:石炭 2000t
 【石炭1911t、重油160t】
全長:134.1m
全幅:22.8m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:7.95m
出力:20,500hp
武装(就役時):
45口径30.5cm連装砲2基、45口径15cm単装砲12基、
40口径12cm単装砲12基、40口径7.5cm単装砲6基、
45cm魚雷発射管3門
最大速力:20.5kt
航続距離:不明
乗員定数:879名

同型艦名(2隻)
筑波(2代)"Tukuba(2)"生駒(初代)"Ikoma(1)"

筑波(2代)型巡洋戦艦について

 日露戦争で戦艦「初瀬」「八島」を失った日本海軍は主力艦の国産化を行うこととし、まず一等(装甲)巡洋艦「筑波」型を建造することとした。しかし既存の装甲巡洋艦と同じような船を建造するのではなく、いくつかの新機軸を打ち出すことにした。

 一つは戦艦と同じ30.5センチ(12インチ)連装砲を装備し、主砲以外の砲も戦艦に準ずるものを搭載して攻撃力を前ド級戦艦と同等にすること。もう一つは装甲も戦艦並とまではいかなくとも従来の装甲巡洋艦より強固な装甲を施し、それでいて速力は装甲巡洋艦と同等の20ノット超とすることだった。他に戦争中「春日」「吉野」と衝突して「吉野」が沈没した事故の教訓から、衝突の際に被害を大きくする船首の衝角(ラム)を廃止するなどの改良も加えられた。こうしたことから「筑波」型は装甲巡洋艦と言うよりは高速戦艦に分類してもおかしくない船であった。竣工時、日本海軍には巡洋戦艦の類別がなかったため一等(装甲)巡洋艦に類別されているが、1912年に巡洋戦艦へ類別変更となっている。

 しかし、大正6年(1917年)に横須賀港停泊中の「筑波」は前部火薬庫の爆発事故をおこし大破着底し、前ド級戦艦は時代遅れとなりつつあったこともあって費用がかかる浮揚修理を行われることなく除籍廃艦となっている。「生駒」は第一次大戦終戦後に砲術練習艦として使用されているが、やはり旧式な前ド級艦であったため、ワシントン海軍条約で廃棄対象となり除籍解体されてしまっている。


筑波(2代)型巡洋戦艦の歴史
「筑波」(2代)「筑波」=関東平野北東部にそびえる筑波山から取った。
標高876m。頂上は男体・女体の二峰に分かれる。
1905年 1月14日呉工廠で起工
     12月26日進水
1907年 1月14日竣工。装甲巡洋艦に類別
      2月28日〜欧米訪問航海をおこなう
1912年 8月28日巡洋戦艦に類別変更
1914年 8月29日〜第一次世界大戦勃発のため西太平洋に派遣
      9月14日〜第一南遣支隊に所属し、南洋諸島制圧に参加
1915年及び1916年観艦式において天皇御召艦となる
1917年 1月14日横須賀において火薬庫爆発により大破着底。305名殉職
      9月 1日除籍。翌年解体処分
「生駒」「生駒」=大阪府と奈良県の県境にそびえる生駒山から取った。
標高642m。日本初のケーブルカーが設置されたことでも有名。
1905年 3月15日呉工廠で起工
1906年 4月 9日進水
1908年 3月24日竣工。装甲巡洋艦に類別
1910年 3月15日〜南米欧州訪問航海をおこなう。アルゼンチンでは独立百周年式典に参加
1912年 8月28日巡洋戦艦に類別
1914年11月 1日〜第二南遣支隊に所属し、南太平洋に派遣
1919年砲術練習艦に類別変更
1923年 9月20日ワシントン条約により除籍。翌年解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,01,17(First Up 1998,07,18)