薩摩型 戦艦

"Satuma" Class Battleships


薩摩

安芸
(上段)戦艦「薩摩」(1910年)/(下段)戦艦「安芸」(1911年)

下記写真はイーグルモス社発行「隔週刊 世界の軍艦コレクション」付属の模型です(クリックで拡大(要Javascript))
薩摩
第45号(2014.10.14)
戦艦「薩摩」1910年

スペックデータ(【 】内は「安芸」のもの)
排水量:(常)19,372t
     【(常)19,800t】
ボイラー:宮原罐・石炭重油混焼×20基
                    【15基】
燃料搭載量:石炭 2860t
        重油  377t
 【石炭3000t、重油172t】
全長:137.2m【140.2m】
全幅:25.5m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
   【カーチス式直結型タービン×2基、2軸推進】
吃水:8.38m
出力:17,300hp【21,600hp】
武装(就役時):
45口径30.5cm連装砲2基、45口径25cm連装砲6基、
40口径12cm単装砲12基(安芸は45口径15cm単装砲8基)、
40口径7.5cm単装砲8基(安芸は16基)、45cm魚雷発射管5門
最大速力:18.25kt【20.0kt】
航続距離:10ktで9,100浬
乗員定数:887名【931名】

同型艦名(2隻)
薩摩"Satuma"安芸"Aki"

薩摩型戦艦について
 日露戦争開戦直後に戦艦「初瀬」「八島」を失った日本海軍は、その代わりとなる戦力を手に入れることに必死になっていた。しかしイギリスに発注している「香取」型は戦時下での日本回航が成功するかどうかが極めて難しいと考えられたため、急遽戦艦の国内建造を実行することになった。まず装甲巡洋艦(後に巡洋戦艦と類別)「筑波」型を建造し、引き続き第二段として建造されたのがこの「薩摩」型である。
 「薩摩」型はイギリスで建造中である「香取」型を上回る性能の艦として設計され、中間砲(大口径の主砲と小口径の副砲群の中間サイズだったため、こう呼ばれる)を「香取」型の三倍に増やしたため排水量は19,000トンを超え、初の国産戦艦ながら完成すれば当時世界最大の戦艦となるはずであった。しかし起工後まもなくイギリスで今までの常識を覆す戦艦「ドレッドノート」が竣工、排水量こそ「薩摩」が上回っていたものの兵装面などが一気に旧式化し、完成前から旧式艦と見なされるようになってしまった。また竣工前に戦争が終結したために建造はゆっくりと進められ、二番艦「安芸」は「ドレッドノート」の影響もあり設計が変更され、「薩摩」とは若干異なる艦型となっている。なお英国が今後建造する主力艦の機関をタービンとすることにしたことが判明したので、日本海軍もそれに追随し急遽米国からカーチス式タービンを輸入して「安芸」に搭載、「薩摩」に搭載された旧来の蒸気(レシプロ)機関と比較調査を行っている。機関の違いから「安芸」は三本煙突となり、前後対照だった「薩摩」のようなシルエットではなくなった。
 小口径・中口径の砲を多く積んだ「前ド級戦艦」と大口径主砲を重視した「ド級戦艦」の移行期を埋める希少な「準ド級戦艦」だった「薩摩」型だが、その後ワシントン条約の締結により戦艦の保有数が制限されたため廃艦が決定、実艦標的として使用され沈没した。

薩摩型戦艦の歴史
「薩摩」「薩摩」=古い国名。現在の鹿児島県西部を指す。鎌倉時代に島津氏が守護を
命じられてから島津家が歴代この地を治めた。幕末に多くの志士を輩出した。
1905年 5月15日横須賀海軍工廠で起工
1906年11月15日進水
1910年 3月25日竣工
1911年 8月主砲塔内の爆発事故により16名(他説有り)の殉職者を出す
1914年 8月10日〜第一戦隊に所属し、第一次世界大戦に参加
       9月26日〜第二南遣支隊旗艦として南洋諸島制圧作戦に参加
1915年第一戦隊に再編入
1916年佐世保工廠にて小規模な改修を実施
1923年 9月20日ワシントン海軍条約にもとづき除籍
1924年 9月 2日「日向」「金剛」の標的艦として使用され、沈没
「安芸」「安芸」=古い国名。現在の広島県西部を指す。平家全盛の頃はその勢力下にあり、
戦国時代には毛利氏、江戸時代になって浅野氏の領地となった。
1906年 3月15日呉海軍工廠で起工
1907年 4月15日進水
1911年 3月11日竣工
1914年 8月10日〜第一戦隊に所属し、第一次世界大戦に参加
1915年呉工廠にて小規模な改修を実施
1923年 9月20日ワシントン海軍条約にもとづき除籍
1924年 9月 6日「長門」「陸奥」の標的艦として使用され、沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2014,10,04(First Up 1998,07,11)