金剛(2代)型 巡洋戦艦

"Kongou(2)" Class BattleCruisers


金剛(竣工時)
巡洋戦艦「金剛」(1913年:竣工前公試時)
金剛(改装後)
戦艦「金剛」(1936年:第二次改装機関試験時)

下記写真はイーグルモス社発行「隔週刊 世界の軍艦コレクション」付属の模型です(クリックで拡大(要Javascript))
金剛
第5号(2013.04.02)
戦艦「金剛」1944年
霧島
第7号(2013.04.30)
戦艦「霧島」1942年
榛名
第9号(2013.05.28)
戦艦「榛名」1928年
比叡
第37号(2014.06.24)
戦艦「比叡」1935年

スペックデータ(竣工時)
排水量:(常)27,500t ボイラー:ヤーロー罐・石炭重油混焼×36基(金剛)
      イ号艦本式罐・石炭重油混焼×36基(比叡)
      ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×36基(榛名、霧島)
燃料搭載量:石炭 4000t
        重油 1000t
(「榛名」「霧島」は石炭4200t
        重油 1000t)
全長:(全)214.6m
全幅:28.0m 主機:パーソンス式直結型タービン×2基、4軸推進
 (「榛名」はブラウン・カーチス式直結型タービン×2基)
吃水:8.38m
出力:64,000hp
武装:
45口径36cm連装砲4基、50口径15cm単装砲16基、
40口径7.5cm単装砲12基、53cm魚雷発射管8門
最大速力:27.5kt
航続距離:14ktで8000浬
乗員定数:1,221名
スペックデータ(最終改装(昭和9年〜15年)後)
排水量:(公)36,314t(金剛)
     (公)37,000t(比叡)
     (公)36,601t(榛名)
     (公)36,668t(霧島)
ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×8基(金剛、比叡、霧島)
      ロ号艦本式罐・重油専焼×11基(榛名)
燃料搭載量:重油6480t(金剛)
        重油 6240t(比叡)
        重油 6330t(榛名)
        重油 6403t(霧島)
全長:(全)219.34m(金剛)
 (全)219.46m(比叡)
 (全)219.61m(榛名、霧島)
全幅:31.04m(金剛)
    31.97m(比叡)
    31.02m(榛名、霧島)
主機:艦本式オールギヤードタービン×4基、4軸推進
吃水:9.60m(金剛)
    9.37m(比叡)
    9.72m(榛名、霧島)
出力:136,000hp
武装:
45口径36cm連装砲4基、50口径15cm単装砲14基、
40口径12.7cm単装高角砲2基(「比叡」「榛名」「霧島」は4基)、
25mm連装機銃10基、水偵3機搭載
最大速力:30.3kt(金剛)
       29.7kt(比叡)
       30.5kt(榛名)
       29.8kt(霧島)
航続距離:18ktで9800浬
(「榛名」は10000浬)
乗員定数:1,437名(金剛、榛名)
       1,222名(比叡)
       1,440名(霧島)

同型艦名(4隻)
金剛(2代)"Kongou(2)"[Kongô(2)]比叡(2代)"Hiei(2)"
霧島"Kirisima"榛名"Haruna"

金剛(2代)型巡洋戦艦について
 主力艦の国産化には着手できたものの、設計思想は一歩出遅れてしまった日本海軍は海軍先進国であるイギリスに最新式の超ド級艦を発注、その技術を取り入れようと計画しイギリスのヴィッカース社に「金剛」を発注した。
 「金剛」は基本設計を当時イギリスでも最新鋭の戦艦「ライオン」型を元にしていたが、搭載する主砲は「ライオン」型の34センチ(13.5インチ)砲より大きい36センチ(14インチ)砲を搭載することにした。これは当時世界最大の主砲である。また主砲塔の配置も「ライオン」型が艦尾方向には二門の砲しか向けられないのに対して、「金剛」はレイアウトを考え艦首・艦尾両方向とも四門の砲を向けることができるようにしてあった。これはイギリス海軍でも効果大と判断し「ライオン」型の四番艦「タイガー」を「金剛」と同じ砲塔レイアウトに変更したほどであった。日本海軍は二番艦「比叡」以降を「金剛」を参考に日本国内で建造し造船技術の修得を図っている。
 (最近の説では、金剛型の設計は当時ヴィッカース社で詳細設計が進められていたオスマントルコ帝国の戦艦「レシャド5世」[Reshad V](第一次大戦開戦間近となった時期に英国が接収し英海軍戦艦「エリン」[Erin]となった艦。この艦は「ライオン」型ではなく「アイアン・デューク」型を元としている)に準じたものとされている)
 余談ではあるが、搭載されている副砲は四一式15センチ砲と名付けられているが、実際の口径はヴィッカース社が生産した正6インチ(15.2センチ)のものとなっている点に注意願いたい。
 同型艦四隻が揃った時点で「金剛」型は当時世界最強の巡洋戦艦部隊となり、第一次世界大戦でドイツ海軍相手に苦戦していたイギリス海軍が「金剛」型の貸与を申し出てきたほどであった(貸与は実現しなかったが)。
 軍縮条約時代(1920〜1930年代)に「比叡」は練習戦艦に改造されたりもしたが、条約期限が明けると同時に通常戦艦へ戻されている。太平洋戦争直前に「金剛」型は大改装が行われ、機関出力の大幅アップや主砲の改良・対空兵装の増強などにより巡洋戦艦から高速戦艦へと生まれ変わっている。
 また、戦争中にも「金剛」と「榛名」については、さらに対空兵装の増強が行われている(「霧島」「比叡」はその時点で既に戦没していたため増強は行われていない)。

金剛(2代)型巡洋戦艦の歴史
「金剛(2代)」「金剛」=大阪府と奈良県の県境にそびえる金剛山地の
最高峰金剛山から取った。標高1125m。
1911年 1月17日英ヴィッカース社にて起工
1912年 5月18日進水
1913年 8月16日巡洋戦艦として竣工。日本海軍乗員により回航され11月5日横須賀へ到着
1927年〜28年射撃指揮装置、操舵装置島の改修を実施
1929年防御装甲増強、ボイラー換装を実施(第一次大改装)
1931年 6月 1日巡洋戦艦から戦艦へ類別変更
1935年〜37年兵装強化、主機換装、船体延長等の改修を実施(第二次大改装)
1941年12月 8日〜連合艦隊に所属し、太平洋戦争に参加
 南方部隊として、マレー作戦を支援
1942年 2月機動部隊の護衛として、インド洋作戦に参加
       3月 7日クリスマス島を砲撃(3月末に英軍守備隊は降伏した)
       6月ミッドウェイ海戦に参加
      10月13日ガダルカナル島ヘンダーソン基地を砲撃
1943年 1月〜ガダルカナル島撤収作戦を支援。2月以降は待機状態となる
1944年 3月リンガ泊地へ進出
       6月19日〜マリアナ沖海戦に参加
      10月23日〜比島沖海戦に参加
      11月21日台湾海峡で米海軍潜水艦「シーライオン」の雷撃を受け沈没
1945年 1月20日除籍
「比叡(2代)」「比叡」=京都府と滋賀県にまたがってそびえる比叡山から取った。
標高848m。天台宗総本山の延暦寺があることで有名。
1911年11月 4日横須賀工廠にて起工
1912年11月12日進水
1914年 8月 4日竣工
1929年〜防御装甲増強、ボイラー換装等の第一次大改装に着手するが
ロンドン条約締結により工事中止
1931年〜舷側装甲・第四砲塔の撤去、機関の縮減を実施
1933年 1月 1日〜練習戦艦へ類別変更
1936年〜39年第四砲塔復活、装甲増強、機関換装等の大改装を実施。改装完了後は戦艦へ類別
1941年12月 8日〜連合艦隊に所属し、太平洋戦争に参加
 護衛部隊として、真珠湾攻撃を支援
1942年 2月インド洋作戦に参加
       3月 1日ジャワ島南方にて米駆「エドサル」を砲撃撃沈(「霧島」と共同)
       6月ミッドウェイ海戦に参加
       8月24日第二次ソロモン海戦に参加
      10月26日南太平洋海戦に参加
      11月12日第三次ソロモン海戦に参加。
米艦隊の砲撃により行動不能となったところを米軍機の攻撃を受け沈没
1942年12月20日除籍
「榛名」「榛名」=群馬県中部にそびえる火山榛名山から取った。
標高1391m。いくつかの火山が連なる複合火山である。
1912年 3月16日神戸川崎造船所にて起工
1913年12月14日進水
1914年11月機関の繋留試験運転が故障のため6日延期される
造船所の造機責任者が責を負って自刃する事件となる
1915年 4月19日巡洋戦艦として竣工
1920年 9月12日北海道西方沖にて訓練中、第一砲塔で暴発事故をおこし損傷を負う
1921年〜修理に併せて防御装甲増強を実施。完了後は訓練任務に従事
1924年〜28年ボイラー換装などを実施(第一次大改装)
1928年12月 4日昭和天皇即位記念特別観艦式に御召艦として参加
1931年 6月 1日巡洋戦艦から戦艦へ類別変更
1933年〜34年兵装強化、主機換装、船体延長等の改修を実施(第二次大改装)
1941年12月 8日〜連合艦隊に所属し、太平洋戦争に参加
 南方部隊として、マレー作戦を支援
1942年 2月機動部隊の護衛として、インド洋作戦に参加
       6月ミッドウェイ海戦に参加
      10月13日ガダルカナル島ヘンダーソン基地を砲撃
1943年 1月〜ガダルカナル島撤収作戦を支援。2月以降は待機状態となる
1944年 6月19日〜マリアナ沖海戦に参加。米艦載機の攻撃を受け小破
      10月23日〜比島沖海戦に参加
1945年 2月呉鎮守府の警備艦となる
       7月28日呉港内で米軍機の攻撃を受け大破着底
1945年11月20日除籍。翌年浮揚解体される
「霧島」「霧島」=宮崎県と鹿児島県にまたがってそびえる火山群の総称
霧島山から取った。最高峰は韓国岳の1700m。
1912年 3月17日長崎三菱造船所にて起工
1913年12月 1日進水
1915年 4月19日竣工
1930年防御装甲増強、ボイラー換装を実施(第一次大改装)
1931年 6月 1日巡洋戦艦から戦艦へ類別変更
1932年 1月上海事変発生のため中国海域へ進出
1934年〜36年兵装強化、主機換装、船体延長等の改修を実施(第二次大改装)
1941年12月 8日〜連合艦隊に所属し、太平洋戦争に参加
 護衛部隊として、真珠湾攻撃を支援
1942年 2月インド洋作戦に参加
       3月 1日ジャワ島南方にて米駆「エドサル」を砲撃撃沈(「比叡」と共同)
       6月ミッドウェイ海戦に参加
       8月24日第二次ソロモン海戦に参加
      10月26日南太平洋海戦に参加
      11月14日第三次ソロモン海戦に参加。米戦艦「ワシントン」の砲撃により沈没
1942年12月20日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2014,06,14(First Up 1998,07,24)